緑の星の緑の島
 

検索

IMAGINE

ユーザーマニュアル

◎本サイトは、ネットコモンズ2(CMS)で制作しています。本サイトの活用方法やプライベートアイランド(個人のお部屋)のデザインカスタマイズについて知りたい方は、ネットコモンズ・マニュアルのページを参照してください(管理者)。
 
COUNTER1418380

メディア・政治・時事問題

 ここでは、メディアのあり方や政治への参画・民主主義の問題などについて考えます。
しゃべり場「みどりの党」        ●国会議員一覧   ・原発政策と政治家   ・脱原発首長会議・その他行政
 

新着情報

 

時事問題

Topics/News
12345
2018/02/20new

<首相>止まらぬ朝日「口撃」 間違い、哀れ…持論展開

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000132-mai-soci

<首相>止まらぬ朝日「口撃」 間違い、哀れ…持論展開

2/20() 21:17配信 毎日新聞

 安倍晋三首相が先月末から国会の答弁で5回、学校法人「森友学園」問題に絡んで朝日新聞批判を展開した。自民党参院議員のフェイスブックにも朝日新聞を「哀れ」と書き込んだ。首相が公の場などで特定の報道機関のバッシングを続けるのは異例だ。識者は「首相は自分に都合のよい事実を切り取って自身への批判をすり替えている」と指摘する。【青島顕、川名壮志】


23:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/02/08

「沖縄2紙への批判、行き過ぎた」 産経新聞おわび

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/206813

「沖縄2紙への批判、行き過ぎた」 産経新聞おわび 米兵の救出記事を削除

201828日沖縄タイムス

 

 昨年12月に沖縄自動車道で起きた車6台の多重事故の記事について、産経新聞は8日付の1面で「おわびと削除」を掲載した。米海兵隊員が日本人を救出した事実は「確認できなかった」とし、取材が不十分だったと説明。「記事中、琉球新報、沖縄タイムスの報道姿勢に対する批判に行き過ぎた表現がありました。両社と読者の皆さまにおわびします」とし、記事を削除した。3面には一連の経過について検証記事を載せた。

 

 産経新聞は、昨年12月9日付の電子版「産経ニュース」と同12日付の紙面で、海兵隊員が横転した車の日本人運転手を救出した後、事故に遭ったと伝え、「勇敢な行動」とたたえた。さらに、沖縄2紙が海兵隊員の行動を報じていないと指摘し「報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」と批判した。


22:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/01/28

安倍首相、外国への援助「5年間で2兆8500億円」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3275206.html

安倍首相、外国への援助「5年間で2兆8500億円」

 126TBS

 

 施政方針演説に対する代表質問で安倍総理は、日本が行った外国への援助は2012年から5年間で2兆8500億円だと明らかにしました。

 

 参議院本会議の代表質問で社民党の福島副党首は、2012年の第二次政権発足以降、安倍総理が表明した外国への援助は54兆円あまりになるとして、「膨大ではないか」と迫りました。

 

 「総理が表明した額を機械的に加算した場合、円借款や一部重複部分を含め、54兆3621億円になるという回答が、昨日ありました。これでよろしいですか。54兆3621億円は、あまりに膨大ではないですか」(社民党福島みずほ副党首)

 

 「単純に金額を足し上げた、議員ご指摘の54兆3621億円は、民間資金と重複計算により額が膨大に膨らんでおり、極めて誤解を招く数字です。そこで、2012年から2016年までの5年間の外務省のODAの年平均は約5700億円でありまして、5年間の総額は、5年間の総額は、今言われたように、今言われたようにですね、これは54兆円ではなくて、2兆8500億円」(安倍首相)

 

 また、憲法改正について安倍総理は改めて「各党が憲法の具体的な案を国会に持ち寄り、憲法審査会において議論を深め、前に進めていくことを期待しています」と述べました。


21:46 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/01/26

松本内閣府副大臣が辞任 米軍機事故の国会ヤジで引責

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://www.asahi.com/articles/ASL1V627JL1VUTFK02C.html?ref=yahoo

松本内閣府副大臣が辞任 米軍機事故の国会ヤジで引責

20181262112

 松本文明・内閣府副大臣(自民党)は26日夕、安倍晋三首相と首相官邸で面会し、沖縄県で続発する米軍ヘリコプターの不時着などのトラブルをめぐって国会で「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばした責任を取り、辞表を提出、受理された。


22:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2018/01/15

安倍政権下の改憲反対54% 原発即時停止49%賛成

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
https://this.kiji.is/325180456902132833

