静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1711416






 

連想検索

沖縄・南西諸島情報サイト

各地の運動報告・情報共有

各地の動き
2023/08/04

7/21講演会報告★「横浜ノースドックってどんな基地?」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
「オンライン学習会かわさき」事務局のメールから転載します。
************
■講演会「横浜ノースドックってどんな基地?そこで何が起きているの?」報告

「オンライン学習会かわさき」事務局より、2023年7月21日(金)に開催された星野潔さん(リムピース編集長)講演会「横浜ノースドックってどんな基地?そこで何が起きているの?」のご報告です。また、当日の講演記録をYouTubeにアップしましたので、お見逃しになった方も、是非ご覧ください。
--------------------------------------------------------------------------------
1月11日の日米安全保障協議委員会(2+2)で、横浜ノースドックに米軍揚陸艇部隊280名、沖縄・南西諸島に海兵沿岸連隊約2000名が配備されることが合意されました。

横浜ノースドックに詳しいリムピース編集長の星野潔さんに、「横浜ノースドックってどんな基地?そこで何が起きているの?」と題して、お話しいただきました。

驚くことに、
①何年も前から、米軍は、横浜ノースドックに故障した戦闘機やオスプレイをノードックに運び込んでから米本土に送り返し、あるいは、米本国、オーストラリア、フィリピン、九州などで行う軍事訓練に使う資材などを運び出すのに使っているのです。

②自衛隊もまた、この米軍施設に自衛隊が使う軍事訓練用資材をわざわざ持ってきて、積み込み作業を行っています。

③本牧埠頭にある三菱造船のドックで米艦船や英艦船が修理され、米軍のコンテナが大黒埠頭の民間施設から運び出され、ノースドックのある瑞穂埠頭の民間埠頭に米揚陸艇をわざわざ接岸させるなど、民間施設の軍事利用が常態化しています。
星野さんが思わず漏らした「ヨコハマ港は軍港か?」の一言に、ヨコハマの港が戦争の拠点として使われようとしていることが端的に明らかにされています。このことは、星野さんらリムピースの方が、長年にわたって昼夜たがわず横浜ノースドックの動きをつぶさに観察してきたことによってわかったことです。本当に感謝いたします。

16:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/02/08

立憲民主党は組み替え予算案の共同提出を

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

【要請書】


立憲民主党
国会対策委員長 安住淳様
代表 泉健太様
幹事長 岡田克也様
政務調査会長 長妻昭様


立憲民主党は「敵基地攻撃兵器」導入費などを削除する組み替え予算案の共同提出を


 岸田政権は昨年12月16日、憲法違反の「敵基地攻撃能力」保有に踏み込み、防衛費の5年での倍増(総額43兆円超)などを盛り込んだ「国家安全保障戦略」など「安保3文書」を閣議決定しました。国会審議もなく、主権者に諮ることもないまま、1月13日に米バイデン大統領に報告するという独裁的かつ属国的な手法は到底許されるものではありません。


 これに対して、野党第一党の立憲民主党は、昨年12月20日に「外交・安全保障戦略の方向性」を公表しました。そこでは、「政府与党が容認したスタンド・オフ防衛能力等による「反撃能力」」について、「先制攻撃となるリスクの大きさ」「存立危機事態における相手国領域内への攻撃のおそれ」「専守防衛や必要最小限度を逸脱する可能性」を理由に、「自公合意に基づく政府の反撃能力には賛同できない」と明言しています。


 2023年度防衛予算案には、巡航ミサイル「トマホーク」導入費(関連器材取得費も合わせ3217億円)、12式地対艦誘導弾の長射程化のための開発・量産費(1277億円)、島嶼防衛用高速滑空弾の研究・量産・開発費(2508億円)、極超音速誘導弾の研究費(585億円)など、約1.4兆円にのぼる「スタンド・オフ防衛能力」導入費が計上されています。
 「政府の反撃能力」を構成するこれらの武器導入費について、立憲民主党がその削除を求めるべきは当然でしょう。


 一方で、立憲民主党は日本維新の会と、「無駄な予算の大幅削減」や「防衛増税の撤回」等での「共闘」で正式合意しています。しかし、維新は敵基地攻撃能力保有や防衛費の倍増という政府方針に賛同しており、より積極的な大軍拡さえ煽っています。政策の根幹において方向性が異なる維新との「共闘」は、むしろ貴党がなすべき行動への足かせになるのではないでしょうか。私たちが求めるのは「増税」のみの撤回ではなく、そもそもの大軍拡方針を撤回させることです。


