静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

沖縄県へ防衛省「変更承認申請」不承認の意見書を送ろう
③設計変更意見書-書式202008.doc


★沖縄★「南西諸島ミサイル基地化の危機」写真・資料展

開催場所:不屈館 那覇市若狭2-21-5

開催日時:202092日(土)~1031日(土)の約2ヶ月間








 

学習用資料

YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER151432

新着情報

 

情報コーナー(新聞等/オスプレイ監視)

8月から9月、東シナ海と南シナ海で連続した 日米豪の...09/23 09:59
木元茂夫さんのfacebook(9/22)に「8月から9月、東シナ海と南シナ海で連続した 日米豪の軍事行動」の記事がありました。参考になるので転載させていただきます。 *********************************...

ニュース

沖縄・南西諸島ニュース
12345
2020/09/03

尖閣諸島の体制強化、提言まとめる考え 自民議連が議論

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

尖閣諸島の体制強化、提言まとめる考え 自民議連が議論

202093 13:27琉球新報


 【東京】自民党の国防議員連盟(会長・衛藤征士郎元防衛庁長官)は2日に勉強会を開き、尖閣諸島の有効支配について議論した。石垣市議の砥板芳行氏らが出席し、6月の市議会で尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更した経緯を報告。固定資産税を評価するための尖閣での実施調査や、東京都にある「領土・主権展示館」の分館を石垣市に整備することなどに関して検討を求めた。

 

 国防議連は尖閣諸島に関する勉強会を重ねており、海保や警察、自衛隊の体制強化などについて政府の2021年度予算編成に間に合わせる形で提言をまとめる考え。(以下略)


21:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/08/26

沖縄防衛局の工事発注 県外企業45% 232億円

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

沖縄防衛局の工事発注 県外企業45% 232億円 19年度 基地建設で利益流出

2020825日琉球新報

 

沖縄防衛局は2019年度に発注した公共事業当初契約額約521億円のうち、全体の約45%を占める約232億円を県外企業に発注した。防衛局が24日、本紙に回答した。基地建設で県外に利益が流れる構図が改めて浮き彫りとなった。 

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた海底調査が始まり、移設作業が本格化した14年度から19年度までの当初契約額合計は約3528億円に上る。うち50%に当たる約1756億円が県外発注だ。

14年度は当初契約額の合計が約805億円で、そのうち県外発注は約565億円に上り、全体の7割をしめて突出していた。護岸や岸壁の契約が重なったことが影響したとみられる。15年度以降も半分程度は県外発注だ。(以下略)


22:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/08/24

南西諸島防衛、空港足りぬ…9割が戦闘機「×」 下地島は県が認めず

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

南西諸島防衛、空港足りぬ…9割が戦闘機「×」 下地島は県が認めず

2020.8.22 産経新聞

 1200キロにわたり島々が連なる南西諸島で、自衛隊の航空機や艦艇が使用できる空港・港湾が少ないとの懸念が自民党内で出ている。戦闘機が支障なく離着陸できる長さの滑走路は沖縄本島にしかなく、中国の圧力を受ける尖閣諸島(沖縄県石垣市)からは420キロ離れている。沖縄県が認めていない下地島空港(宮古島市)の自衛隊利用の解禁を求める声がある。

 


使用可能、沖縄本島のみ

 

 防衛省や自民党国防議員連盟によれば南西諸島の20空港のうち、18空港は2000メートル以下の滑走路のため、戦闘機、哨戒機、早期警戒機が離着陸できない。

 

 下地島空港(宮古島市)は3000メートルで性能上は可能だが、昭和46年の琉球政府(当時)と日本政府の確認書に基づき自衛隊の使用が認められていない。使えるのは那覇空港(那覇市)のみだ。機体不良時などの緊急着陸が可能な米軍嘉手納基地(嘉手納町など)を加えても、沖縄本島に限られる。

 

 尖閣防衛を議題にした5日の国防議連の会合では、事務局長の佐藤正久前外務副大臣ら複数の議員が「下地島空港を使えるようにすべきだ」と訴えた。同日、会長の衛藤征士郎元防衛庁長官は河野太郎防衛相に電話し、こうした主張を伝えた。

 

 尖閣諸島までの距離は、沖縄本島から420キロなのに対し、中国の水門空軍基地からは380キロで、中国のほうが有利といえる。下地島からは200キロで、尖閣周辺に接近した中国機に対する自衛隊機の緊急発進(スクランブル)でも速やかに現場に到達できる。

 

 ただ、沖縄県が使用を認めるめどはたたず、防衛省幹部は議連会合で「尖閣諸島までの距離を考えると重要」と述べるにとどめた。

 