安倍政権下の改憲反対54

原発即時停止49%賛成

  2018/1/14 17:39共同通信社

 

 共同通信社が1314両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍晋三首相の下での憲法改正に反対は54.8%で、201712月の前回調査から6.2ポイント増加した。賛成は33.0%。小泉純一郎元首相らが主張する全原発の即時停止に賛成は49.0%、反対は42.6%だった。内閣支持率は49.7%で、前回調査から2.5ポイント増加した。不支持率は36.6%。

 

 憲法9条に自衛隊を明記する首相の提案に反対は52.7%で、賛成35.3%を上回った。


22:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2017/12/15

12/28東京「中島京子さんVS 田崎《どうなるの?表現の自由と憲法》」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://bit.ly/2BqG0RN

1回・クロストーク/中島京子さん(作家)VS田崎基さん(ジャーナリスト)

《どうなるの?表現の自由と憲法》

 

芸術と憲法を考える連続講座第1回は、直木賞作家中島京子さんと神奈川新聞記者・田崎基さんによるクロストークです。

言論・表現の危機が叫ばれるようになり久しい今の日本。芸術家は、市民は、これとどう向き合えばいいのでしょう?そもそも日本国憲法はどうして作られたのか?憲法改正論議の問題はどこにあるのか?

 毎月1回、多彩なアーティストや言論人、第一線の研究者らをゲストに迎えておこなう連続講座の第1弾。皆さんご一緒に考えてみませんか?

 

クロストークをおこなう作家・中島京子さんは、代表作『小さいおうち』で直木賞受賞、本作は山田洋次監督で映画化もされました。発表する作品すべてがさまざまな賞を総なめにしている中島さんは、新聞各紙に凛とした筆致で舌鋒鋭いコラムを書かれることでも知られます。神奈川新聞記者・田崎基さんは、同紙上でつねに話題を呼ぶ連載記事「時代の正体」の主筆として活躍される、第一線の若いジャーナリストです。

 

●芸術と憲法を考える連続講座 第1回・クロストーク/中島京子さん(作家)VS 田崎基さん(ジャーナリスト)《どうなるの?表現の自由と憲法》

●日時: 20171218日(月)18:30-21:00(開場18:15)、参加費無料(申し込み不要)

●会場: 東京藝術大学上野キャンパス音楽学部5号館4階、5-401教室

参加費無料(申し込み不要)

●主催: 東京藝術大学音楽学部楽理科、共催: 自由と平和のための東京藝術大学有志の会


22:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2017/12/15

来年の改憲発議、反対7割=内閣支持42%に減少―時事世論調査

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000071-jij-pol

来年の改憲発議、反対7割=内閣支持42%に減少―時事世論調査

12/15() 15:04配信 時事通信

 

 時事通信が811日に実施した12月の世論調査によると、憲法改正の発議を来年1月召集の通常国会で行うべきかどうかについて、「反対」が684%と7割近くに上った。

 

 安倍内閣の支持率は前月比28ポイント減の426%、不支持率は同10ポイント減の361%だった。

 

 来年の改憲発議について、「賛成」は209%。これに対し、「改憲を急ぐことに反対」が513%、「そもそも改憲に反対」が171%で、反対意見の合計が賛成を大きく上回った。自民党支持者でも反対が506%と半数を超え、賛成は429%だった。


22:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2017/11/14

日本での「報道の自由」各国懸念 国連人権理事会の審査

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-613740.html

日本での「報道の自由」各国懸念 国連人権理事会の審査

20171114 22:08琉球新報

【ジュネーブ共同】国連人権理事会は14日、約5年ぶりに日本の人権状況を審査する作業部会を開いた。特定秘密保護法などで萎縮していると指摘される「報道の自由」の現状に懸念を示す意見が相次ぎ、米国やオーストリアの代表は政府が放送局に電波停止を命じる根拠となる放送法4条の改正を求めた。韓国は従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意について合意の過程を検証していると述べ、中国は元慰安婦への誠意ある謝罪と補償を求めた。ベルギー、カタール、トーゴが勧告をまとめ16日に出す。

 

 報道の自由に関してはブラジルやベラルーシも特定秘密保護法に懸念を示した。

(共同通信)


23:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2017/10/28

市民連合10.23【第48回衆議院議員選挙に関する見解】

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://shiminrengo.com/archives/1954

10.23【第48回衆議院議員選挙に関する見解】

 