 「専守防衛」を捨て去り、戦争のリスクを高める大軍拡は、「国のかたち」を変えるに等しいものです。歴史の分岐点で求められているのは、政策的な妥協に基づく「野合」ではなく、主権在民と平和主義という憲法規範の破壊を食い止め、戦争ではなく平和を準備するための「市民と立憲野党の共闘」ではないでしょうか。安保3文書の撤回も、その先にしか実現し得ないでしょう。


 私たちは貴党に対して、敵基地攻撃兵器の導入費などを削除する組み替え予算案を、立憲野党の幅広い共同で、できる限り早期に提出することを求めます。さらに、安保3文書を具体化する「防衛財源確保法案」、「武器の生産基盤強化法案」(軍需工場国有化、武器輸出支援、武器情報漏洩への刑事罰強化など)についても、反対を明確に表明し、阻止するために尽力されるよう求めます。


 組み換え予算案の作成過程では、野党間協議の公開や原案を市民に投げかけるなど、開かれた議論のプロセスが必要です。主権者や国会をないがしろにする岸田政権の強権的手法に、主権在民に基づくボトムアップの合意形成こそを対置すべきです。

 立憲民主党は、国会内外で取り得る手段を尽くして、1日でも長く予算の成立を引き延ばすべきです。それを通して、大軍拡そのものに反対する世論を高め、悪法の成立断念と統一地方選での自公両党の大敗につなげるべきです。私たちにはその奮闘を後押しする用意があります。


 「この国の主権者は私だ」「予算を決めるのは私だ」。主権在民を具現化する予算決定の仕組みをつくり出すためにも、野党第一党の責任は重大です。市民と立憲野党は、「どうせ多数決で成立するだろう」などという諦めを排して、未曾有の大軍拡の初年度予算案への抵抗をはっきりと可視化させる責務を果たすべきでしょう。私たちもまた、不断の努力を続けます。


2023年2月6日      STOP大軍拡アクション


<連絡先> TEL 090-6185-4407(杉原)  メール anti.arms.export@gmail.com


<STOP大軍拡アクション>
【参加団体】
島じまスタンディング
大軍拡と基地強化にNO!アクション2022
ヨコスカ平和船団
非核市民宣言運動・ヨコスカ
武器取引反対ネットワーク(NAJAT)


【賛同団体】
日本山妙法寺、平和をつくり出す宗教者ネット、基地のない沖縄をめざす宗教者の集い、ピースリンク広島・呉・岩国、ポレポレ佐倉、研究所テオリア、小樽・子どもの環境を考える親の会、共同行動のためのかながわアクション、ピープルズ・プラン研究所、不戦へのネットワーク、日本キリスト教婦人矯風会、緑の党グリーンズジャパン、日本消費者連盟、チェチェンニュース編集室、日本カトリック正義と平和協議会、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、ストップ秘密保護法かながわ、ナインにいがた、医療と福祉の戦争協力に反対する連絡会議、Activists for All、Justice for Kids、イノベーション・コースト構想を監視
する会、あとりゑ・クレール、猫の事務所九条の会、平和憲法を未来へつなぐ会・小樽、ベクレルフリー北海道、幕張メッセでの武器見本市に反対する会、生活と政治を考える都筑区民の会、平和をあきらめない人々のネットワーク・福岡、people21、沖縄の映画を観よう!かわさき、労働運動活動者評議会、ATTAC Japan(首都圏)、バスストップから基地ストップの会、肉球新党、すべての基地に「NO!」を ファイト神奈川、日本国際ボランティアセンター(JVC)、ピース・ニュース、軍事基地はいらない!種子・屋久島民の会、平和を考え行動する会、平和といのち・イグナチオ9条の会、平和を実現するキリスト者ネット、憲法骨抜きNO!ねりま、たんぽぽ舎(2月5日現在)


14:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2021/11/25

11月20日、陸自座間駐屯地に 宮古島へのミサイル搬入について抗議

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
************
11月20日、陸自座間駐屯地に 宮古島へのミサイル搬入について抗議しました
キャンブ座間のシンボルマークが変わました。新しいマークはビー工場のようです。陸上自衛隊演習に関連した動きは見られませんでした。

■申し入れ書
在日米陸軍司令官・米陸軍第一軍団司令部司令官 ジョエル・B・ヴァウル推将 様
陸上総隊日米共同部長      垂水 達雄 様
座間駐屯地司令・第4施設群長 小野 一也 様 

