緑の星の緑の島
 

検索

IMAGINE

ユーザーマニュアル

◎本サイトは、ネットコモンズ2(CMS)で制作しています。本サイトの活用方法やプライベートアイランド(個人のお部屋)のデザインカスタマイズについて知りたい方は、ネットコモンズ・マニュアルのページを参照してください(管理者)。
 
COUNTER1572482

島と海関連

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

自然保護・環境問題

このサイトは、地球の自然を保全・保護し、よりよい地球環境を維持する情報を掲載します。また、環境問題に関する取り組みも取り上げます。基本的な考えは「地の人・地のもの・地の自然」であり、“Think globally Act locally”を活動指針とします。
 

情報のひろば

トピック・イベント >> 記事詳細

2018/01/21

沖縄・石垣島、石西礁湖サンゴ 白化49・9%

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www.y-mainichi.co.jp/news/32886/

石西礁湖サンゴ 白化49・9%

20180120日 八重山毎日新聞

 

環境省 昨年1112月に調査 

夏の高水温で進行

 環境省那覇自然環境事務所が昨年11月から12月まで、西表石垣国立公園の石西礁湖海域で実施したサンゴ白化状況の本年度最終調査で、平均白化率が49・9%となり、前回調査(6月)時点で生存していた健全なサンゴの割合80・3%が50・1%に減少していることが分かった。同事務所が19日、発表した。一方で、大規模白化現象が確認された2016年12月の死亡率70・1%に対して、今回は0・1%と低い数字に留まっている。

 

 調査は、昨年1128日から12月7日まで石垣島と西表島の間にある石西礁湖内35地点で、15分間遊泳して白化現象を観察するスポットチェック法で実施した。

 

 本年度は昨年6月20日から同25日に行った第1回調査に続き、今回で2回目。

 

 その結果、平均白化率が第1回の19・7%から30・2p上昇。調査地点内でサンゴが着生可能な範囲のうち、生存するサンゴ群体の割合とする平均被度は14・7%で、昨年同時期の調査と比較すると3・1pほど上昇した。


14:40 | コメント(0) | ニュース

情報・資料

 フォルダ
名前
サイズ
作成者
作成日
コメント