 1022日に投票が行われた第48回衆議院議員選挙において、自民党・公明党の与党が3分の2の議席を確保する結果となりました。市民連合は、安倍政権がこの多数基盤の上に、憲法の基本精神を破壊する方向でその改定を具体化することを強く危惧します。

 選挙戦の中で行われたいくつかの世論調査では、内閣支持率が低下し、不支持率を下回るものもありました。その意味で、国民は安倍政権を決して信頼したり、評価したりしているわけではないことは明白です。投票率も戦後最低レベルに留まってしまいました。与党の巨大な議席は、勝者にボーナスを与える小選挙区制度がもたらした、民意からの乖離といわなければなりません。

 野党側では、民進党が分裂したことが与党の大勝を招いたことも事実です。総選挙における立憲勢力の前進のために市民と野党の協力体制の準備を進めていたことを無視し、前原誠司代表が希望の党への合流を強引に推し進め、民進党を分裂させ、野党協力の態勢を壊したことは、強く批判されるべきだと考えます。

 しかし、立憲民主党が選挙直前に発足し、野党協力の態勢を再構築し、安倍政治を憂える市民にとっての選択肢となったことで野党第一党となり、立憲主義を守る一応の拠点ができたことは一定の成果と言えるでしょう。この結果については、自党の利益を超えて大局的視野から野党協力を進めた日本共産党の努力を高く評価したいと考えます。社会民主党も野党協力の要としての役割を果たしました。

 そして何よりも、立憲野党の前進を実現するために奮闘してきた全国の市民の皆さんのエネルギーなくして、このような結果はあり得ませんでした。昨夏の参議院選挙につづいて、困難な状況のなかで立憲民主主義を守るための野党共闘の構築に粘り強く取り組んだ市民の皆さんに心からエールを送ります。

 与党大勝という結果は残念ではありますが、安倍政治に対抗すべき市民と野党の共闘のあるべき姿がこの選挙戦を通じて明確になったことには意味があると思われます。違憲の安保法制を前提とした憲法9条改悪への反対と立憲主義の回復などを共通の土台とした今回の市民と野党の共闘の成果を踏まえ、立憲野党が、無所属、その他の心ある政治家とともに、強力な対抗勢力を再構築することを心より期待し、市民連合もできるかぎりの応援をしたいと考えます。

 衆議院で与党が3分の2を確保したことにより、安倍政権・自民党は近い将来、憲法改正の発議を企てることが予想されます。もちろん、現在の国民投票法は、運動に関する規制があいまいで、資金の豊富な陣営がテレビコマーシャルなどを通して民意を動かすことができるなど大きな欠陥があり、市民連合は現行制度のままでの改憲発議に反対します。しかし、万一、与党が数を頼んで改憲発議を行った場合、市民連合は国民投票において、安倍政権の進める憲法改正に反対するための大きな運動をつくるために、立憲野党とともにさらに努力を進めていきたいと考えます。

 

20171023

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合


23:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2017/10/23

安倍首相「信頼せず」51%  出口調査で

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

https://this.kiji.is/294835761294591073

安倍首相「信頼せず」51

出口調査で

2017/10/22 23:1310/22 23:16updated

出口調査で、比例代表投票先を回答した人に安倍晋三首相を信頼しているかどうかを尋ねたところ「信頼していない」が51.0%で「信頼している」の44.1%を上回った。首相の政治姿勢などを厳しい目で見ていることが浮かび上がった。

 

 公明党に投票した人のうち58.3%は「信頼している」としたが、34.3%は「していない」と回答。自民党に投票した80.5%は「信頼している」と答えた。

 

 「信頼していない」は、希望の党へ投票した人の74.3%、共産党では86.6%、立憲民主党では84.7%、日本維新の会では51.3%を占めた。


20:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
12345

琉球新報の記事(政治)

  • 新唄大賞グランプリに照喜名竹美さん
  • 600人の伸びやかな歌声響く 全沖縄おかあさんコーラス大会
  • 陸自弾薬庫に反対意見多数 宮古島保良で防衛省が説明会
  • 沖縄そば、ヤギ風味や辛みそも 個性ある8店集合 こどもの国
  • 色とりどりの花々に魅了 名護市屋部で初のオープンガーデン
  • 山城議長の無実訴え、NYでデモ 新基地反対もアピール
  • 東大野球部が島守の塔慰霊 先輩の島田元知事しのぶ
  • 「海賊サイトを使うのはダサい」 モバプリの知っ得![43]
  • 漫画・ハマとんど~「立候補者たち」
  • 琉大など県内4国公立大で2次試験 HPで解答速報

自由報道協会の記者会見

書籍・文献紹介