緑の星の緑の島
 

検索

IMAGINE

ユーザーマニュアル

◎本サイトは、ネットコモンズ2(CMS)で制作しています。本サイトの活用方法やプライベートアイランド(個人のお部屋)のデザインカスタマイズについて知りたい方は、ネットコモンズ・マニュアルのページを参照してください(管理者)。
 
COUNTER1527156
呼びかけ・状況報告
12345
2018/04/28

申し立てを却下 住民側、即時抗告へ 陸上自衛隊駐屯地

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www.nankainn.com/gvmnt-admin/

申し立てを却下 住民側、即時抗告へ 陸上自衛隊駐屯地

2018428日 南海日日新聞

 

 【鹿児島総局】防衛省が奄美大島で計画している陸上自衛隊駐屯地の配備を巡り、住民32人が建設差し止めを求めた仮処分について鹿児島地裁は27日、申し立てを却下する決定をした。上田洋幸裁判長は住民側が訴えた平和的生存権や環境権を具体的権利として認めなかった。監視施設のレーダーが発する電磁波は「具体的な危険まで認められない」と判断した。住民側は決定を不服とし、即時抗告を検討している。

 

 住民側は有事の際に標的となる危険性が高まり、平和的生存権が侵害されると訴えていた。建設地には希少な動物が生息しているとし、自然が壊されるとも主張。国側は国防上の必要性を強調し、却下を求めていた。


20:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/03/12

鹿児島・大崎事件 3度目の再審開始決定 福岡高裁支部

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://mainichi.jp/articles/20180312/k00/00e/040/212000c

鹿児島・大崎事件

3度目の再審開始決定 福岡高裁支部

毎日新聞2018312

 

 鹿児島県大崎町で1979年に男性(当時42歳)の遺体が見つかった「大崎事件」で、福岡高裁宮崎支部(根本渉裁判長)は12日、殺人罪などに問われて懲役10年が確定し服役した原口アヤ子さん(90)の再審開始を認めた鹿児島地裁決定(2017年6月)を支持し、検察側の即時抗告を棄却した。原口さんの再審開始を認める判断は02年3月の地裁決定を含めて今回で3度目。弁護団によると、同一事件で3度の再審開始判断が出るのは初めて。


23:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/02/10

袴田事件 改めて再審開始訴え 東京高裁前で姉秀子さんら

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://mainichi.jp/articles/20180209/ddl/k22/040/172000c

袴田事件

改めて再審開始訴え 東京高裁前で姉秀子さんら /静岡

毎日新聞201829日 地方版

 

 1966年に静岡市で起きた「袴田事件」の再審請求即時抗告審で、無実を訴える元プロボクサーの袴田巌元被告(81)を支援する関係者などが8日、姉秀子さん(85)の誕生日に合わせ、東京高裁などを訪れ、改めて再審開始を訴えた。


16:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/02/08

「飯塚事件」で再審認めず 福岡高裁

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26566540W8A200C1ACX000/

「飯塚事件」で再審認めず 福岡高裁

2018/2/6 10:13 日本経済新聞

 福岡県飯塚市で1992年に女児2人が殺害された「飯塚事件」の再審請求を巡る即時抗告審で、福岡高裁(岡田信裁判長)は6日、殺人罪などで死刑が確定し、2008年に執行された久間三千年・元死刑囚(当時70)の再審請求を退ける決定をした。「元死刑囚が犯人であることの高度な立証がされている」として、元死刑囚の妻の即時抗告を棄却した。妻側は特別抗告する。


22:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/02/04

袴田事件 検察・弁護側、最終的な主張を提出

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180203-00000005-ann-soci

袴田事件 検察・弁護側、最終的な主張を提出

2/3() 5:54配信 テレ朝 news

 1966年、当時の静岡県清水市で一家4人が殺害された事件で死刑が確定した袴田巌さん(81)の再審、裁判のやり直しについて、検察側・弁護側双方が2日までに最終的な主張を提出しました。東京高等裁判所は、3月末までに再審を認めるかどうか判断を示す見通しです。


21:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/01/20

弁護団と検察が最終意見書提出 「袴田事件」即時抗告審

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000014-at_s-l22

弁護団と検察が最終意見書提出 「袴田事件」即時抗告審

1/20() 8:06静岡新聞SBS

 

