静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

■(沖縄県)平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書aratanakengisyo.pdf
■【最新パンフ】「STOP!敵地攻撃 大軍拡!~2022年度防衛予算批判」発売中!
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】■先行施行まで4ヶ月 見えてきた土地規制法の狙い
2月22日(火)11時~13時 参議院議員会館B109
・政府担当者への市民と野党の共同ヒアリング
・各地・各団体からの発言と立憲野党への要請
「風雲急を告げる!馬毛島の現在(いま)!! Ⅱ」パート2
種子島の和田香穂里さんが語る!!
<バックナンバー>Part1 
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

【Youtube】12/7土地規制法ヒアリングZoom報告会動画
海渡雄一弁護士、仲松正人弁護士、福島みずほ議員、山添拓議員らが問題点を解説。
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

狙いは住民監視か 強行採決!?土地取引規制法案

 【半田滋の眼 NO.35 】20210615/デモクラシータイムス.
■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■【YouTube】37「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今 宮古島・保良ミサイル弾薬庫の開設=ミサイル戦争の始動を阻もう!」
■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

◎【Youtube】デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

YouTube『軍事化のために国に買収されていく馬毛島。160億円の馬毛島買収劇の""はいくつある?!』たねたねtoまげまげ vol.6

YouTube「たねたねtoまげまげ」チャンネル

YouTube「今、無人島・馬毛島が熱い!」4回(デモ・リサTV

《パート3

馬毛島が自衛隊最大の軍事基地に!

https://youtu.be/PXWIlRCpgcA


「今、無人島・馬毛島が熱い!」最終回

《パート4

市長が初めて自衛隊基地化反対の表明!

基地経済にたよらない、平和で安全な島に!!

https://youtu.be/I5g3SWx_8vs

《パート1
無人島に160億円もの税金が使われる!!

https://youtu.be/2-vYJ2boge0

《パート2
馬毛島自衛隊配備に市長も議会も反対!

https://youtu.be/DsTgUznQ79o

[
ツイキャス動画] 〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29 院内集会 at 衆院第一議員会館多目的ホールYouTube

宮古島パート4YouTube「軍隊は戦争の準備! "平和"""こそ宮古島の宝!!

宮古島パート3YouTube「宮古島に自衛隊が来た!脅かされる島民の命!!
宮古島パート
YouTube「宮古島にも日本軍『慰安婦』が!沖縄戦から本土復帰へ」

宮古島パート1YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3」

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER870734





 

連想検索

新着情報

 

情報コーナー(新聞等/オスプレイ監視)

米陸軍教範「マルチドメイン作戦における米軍2028」の...10/02 16:15
※小西 誠さんのfacebookより ●米陸軍教範「マルチドメイン作戦における米軍2028」の解説と要約 ――米陸軍の琉球列島へのミサイル配備計画を阻む! アメリカ陸軍司令官のスティーブン・J・タウンゼントが、上記の陸軍教範を策定...
日中国交正常化50周年記念集会 元総理ら参加09/29 15:20
日中国交正常化50周年記念集会 元総理ら参加      9/29(木) 5:12テレビ朝日系(ANN) 日中国交正常化から50年となるのにあわせ、国会内で記念集会が開かれました。村山富市元総理大臣がビデオメッセージで「正常な関係を取り...

沖縄・琉球弧の動き

馬毛島連絡会★八板市長3提案に対する住民監査請求、他10/04 10:11
※「馬毛島情報局」facebookより ************** 八板市長3提案に対する住民監査請求、他  馬毛島連絡会は、昨日10月3日、9月21日に提出し26日に門前払いを受けた23通の住民監査請求を下記の書面を追加して提出し...
馬毛島市有地売却へ 八板市長の“最善の選択”…疑問の声が10/04 10:02
馬毛島市有地売却へ 八板市長の“最善の選択”…市民・賛成派からも疑問の声が 鹿児島・西之表市[10/03 19:20 MBCニュース]   鹿児島県の西之表市・馬毛島への自衛隊基地整備と、アメリカ軍の訓練移転を巡り、先月30日の市議会...
西之表市議会、馬毛島の市道廃止及び学校跡地の売却案等が可決10/02 16:02
※和田伸さんのfacebookより ************ 自衛隊馬毛島基地と、八板俊輔西之表市長  30日市議会最終本会議において、市長提案の馬毛島の市道廃止及び学校跡地の売却案、そして種子島島内の市有地の売却案が、6対7で可決さ...
沖縄県知事「本土防衛の捨て石のような状況になってはならない」09/29 14:30
「南西諸島への部隊配置は我が国への攻撃抑止を高めるもので」浜田防衛大臣と玉城知事が面談   2022年9月28日(水) 19:28RBC 沖縄県の玉城知事は28日、浜田防衛大臣と初めて会談し県知事選挙で自身が再選したことで政府が進める...

