緑の星の緑の島
 

検索

IMAGINE

ユーザーマニュアル

◎本サイトは、ネットコモンズ2(CMS)で制作しています。本サイトの活用方法やプライベートアイランド(個人のお部屋)のデザインカスタマイズについて知りたい方は、ネットコモンズ・マニュアルのページを参照してください(管理者)。
 
COUNTER1508261

メディア・政治・時事問題

 ここでは、メディアのあり方や政治への参画・民主主義の問題などについて考えます。
しゃべり場「みどりの党」        ●国会議員一覧   ・原発政策と政治家   ・脱原発首長会議・その他行政
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

時事問題

Topics/News >> 記事詳細

2018/03/10

日本政府、国連部会の「報道の自由」勧告を拒否

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3310511.html

日本政府、国連部会の「報道の自由」勧告を拒否

        38TBS

 

 日本政府が去年、国連人権理事会の作業部会から受けたメディアの独立性の確保など「報道の自由」に関する勧告を拒否していたことが分かりました。

 

 日本政府は去年11月、日本の人権状況について審査を行う国連人権理事会の作業部会から「報道の自由」や従軍慰安婦問題など217の項目について勧告を受けました。

 

 「報道の自由」に関しては特定秘密保護法への懸念や放送法の改正を通じてメディアの独立性を確保するよう求められましたが、日本政府は「報道の自由」に関する勧告を拒否しました。また、元従軍慰安婦への謝罪や補償を求める勧告なども拒否しています。

 

 その一方で、日本政府は原発事故後の福島の住民に対する支援の継続など145の勧告については受け入れました。国連人権理事会は来週、日本政府の見解も反映した報告書を採択する予定です。


15:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース

琉球新報の記事(政治)

  • FC琉球が1ー0で勝利 沼津に競り勝ち暫定2位に
  • 【高校野球沖縄大会】八重山農林11ー1(七回コールド)本部
  • 浦添市の前田であす不発弾処理 9時半から避難誘導
  • 南洋墓参、来年最後に 群島帰還者会 高齢化で継続断念
  • 捕虜収容所跡に響く三線の音色 屋嘉で追悼演奏 
  • 安倍首相「辺野古移設進める」
  • 沖縄・糸満「赤心之塔」 大田さん一家しのぶ 有志引き継ぎ慰霊祭
  • 安倍首相「基地負担の軽減に全力を尽くす」 米軍機事故への言及なし
  • 翁長知事「辺野古新基地建設はアジアの緊張緩和に逆行」 平和宣言
  • 沖縄県史戦争編、異例の増刷 注文再開10日で220冊

自由報道協会の記者会見

書籍・文献紹介