護衛艦などが停泊できる港湾も…

 

 南西諸島は大型護衛艦や輸送艦が停泊できる水深6~7メートル以上の港湾も少ない。沖縄本島以西に約20の有人島が連なる先島(さきしま)諸島では宮古島・平良(ひらら)港と石垣島・石垣港のみ。輸送艦が入れなければ有事の際、海上ルートで速やかに住民を避難させることができない。

 

 中国は尖閣諸島の実効支配を狙う動きを見せるとともに、太平洋進出の出口にあたる先島諸島で活動を活発化させている。対する日本側の態勢にはすきが多い。(田中一世)


16:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/07/26

【報告】7/23東京★沖縄・高江の弾圧から4年 機動隊の沖縄派遣は違法

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

Okinawa Peace Appealさんのfacebookから転載させていただきました。

***********

【ご報告】沖縄・高江の弾圧から4年 機動隊の沖縄への派遣は違法 7.23新宿アクション

呼びかけ警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟 原告団

https://juminkansaseikyu.wordpress.com/

◆主旨

1)2016年7月22日、沖縄・高江で米軍ヘリパッド基地建設に反対する市民を、全国6都府県から派遣された機動隊員が、法律を犯して不当に排除しました。あれから4年。この日を忘れず、もう二度と機動隊を沖縄に派遣させないために、スタンディングを行いました。7月1日から高江で工事が再開されたことにも抗議しました。

2)「警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法住民訴訟」は、1審で警察の違法行為を一部、認めさせました。ところが、裁判長は現地で違法行為があっても派遣元に責任はないとし、「違法なのに適法」というおかしな判決を下しました。2審はこれを覆す重要な裁判です。特に警視庁の担当者の証人尋問がポイントになります。この裁判の重要性と、高江で起きたことは他人事ではないことを訴えました。

◆報告

述べ37人以上の参加者を得て、配布物は2時間で約200部配布しました。新宿での受け取りとしては、よいほうだという感想を、複数の方からいただきました。首都圏で高江をメインに広く連携して行動できたことは大きな収穫でした。

行動風景(金蜜さんの写真↓)

http://mkimpo.blog.shinobi.jp/Entry/3983/

また722日には、呼びかけに応えて神奈川、愛知、福岡で、同じ主旨のスタンディングが開催され、ツイッターを通して行動風景の交換もあり、広がりを持った運動にすることができました(コメント欄参照)

さらにツイッターデモでは、過去の映像や記事、今の高江の様子を発信してくださる方がいて、ハッシュタグを検索するとミニアーカイブのようです。バナーを作ってくださった方もいました(コメント欄参照)

沖縄・高江の「『ヘリパッドいらない』住民の会」のみなさまにも協力していただくことができ、とても励まされました

https://takae.ti-da.net/e11618836.html

この行動で何かが大きく変わるわけではありませんが、自分を含め、参加した人や耳を傾けてくれた人それぞれが、どこかでじわりと変化したり、化学反応を起こしたりするかもしれません。そんなことを淡く期待しながら、地道にできることをやっていきます

拡散を含め、協力してくださったみなさまに感謝いたします。引き続き、ご支援・ご注目のほどを、よろしくお願いいたします!

#機動隊の沖縄への派遣は違法 #東京

#高江の工事再開を許さない

今後の予定

・8月1日18時半〜勉強会(ウェブ中継あり)←チラシ添付

・9月25日15時〜 控訴審第1回

リーフレットはこちらからダウンロードできます

https://juminkansaseikyu.files.wordpress.com/2020/03/e4bd8fe6b091e8a8b4e8a89fe383aae383bce38395e383ace38383e38388.pdf


14:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/07/25

【宮城】毎月25日、気仙沼バイパスの交差点で沖縄連帯のスタンディング

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

Akira Onoderaさんのfacebookを転載させていただきました。

毎月25日、気仙沼バイパスの交差点で沖縄連帯のスタンディング


毎月25日は気仙沼バイパスの交差点で沖縄連帯のスタンディングをしています。雨が降ろうがカンカン照りだろうが座り込みを続けている沖縄の皆さんを思いながら、降りしきる雨の中8人の仲間でスタンディングをしました。沖縄の米軍兵士に蔓延するコロナ感染情報も日米地位協定を盾に県民の要求にも拘らず隠そうとする米当局、日本の検疫も受けずに軍用機で米軍基地に降り立ち、2週間の待機期間を基地内ではなく基地外のホテルで過ごさせる(沖縄県民との接触、もし米兵が感染してたら基地内ではなく先に沖縄県民に移す)等、理不尽極まりない振る舞い等に腹が立って腹が立ってしょうがない思いをマイクで市民に訴えました。


16:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/07/25

27年までに「新ミサイル部隊」 対中国、沖縄に展開―米海兵隊

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

27年までに「新ミサイル部隊」 対中国、沖縄に展開―米海兵隊トップ会見

20200725日時事通信

 

 【ワシントン時事】米海兵隊トップのバーガー総司令官は23日、時事通信との電話会見で、2027年までに対艦ミサイルなどを装備した「海兵沿岸連隊(MLR)」を3隊創設し、沖縄とグアム、ハワイに配置する考えを明らかにした。総司令官は3月、海兵隊が今後10年間で目指す方針を示した「戦力デザイン2030」で、戦力構成を抜本的に見直し、対中国にシフトする姿勢を鮮明にしている。

 

戦車全廃、内陸から沿岸部隊へ 中国にらみ変貌―米海兵隊


 海兵隊の構想によると、沖縄を拠点とする第3海兵遠征軍傘下の海兵連隊を軸に再編成を行い、MLR3隊を創設する。バーガー総司令官は、既にハワイでは1隊目の編成が始まっており、沖縄とグアムに設置予定の残る2隊についても「27年までに完全な運用体制が整う見通しだ」と明言した。

 MLRの設置時期が明らかになったのは初めて。既存の海兵連隊を再編するため、沖縄に駐留する総兵数が増えることはないという。

 MLRは1800~2000人規模とみられ、長距離対艦ミサイルや対空ミサイルを装備する。有事の際には島しょ部に分散展開し、陸上から中国軍艦艇を攻撃して中国軍の活動を阻害。米海軍による制海権確保を支援するのが主な任務となる。

 バーガー総司令官は、自衛隊が水陸両用車や輸送機オスプレイ、最新鋭ステルス戦闘機F35など相互運用性のある装備を保有していると指摘。「(海兵隊と)完全に補完し合う関係だ」と強調し、南西諸島での自衛隊との合同演習にも意欲を見せた。(以下略)


15:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/07/23

尖閣接続水域、中国公船の進入が100日連続 日本政府が抗議

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

尖閣接続水域、中国公船の進入が100日連続 日本政府が抗議

2020722日琉球新報

 沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域で22日、中国海警局の公船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認し、日本の領海に近づかないよう警告を行った。島の沿岸から約44キロまでの接続水域内で中国公船が確認されたのは、4月14日以降100日連続。2012年9月の尖閣諸島の国有化以来最長を更新し続けている。菅義偉官房長官は22日の記者会見で「極めて深刻に考えている。中国側には毅然(きぜん)とした態度で、冷静に対応していきたい」と述べた。

 

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、午後3時時点で中国公船3隻が久場島の東北東約40~41キロ付近を、別の1隻が久場島の北東約39キロ付近を航行していた。このうち1隻は機関砲のようなものを備えていた。午後3時現在、日本の領海への侵入は確認されていないという。

 

 尖閣諸島周辺では中国の公船が7月4~5日に39時間以上にわたって日本の領海に侵入し、1回当たりの侵入時間の最長を記録するなど緊張が高まっている。日本側は接続水域での航行や領海侵入を把握するたびに中国側に厳重抗議を繰り返しており、22日も東京・北京の外交ルートを通じて抗議した。(以下略)


21:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/07/23

日米豪、南シナ海で共同訓練 領有権主張の中国けん制

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

日米豪、南シナ海で共同訓練 領有権主張の中国けん制

2020721 1746(共同通信)

 海上自衛隊は21日、南シナ海から米領グアム周辺の海域で、米海軍とオーストラリア海軍による3カ国の共同訓練の実施を発表した。19~23日の日程で、護衛艦「てるづき」や米原子力空母「ロナルド・レーガン」など計9隻と航空機が戦術訓練を実施。南シナ海ほぼ全域の領有権を主張する中国をけん制する狙いがあるとみられる。

 海自によると、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大以降、海自部隊が多国間の本格的な訓練に参加するのは初めて。(以下略)


21:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/07/19

大阪南森町で南西諸島への自衛隊配備反対のスタンディング

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

大阪南森町で南西諸島への自衛隊配備反対のスタンディングやってます!

718南西諸島への自衛隊配備に反対する大阪の会

 18日はスタンディングの日です!

南西諸島への自衛隊配備に反対する大阪の会主催のスタンディング!

大阪南森町の交差点で土曜日の昼下がり親子連れの買い物客室にアピール中!

お近くの方ぜひあなたも参加してみませんか?


10:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/07/03

アメリカ海軍フィリピン海に集結、中国東海艦隊またも宮古海峡通過

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

木元茂夫さんのfacebookから転載させていただきます。


アメリカ海軍、原子力空母3隻をフィリピン海に集結

そして、中国東海艦隊、またも宮古海峡通過

 

アメリカ海軍は、原子力空母レーガン(CVN76)、ニミッツ(CVN68)、ルーズベルト(CVN71)3隻をフィリピン海(日本、台湾、フィリピン、ミクロネシアに囲まれた海域)に集結させた。フィリピン海は広すぎて台湾に近いところなのか、ミクロネシアに近いところなのか確認できず。そこがなんとも悔しい。

朝鮮が弾道ミサイルを次々に発射した2017年。同年11月に日本周辺に空母3隻を集結させて以来の訓練だが、あの時は主に艦隊航行訓練、写真撮影訓練だったが、今回は極めて実戦的な訓練である。

空母2隻が組んで、艦載機を次々に発艦させる訓練を行っている。夜間の離発着訓練も。空母ニミッツは24日、一度グァムに寄港したが、すぐに再出動したようである。

ニミッツ級原子力空母の艦載機は約72(戦闘爆撃機50+早期警戒機5機+電子戦機5+ヘリと輸送機12)3隻合わせれば216機という大兵力となる。しかも、原子力空母は爆弾と航空機燃料の搭載量がかつての通常動力空母の約2倍、自艦運行用の膨大な軽油搭載スペースが原子炉に置き換わったことでこれが可能になった。

さらに随伴艦が約6隻、巡洋艦2(ミサイル120発搭載×2)、駆逐艦4(90発×4)、「弾道ミサイル防衛」にイージス艦を使いだしたのはここ15年くらいの話、イージス艦の本質は「動くミサイル基地」、長距離巡航ミサイル・トマホークでの対地攻撃を主要任務としてきた。空母3隻とイージス艦6隻の集結は、軍事的な脅威を作り出している。アメリカでは新型コロナの感染者が激増している。空母の訓練に税金を使っている場合ではないだろう。

一方の中国海軍、26日にジャンカイⅡ級のフリゲート艦「浜州」(東海艦隊、2016年就役)が宮古海峡を南下し、28日に北上した。今回は1隻のみ。

南西諸島にミサイル部隊を配備する時の説明会で、陸自のえらいさんが、「備えがあれば、相手は避けて通る」と説明していたが、現実には逆のことが起きている。中国海軍の艦艇を撃沈可能な地対艦ミサイルを配備しようとするから、様子を見に来るようになったのではないか。2019年までこんな頻度で中国海軍は宮古海峡を通過してはいなかった。

香港の民主派への弾圧を許しがたい、と思いながら、緊張緩和への道を探らなければならない。

■令和2629統合幕僚監部

中国海軍艦艇の動向について

6月26日(金)午後8時頃、海上自衛隊第5航空群所属「P-3C」(那覇)が久米島の北西約300kmの海域を南東進するジャンカイⅡ級フリゲート1隻を確認した。その後、当該艦艇は沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し、一時的に太平洋に進出したが、28日(日)に沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し、東シナ海へ向けて航行したことを確認した。

注 ジャンカイⅡ級フリゲート 全長134m 満載排水量3963トン 30隻保有

■令和2年6月22日統合幕僚監部

中国海軍艦艇の動向について

6月20日(土)午前7時半頃、海上自衛隊第46掃海隊所属「くろしま」(沖縄)及び第5航空群所属「P-3C」(那覇)が、宮古島の東約130kmの海域を北西進する中国海軍ルーヤンⅡ級ミサイル駆逐艦1隻、ジャンカイⅡ級フリゲート1隻及びフチ級補給艦1隻を確認した。その後、これら艦艇が沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し、東シナ海へ向けて航行したことを確認した。なお、これらの艦艇は、5月29日(金)に沖縄本島と宮古島の間の海域を南下した艦艇と同一である。

注 ルーヤンⅢ級ミサイル駆逐艦 全長157m 満載排水量7500トン 12隻保有、8隻建造中

■令2623日 統合幕僚監部 これは対馬海峡

中国海軍艦艇の動向について

6月21日(日)午前3時頃、海上自衛隊第3ミサイル艇隊所属「おおたか」(佐世保)、第1航空群所属「P-1」及び「P-3C」(鹿屋)が下対馬の南西約200kmの海域を北東進するジャンカイⅡ級フリゲート1隻を確認した。

その後、当該艦艇は対馬海峡を北上し、一時的に日本海に進出したが、23日(火)に対馬海峡を南下し、東シナ海へ向けて航行したことを確認した。


22:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
12345