イベント案内

10/10京都★講演「沖縄・南西諸島を戦場にさせないために」10/04 10:26
■小西誠講演会「沖縄・南西諸島を戦場にさせないために~無防備都市(地域)宣言から考える」 ・講師:小西誠氏(オンライン参加) ・日時:10月10日18:15~ ・会場:ひと・まち交流館京都 第5会議室(京都市) ・参加費:500円 ・...
10/16京都★反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 ...10/02 16:38
※「関西共同行動」facebookより ********** 第16回 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 変えよう!日本と世界 2022年 10月16日(日) 午後2時~(開場午後1時30分) 京都・円山野外音楽堂 入場無料・雨天...
10/22大阪★とめよう! 戦争への道・めざそう!アジ...10/02 16:31
※「関西共同行動」facebookより ********** とめよう! 戦争への道・めざそう!アジアの平和 2022秋 関西のつどい 2022年 10月22日(土) 13:30開場~ 13:50開会~ 15:45閉会  於:エルシア...

ニュース

沖縄・南西諸島ニュース
12345
2022/09/29new

沖縄県知事「本土防衛の捨て石のような状況になってはならない」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
  2022年9月28日(水) 19:28RBC
沖縄県の玉城知事は28日、浜田防衛大臣と初めて会談し県知事選挙で自身が再選したことで政府が進める普天間基地の辺野古への移設計画に改めて反対の民意が示されたと強調し計画の断念を求めました。

浜田靖一(はまだ やすかず)防衛大臣は麻生内閣で初めて防衛大臣に就任し、先月発足した第2次岸田改造内閣では2度目の防衛大臣を務めています。

玉城デニー 知事
「反対の民意が圧倒的多数で明確に示されております。県民の民意に沿う形での問題解決に向け、政府と県が忌憚のない意見交換が行えるような対話の場を是非設けていただきたい。沖縄が77年前に戻ってはいけないということ、つまり、本土防衛の捨て石のような状況に沖縄が置かれることは絶対になってはならない」(以下略)
************

#玉城知事真っ先に台湾有事問題に踏み込んだ #このままでは捨て石になるとも

国葬のあと政府が真っ先に行ったことは浜田防衛相の訪沖でした。日本政府の最優先課題が南西諸島の前線基地化=軍事要塞化にあることを示すものでした。

この中で注目すべきことは、玉城知事が「沖縄が77年前に戻ってはいけないということ、つまり、本土防衛の捨て石のような状況に沖縄が置かれることは絶対になってはならない」と初めて「台湾有事」に触れ、沖縄が戦場になるとの認識を示しました。これまでの中心的な課題は辺野古問題でした。しかし、明らかに玉城知事の認識はリアルな沖縄の戦場化の問題に転換したことを示すものです。

「捨て石」という言葉は沖縄にとっては最大級の意味を持ちます。それに知事が直接言及したことは沖縄にとって生死の問題をかけて対決することを日本政府に伝えたものです。

辺野古問題とは「台湾有事」のための一部分でしかありません。知事の発言は自衛隊の参戦化=沖縄の戦場化そのものと対決することを内外に示したものです。


14:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/09/08

在沖海兵隊に改編計画 2連隊 一つはグアム移転

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
    2022年9月7日 05:00沖縄タイムス
 【平安名純代・米国特約記者】米海兵隊がキャンプ・ハンセン(金武町など)の第12海兵連隊(砲兵)とキャンプ・シュワブ(名護市など)の第4海兵連隊(歩兵)を、小規模で即応力のある「海兵沿岸連隊(MLR)」に改編する計画を進めていることが6日までに分かった。 (以下略)

11:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/08/31

<琉球新報社説>南西諸島で実戦想定 戦争準備やめ平和構築を

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
     2022年8月30日 05:00琉球新報社説

 浜田靖一防衛相が、台湾有事の際に沖縄県民の島外への避難が必要になった場合、自衛隊の航空機や船舶で輸送するとし、「民間人の避難や救助をおろそかにする考えはないが、自衛隊にしかできない武力攻撃の早期排除が極めて重要だ」と語った。戦闘を優先せざるを得ないという本音も伺えるが、そもそも県民は避難や救助が必要になる事態を望まない。政府は平和構築にこそ取り組むべきだ。

 2023年度の防衛省の概算要求額は、過去最大を更新して5兆5947億円に達した。金額を示さない100項目の「事項要求」があり、1兆円もの積み増しが見込まれている。その中に、南西諸島での「実戦」を想定した「戦闘継続能力(継戦能力)の向上」、長射程ミサイル配備が含まれている。
 政府は、中国への抑止力として、現行の射程百数十キロのミサイルを改良して約900キロに伸ばした長射程の計1000発程度のミサイルが必要になると試算している。これが「敵基地攻撃能力(反撃能力)」の具体策なのだという。また、継戦能力向上のためとして、概算要求にミサイルの製造ライン強化を明記した。保管場所も必要になる。沖縄県民が隣り合わせを強いられる武器・弾薬がさらに増えることになる。
 抑止力が戦争準備と同義になっているのではないか。抑止力と引き替えに南西諸島は標的となり、戦場になる危険を背負わされるのか。
 安全保障政策の転換は安倍晋三政権が一貫して進めてきた。13年に国家安全保障会議(NSC)を創設し、初めて「安全保障戦略」を策定。14年には閣議決定で、集団的自衛権の行使容認を決定。15年に安全保障関連法を強行採決で成立させた。
 年末に「国家安全保障戦略」など防衛3文書が改定される。自民党は4月に安全保障調査会(小野寺五典委員長)でこの改定への提言をまとめた。相手国の司令部なども攻撃対象とする「反撃能力」保有、防衛費を「5年以内に大幅増」などと明記した。
 小野寺氏は「敵基地攻撃能力」の名称を「反撃能力」に変えたことに関して、敵から攻撃を受けた場合のみを想定しているのではなく、敵に意図があり、攻撃に着手したと認定すれば攻撃が可能だと説明した。これは先制攻撃なのではないか。概算要求はこの提言を先取りしている。提言通りになれば日本は「専守防衛」を捨て、財政逼迫(ひっぱく)の中にもかかわらず戦争準備と軍備拡大に突き進むことになる。
 ウクライナもそうであるように、戦争が起きてしまっては遅いということを歴史は教えている。それなのに、政府の平和のための外交努力が見えない。9月には中国との国交正常化50年の節目を迎える。本来なら信頼関係を強化する好機だ。信頼こそが抑止力である。戦争準備をやめ信頼構築にこそ努力すべきだ。

21:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/08/19

沖縄県、国交相の裁決取り消し求め訴訟提起 辺野古設計変更不承認巡り

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
       2022年8月12日 12:34琉球新報

 沖縄県の玉城デニー知事は12日午前の定例会見で、辺野古新基地建設の設計変更申請を不承認とした県の処分が取り消されたことを不服とし、斉藤鉄夫国土交通相による裁決の取り消しを求める訴訟を福岡高裁那覇支部に提起する方針を表明した。総務省の第三者機関である国地方係争処理委員会(係争委)が県の不服審査申し出を却下したことを受け、設計変更申請不承認を取り消した国交相裁決の適法性について司法の判断を仰ぐ。

 辺野古新基地建設を巡る国と県の裁判は10件目となり、設計変更不承認を巡って法廷闘争に移行するのは初めて。県は12日午後に同支部に提訴する。

 玉城知事は12日の会見で「国交相は内閣の一員として、埋め立て事業を推進する立場だ。中立的、第三者という位置にはない。(裁決は)審査庁としての地位を著しく乱用したもので、違法な関与に該当することなどを主張していきたい」と述べ、不承認処分を取り消した国交相裁決は無効だと強調した。