 11月14日、何十人もの市民らが座り込んで抗議する中、弾薬を積んだトラック15台が宮古島に上陸し、陸上自衛隊宮古島駐屯地の保良訓練場(弾薬庫)にミサイルが搬入されました。陸上幕僚監部は「宮古島島民の安全安心を守るためにも島内に弾薬を保管することは必要不可欠と考えている。また、早期に体制を確立することは抑止、対処力維持にも必要」と話したようですが、でも沖縄の住民は経験から知っています。軍隊があるところにこそ戦争は起きるのです!
いま沖縄はすさまじい勢いで増強される自衛隊軍備にさらされています。奄美大島も含め、与那国島、石垣島、宮古島に自衛隊基地が次々に建設され、ミサイル部隊を中心に配備されつつあります。これは一体何のためでしょうか。
沖縄島では航空自衛隊がそれまでの第83航空隊(F15戦闘機20機)が2017年には第9航空団(F15戦闘機40機)に格上げ、戦闘機以外の機種も続々移動させ、他に3つある航空方面隊と同格の南西航空方面隊に昇格させるという大増強を行なっています。陸自の中には約3,000名からなる水陸機動団が創設されました。これは自衛隊版「海兵隊」とも言うべき部隊で、米軍と同じ水陸両用装甲車AAV7を52輌購入して配備しました。AAV7とは完全武装した兵士25名を乗せて敵前上陸し戦闘するための兵器です。すでにこの部隊は米軍と共同訓練を行なっているばかりか、沖縄の海兵隊基地キャンプ・ハンセン、キャンプ・シュワブに配備される密約もなされていることが今年暴露されました。防衛省は2012年から自衛隊の南西シフトの目的を自衛隊の対中防衛、すなわち中国の封じ込め戦略、東シナ海における中国の権益拡大を阻止するためであると、「日米の動的防衛協力」文書で明記しています。
さらに在沖米軍基地すべてが自衛隊と共同使用することも計画されており、辺野古新基地は自衛隊部隊の拠点基地とすることも政府は考えているからこそ何としても建設を押し通すのだと思います。
政府は自衛隊の南西シフトを「防衛の空白を埋める」と説明しますが、軍事史専門家が指摘するのは島嶼防衛に成功した歴史はないということです。だから水陸機動団も米軍と協同で島嶼防衛戦ではなく、離島奪回作戦の訓練をしているのです。住民の暮らす島が戦場になり占領され、さらにその島を戦場として奪回戦闘が行われる。こんなことを政府は想定しています。
日本を「戦争できる国」にしないでください。
日本を「戦争できる国」にするために沖縄を利用するのはやめてください。
自衛隊・米軍共同の日本の軍事化に私たちは反対します。
宮古島を始め、沖縄の島々のミサイル配備を今すぐやめてください。
私たちは、「基地のあるところに戦争がやって来る」という先人の言葉に立って、基地のない島、基地のない日本を目指していきます。

2021年11月20日
バスストップから基地ストップの会と申し入れ行動参加者一同


10:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2021/05/26

【YouTube】5/25★「重要土地調査規制法案」を廃棄へ 緊急院内集会

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
【「重要土地調査規制法案」に反対する市民団体】
「重要施設周辺及び国境離島等における土地等の利用状況の調査及び利用の規制等に関する法律案」(以下、「重要土地調査規制法案」)に関する国会審議が5月12日に始まりました。この法案は、基地、原発など政府が安全保障上「重要」とみなす施設の周辺地域や国境離島において、市民の監視と権利制限を常態化し、市民による基地や原発の調・監視行動を制限する可能性をはらみます。市民団体は、憲法及び国際人権法に真っ向から反するこの法案に日々危機感を募らせています。多くの反対の声があるにもかかわらず、政府与党は今国会での早急な成立を目指しており、5月26日にも衆議院内閣委員会での採決を狙っています。
緊急声明の発表
私たち、「重要土地調査規制法案」に反対する市民団体が4月30日に発表した法案の撤回を求める緊急声明は、5月22日時点で224団体の賛同を得ました。反対の声は更に広がっています。賛同団体リストを更新した声明を改めて発表します。

21:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/12/26

<気仙沼>今年最後の「沖縄連帯」スタンディングとリレートーク

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

気仙沼のAkira Onoderaさんの facebookから転載させていただきます。

*********************

20201225()、時々小雪がちらつく強い北風の中、9人の参加の下、今年最後の「沖縄連帯」スタンディングとリレートークをおこないました。


12/21
の朝日新聞世論調査は菅政権支持 38.4%  不支持 39.6%

首相就任3ヶ月の菅政権の唯一最大の政策は『Gotoトラベル・Gotoイート』で、莫大な国家予算を投入して、その挙げ句全国に第三次コロナ感染拡大を引き起こし、しかもコロナ対策が後手後手にまわって対策を打てなかった。そのことへの国民の評価です。無能な菅政権は総退陣せよそんな無能な菅政権は、憲法9条に反する敵基地先制攻撃論に血眼になり、武器の爆買いの上に辺野古埋め立て、琉球弧へのミサイル基地建設、イージスアショアの艦上設置等、金にいとめをつけないような、焦りさえ感じさせる様相を呈しています。

