緑の星の緑の島
 

検索

IMAGINE

ユーザーマニュアル

◎本サイトは、ネットコモンズ2(CMS)で制作しています。本サイトの活用方法やプライベートアイランド(個人のお部屋)のデザインカスタマイズについて知りたい方は、ネットコモンズ・マニュアルのページを参照してください(管理者)。
 
COUNTER1508273

島と海関連

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

自然保護・環境問題

このサイトは、地球の自然を保全・保護し、よりよい地球環境を維持する情報を掲載します。また、環境問題に関する取り組みも取り上げます。基本的な考えは「地の人・地のもの・地の自然」であり、“Think globally Act locally”を活動指針とします。
 

情報のひろば

トピック・イベント >> 記事詳細

2018/06/05

ウナギかば焼き、廃棄2.7トン超 「流通実態極めて不透明」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201806/CK2018060402000252.html

ウナギかば焼き、廃棄2.7トン超 「流通実態極めて不透明」

   201864日 東京新聞夕刊

 

 絶滅の恐れがあるニホンウナギなどのかば焼きが昨年、確認できただけで二・七トンも捨てられていたなどとする大手を含む小売業者のウナギ販売実態アンケートの結果を四日、環境保護団体グリーンピース・ジャパンが発表した。

 

 土用の丑(うし)の日などに合わせて盛んに売り出す裏で、さばききれずに賞味期限切れなどで大量に廃棄している一端が明らかになった形。ニホンウナギとして売られていた製品の一部がアメリカウナギだったことも判明した。調査した小松原和恵さんは「稚魚のシラスウナギの漁獲から販売までの流通実態は極めて不透明。問題の多い販売や消費の見直しが急務だ」と指摘した。

 

 アンケートは昨年九月から今年一月まで、イオンや西友、パルシステム生活協同組合連合会など十八社を対象に実施。昨年一年間の実績について関西のイズミヤと、中国、四国が地盤のフジを除く十六社から回答を得た。


22:24 | コメント(0) | ニュース

情報・資料

 フォルダ
名前
サイズ
作成者
作成日
コメント