 また「過去2回の知事選挙や県民投票で明確に示された辺野古埋め立てに反対する民意に寄り添い、全身全霊で県民の強い思いに応えたい」と語った。

 県は国交相裁決について「無効で、違法な国の関与」として係争委に審査を申し出ていた。係争委は7月12日「国の関与に該当しない」として県の申し出を却下した。8月12日が係争委判断に対する県の提訴期限となっていた。

11:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/08/07

住民の“避難計画”作成訴え 台湾有事めぐり自民・佐藤氏

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
2022年8月7日 FNNプライムオンライン

自民党の佐藤正久外交部会長は7日朝、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演し、台湾有事の際、沖縄が巻き込まれることを前提に、住民の避難計画を作る必要性を訴えた。

自民党・佐藤正久外交部会長「まさに台湾有事の際に、日本の沖縄の先島諸島も含めて、巻き込まれるという前提に立って、見ないふりをするのではなく、しっかり現実を見て、そういう備え、住民保護も含めてしっかりやってくれ」

佐藤氏はさらに、「最悪のシナリオに基づく備えは今からやらなければ、急にはできない」と強調した。

また、中国の弾道ミサイル発射などについて、佐藤氏は「議会人の訪問に対して、軍事力によって対抗措置をする、とんでもない国だということが明らかになった」と非難した。

そのうえで、2万数千人にのぼる台湾在住の日本人の救出保護計画についても、台湾やアメリカ政府と連携して検討していく必要性を強調した。

15:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/07/03

島々の基地増強★沖縄防衛局2022(令和4)年度発注予定工事

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
***********
またしても千代田の一大事だ!
#千代田基地の中に覆道式射撃訓練場が新設される ‼️
#そして税金を湯水のように使われるこの予算!
◆沖縄防衛局2022(令和4)年度発注予定工事をチェックしていて見つけた。 
 ※宮古・石垣・与那国離島分の一部をマーカーしました。
■宮古島千代田基地に、これまで手付かずだった倉庫(2400㎡)の新設工事が12月から始まる 5億未満
■与那国に、隊庁舎、宿舎等新設工事は来年2月から 30億未満
■宮古保良にも倉庫新設工事が来年4月から 5億未満
■石垣に火薬庫は来年4月から、車両整備場は再来年から 20億未満
■宮古島空自の局舎改修工事は来年4月から 3億未満
■なんと!宮古島千代田基地の中に、訓練施設や覆道式射撃訓練場9200㎡、新設工事がこの4月からの予定だった!
遅れているようだが、あのグランド予定地にだろう! 5億未満

20:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2022/06/24

岸田首相のあいさつ中に抗議の声 慰霊の日の戦没者追悼式

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

      2022年6月24日 08:15沖縄タイムス

 23日の沖縄全戦没者追悼式では、玉城デニー知事の平和宣言に会場の外にいた市民から拍手が送られた一方、岸田文雄首相があいさつすると「辺野古の海を守れ」など抗議の声が相次いだ。3年ぶりの首相の出席で公園内の警備態勢が厳重になり、お年寄りや足に障がいがある人が移動に苦労する場面もあった。

 式典会場は二重の規制線が張られ、市民は十数メートル離れた場所から知事や出席者のあいさつに耳を傾けた。

 首相がマイクに向かうと、市民から「帰れ」と短いやじが響いた。「沖縄が経験した戦争を心に刻み、発展に全力を尽くす」と話す間も「基地が県民生活を脅かしている」「銭で(県民を)釣るな」などの声が次々と上がった。

 プラカードを掲げながら声を上げる市民の前で県職員が「静粛に」と書かれたボードで注意を促し、警察官数人が前に立ちはだかるなど一時騒然とする場面もあった。(以下略)

11:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/06/23

4年前に把握も公表せず 普天間基地で576倍のPFAS検出

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
        沖縄テレビ2022年6月15日 水曜 午後7:20