 袴田巌さん(81)の即時抗告審で弁護団と東京高検は19日、東京高裁に最終意見書を提出した。今後は22日に再反論の提出期限が設定されていて、高裁はこれを待って、年度内にも決定を出す。

 

 19日に会見した弁護団によると、弁護側の最終意見書は、「5点の衣類」に付着した血痕について「袴田さんのものではない」と結論した本田克也筑波大教授のDNA型鑑定を「信用できる」と改めて訴える内容。同鑑定は地裁決定の根拠になった。


16:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2017/12/09

名張毒ぶどう酒事件 再審開始認めず 名古屋高裁

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171208/k10011250841000.html

名張毒ぶどう酒事件 再審開始認めず 名古屋高裁

128 1125NHK

56年前、三重県名張市で女性5人が殺害された「名張毒ぶどう酒事件」で、2年前死亡した奥西勝元死刑囚に代わって、88歳の妹が求めていた再審=裁判のやり直しについて、名古屋高等裁判所は「捜査段階の自白は信用でき、無罪を言い渡すべき証拠はない」として、再審を認めない決定をしました。

昭和36年、三重県名張市の公民館で開かれた地区の懇親会で農薬が入ったぶどう酒が出され、女性5人が殺害された「名張毒ぶどう酒事件」では、奥西勝元死刑囚が1審で無罪となったあと死刑が確定し、再審を求め続けましたが、2年前89歳で死亡しました。


20:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2017/11/27

「袴田事件」再審求め支援集会 東京

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171126/k10011236321000.html

「袴田事件」再審求め支援集会 東京

1126 1837NHK

昭和41年に起きたいわゆる「袴田事件」で、再審・裁判のやり直しを求めている袴田巌さんを支援する集会が東京都内で開かれ、弁護団は今年度中に示される東京高等裁判所の判断について、「改めて再審が認められると確信している」と述べました。

昭和41年に今の静岡市清水区で一家4人が殺害された事件で、死刑が確定していた袴田巌さん(81)について、3年前、静岡地方裁判所は犯人のものとされる衣類の血痕のDNA型が、袴田さんと一致しなかったという鑑定結果などを基に、再審と釈放を認める決定を出しました。

 

これに対して検察が抗告し、東京高等裁判所は今年度中に、再審を認めるかどうか判断を示すものと見られます。


22:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2017/07/16

森友問題で財務省職員らを背任容疑で告発 弁護士ら

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www.asahi.com/articles/ASK7F4VZSK7FPTIL01L.html

森友問題で財務省職員らを背任容疑で告発 弁護士ら

20177131814

 森友学園への国有地売却問題で、大阪を中心に全国の弁護士や学者ら246人が13日、財務省職員ら7人を背任容疑で大阪地検特捜部に告発した。告発人の一人、阪口徳雄弁護士は「独自に調べ、より立件しやすくした。事実を解明してほしい」としている。

 

特集:森友学園問題

 大阪府豊中市議らが出した同容疑の告発は4月に受理されており、捜査中。

 告発されたのは、財務省の国有財産審理室長や近畿財務局長、土地の値引き額を積算した国土交通省大阪航空局長ら。


22:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2017/06/29

【7/4東京「今、安保法制違憲訴訟は】今、知りたい。人格権のこと」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

【安保法制違憲訴訟の会・講演】今、知りたい。人格権のこと。

講師 角田 由紀子 弁護士

日時 7月4日(火) 18:30~20:30

場所 東京ボランティア・市民活動センター

162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1 セントラルプラザ10

電話: 03-3235-1171 (代表) / ファックス: 03-3235-0050

資料代 500

共催 安保法制違憲訴訟の会・私が東京を変える

 

安保法制違憲訴訟 国家賠償請求訴訟第4回口頭弁論記述に提出された準備書面は3通ありました。

そのうちの一つは、「人格権の被侵害利益性と具体的被害」についてでした。

わたしたち原告には、侵されてはならない人格権があります。

角田由紀子弁護士に、わたしたちが、わたしたちの現在と未来のために、護りつづけなければならない人格権について語っていただきます。

なお、この講演は、安保法制違憲訴訟の原告のみなさんを対象にした講演ですが、一般のかたも、ご参加いただけます。


23:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
12345