緑の星の緑の島
 

検索

IMAGINE

ユーザーマニュアル

◎本サイトは、ネットコモンズ2(CMS)で制作しています。本サイトの活用方法やプライベートアイランド(個人のお部屋)のデザインカスタマイズについて知りたい方は、ネットコモンズ・マニュアルのページを参照してください(管理者)。
 
COUNTER1245694

原発事故・原発ゼロ社会情報

 いまなお一触即発の福島第一原発。全国50基(福島第一を入れれば54基。浜岡第1号機など廃炉決定の原発も入れればまだ多くなる)の原発はどれが事故を起こしてもおかしくない状態だ。日本、世界の原発に関する情報、福島第一原発事故に関連する情報、避難している人たちの情報、復旧・復興への動きなどの情報を紹介します。
 

原発関連情報

原発関連情報 >> 記事詳細

2017/08/11

北海道新聞社説「エネルギー計画 原発依存脱する道筋を」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/124838

社説「エネルギー計画 原発依存脱する道筋を」

08/10 05:05                   北海道新聞

 

 経済産業省は、原発を含む2030年に向けたエネルギー政策の指針となるエネルギー基本計画を見直す議論を始めた。

 

 現行計画は14年に決定された。東京電力福島第1原発事故後、初の改定作業だったにもかかわらず、原発を「重要なベースロード電源」に位置づけ、再稼働を進める方針を明記した。

 

 新たな規制基準の下、すでに5基が再稼働している。

 

 忘れてならないのは、福島の事故により、5万人以上の人が避難を続け、廃炉のめども立っていないことだ。各種世論調査では国民の多数が再稼働に反対している。

 

 こうした事情を顧みず、再稼働を推進する政府と大手電力の姿勢は納得できない。

 

 国民は、原発抜きで電力需給を工夫する経験もした。もはや原発は不可欠な電源とは言えない。

 

 新計画では、原発依存を脱する道筋を国民に示すべきだ。


14:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース

書籍・資料情報