アメリカ軍の2016年の調査で普天間基地の消火訓練場の周辺の水から安全とされる国の指針値の576倍もの汚染物質・PFASが検出されていたことがわかっています。

この調査結果は4年前の報道により明るみに出ましたが先月30日の国会で防衛省は未だ「アメリカ側に問い合わせている」としていました。

そして、14日になって、岸防衛大臣は4年前には調査結果を確認していたことを明らかにしました。

▽岸防衛相
「2018年に報道があった際に、米国の情報公開制度に基づいて開示された文書が、米側のホームページ上に公開されていることを確認いたしております。」

日本政府は4年前に基地内で深刻な汚染が起きている事を示す数値を把握していながら公表していなかったことが浮き彫りとなりました。

公表してこなかった理由について防衛省は「アメリカ側から正式に調査結果を受け取っているわけではない」としています。

この結果を受け、沖縄県は普天間基地への立ち入り調査を求めていますが3年が経つ今も実現していません。

15:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/06/21

<琉球新報社説>国民保護計画の試算 現実離れした想定だ

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
      2022年6月21日 05:00琉球新報

 島しょ県である沖縄では、有事の際の島外避難に大量の航空機や船舶が必要で、全住民の避難が、ほぼ困難であることが明らかになった。

 「軍隊は住民を守らない」という沖縄戦の教訓から県民は人間の安全保障を要求してきた。ロシアによるウクライナ侵攻を機に「力の論理」に頼り対中強硬論を振りかざすのでは問題は解決しないだろう。有事を回避する最大の国民保護策は「命どぅ宝」の思想の実践と国際協調である。
 安倍晋三元首相は昨年、「台湾有事は日本有事」と述べた。今年5月には岸田文雄首相が台湾を念頭に「ウクライナは明日の東アジアかもしれない」と発言した。台湾や尖閣諸島で不測の事態が発生した場合、沖縄が戦場になる可能性が高まる。
 2004年に施行された国民保護法は、外国から武力攻撃などを受けた際、国民の生命、財産を守るための国や自治体の権限や手続きを定めている。この法律に基づく避難計画のひな型となる「避難実施要領のパターン」を県内41市町村のうち宮古島、石垣など7市町が策定している。
 石垣市の場合、石垣空港の1日の運航可能便数を45機とし、民間機1機に150人が搭乗すると仮定。石垣市民・竹富町民・観光客合計で6万5300人の避難が必要になる。この想定に沿って計算すると、延べ機体数は435機となる。
 宮古島市の場合は、石垣と同様に1機に150人が搭乗すると仮定すると住民が363機分、観光客が18機分、500人を運べるフェリーの場合は住民が109隻分、観光客が5隻分を必要とする。
 果たして、これほどの航空機や船舶を一度に確保できるだろうか。現実離れした想定である。
 77年前の沖縄戦の直前に、県外疎開が実施された。しかし制海権と制空権を失った中で県関係者を乗せた船舶26隻が米軍に撃沈され、4579人が犠牲になった。
 離島周辺で戦闘が始まった場合、避難用の航空機や船舶の安全確保は難しいだろう。元自衛艦隊幹部は、有事の際に敵国による南西諸島に対する海上封鎖を予想する。海上を封鎖されると船舶による避難は困難だ。
 中京大学の佐道明広教授(防衛政策史)は「現実には、自衛隊がある程度取り残された人々を守りながら戦闘するという展開が想定される」と指摘する。
 しかし、島に配備された自衛隊が中短距離弾道ミサイルや巡航ミサイルの攻撃に耐え、かつ住民の安全を確保することは可能だろうか。自衛隊制服組幹部は「自衛隊に住民を避難させる余力はないだろう。自治体にやってもらうしかない」と発言している。
 沖縄戦で4人に1人が犠牲になった沖縄戦から77年。米軍との軍事一体化を強化する政府の姿勢と沖縄戦の教訓は相容れない。


14:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/06/10

尖閣問題「冷静に考えて」 中国精通の泉川さん 石垣で講演 

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
     2022年6月5日 05:00沖縄タイムス
 【石垣】日中関係に詳しい県出身の泉川友樹さん(43)=東京=を招いた講演会「中国は尖閣・沖縄を侵略するか!?」が5月27日、石垣市民会館で開かれた。 (以下略) 

21:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
12345