今必要なのは軍事力に金を注ぎ込む事ではなく、そのお金をコロナ対策や医療従事者への支援、仕事を失った労働者、困窮する庶民、零細事業者等のために使うことではないでしょうか、と訴えました。車の中から手を振って下さる人がいつもより多かったこと、寒風の中、最後まで話に耳を傾けて立ち続けて下さった女性がいた事等、いつもと違う反応が見られた事が、私達全員を勇気付けた今年最後の『沖縄連帯』行動でした。

沖縄現地に結集して来た沖縄・全国の皆さん!

来年こそ良い年にしましょう!

良い新年を

辺野古を共に闘う全国の皆さん!

辺野古ストップの赤マスクで闘いの繋がりを示そう


22:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/09/02

飛行差し止め実現! 違法爆音を許すな! 8/29神奈川行動

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

木元茂夫さんのfacebook831日)からの転載です。

 

飛行差し止め実現!  違法爆音を許すな!  8/29神奈川行動

久々に厚木基地北側のフェンス沿いで抗議行動をやりました。昨年末から空母艦載機の飛来が増加したために、基地正門前で申入れと抗議行動を行うことが多かったためです。コロナ禍さえなければ集会、デモとなるところだが、デモのない行動となりました。

アピールをはじめるや基地の米兵が、フェンスの近くにやって来て、参加者の数を確認。でも、そんなことには負けずに、夏の暑さにも負けずにがんばりました。

〇行動宣言〇

去る813日、厚木基地で海上自衛隊P-1哨戒機がカーゴドロップ訓練(荷物投下訓練)を行った。滑走路をめがけて、8回にわたって投下が繰り返された。最近では、710日にP-3C哨戒機が行ったのに続く訓練だ。

1971年以来、厚木基地は日米共同使用の要衝であり続けているが、最近は特に、海上自衛隊がその比重、存在感を高めている。哨戒機P-1の配備、展開はその象徴だが、同機は離発着訓練、旋回飛行訓練を、日々繰り返している。

1971年に大和市、綾瀬市とかわしたジェット・エンジン機は配備しないとの約束を反故にしたうえに、いまや主な騒音発生源となっている。

現在、空母艦載機は回転翼機、ヘリコプターを除いて、厚木基地には常駐していない。

20183月、固定翼機60数機は岩国基地に移駐した。米空母が横須賀に帰港、停泊している間、昼夜を問わなかった、かつてのような猛爆音は少し収まっているかに見える。

しかし、時折、艦載機は岩国基地から来ては、訓練に出かけていく。これからも使用するとの意思、方針を示すものだろうが、整備機能もなくなった厚木基地を拠点にした訓練は危険極まりない。加えて、飛来時には、2機同時発進など約束違反の危険飛行も行われているのだ。(中略)

6月下旬、秋田県と山口県への迎撃ミサイルシステム、イージスアショアの配備中止が決まった。ところが、政府・防衛省は要り替わりのように、頓挫していた「敵基地攻撃能力」の獲得を声高に主張しだした。そう、先生攻撃能力の獲得を俎上に上げようとし始めたのだ。

今年3月、横須賀基地に海上自衛隊は護衛艦「まや」を配備した。同艦は射程距離2,500kmのミサイルと、米軍との共同交戦能力システムを搭載している。ここ神奈川は、「敵基地攻撃能力」が日程に上がれば、当事者の地となることを知っておきたい。

他方、イージスアショアの配備地融資は地元の根強い反対が実を結んだ結果でもある。「つぎは辺野古だ」。土砂の投入が強行されているが、新基地計画を中止に追い込むことだってできるのだ。

昨年521日に始まった第5次厚木基地爆音訴訟も、来る914日に11回目の口頭弁論を迎える。コロナ禍の定員制限で傍聴席を埋めることはできないが、8,800余名の原告と、それを支える弁護団、支援が連携して、「静かな空を」取り戻す法廷闘争が続く。沖縄、岩国、そして志を同じくする全国の仲間と手を携え、爆音と基地のない神奈川をめざし、進んでいこう。


23:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項