静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】■先行施行まで4ヶ月 見えてきた土地規制法の狙い
2月22日(火)11時~13時 参議院議員会館B109
・政府担当者への市民と野党の共同ヒアリング
・各地・各団体からの発言と立憲野党への要請
「風雲急を告げる!馬毛島の現在(いま)!! Ⅱ」パート2
種子島の和田香穂里さんが語る!!
<バックナンバー>Part1 
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

【Youtube】12/7土地規制法ヒアリングZoom報告会動画
海渡雄一弁護士、仲松正人弁護士、福島みずほ議員、山添拓議員らが問題点を解説。
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

狙いは住民監視か 強行採決!?土地取引規制法案

 【半田滋の眼 NO.35 】20210615/デモクラシータイムス.
■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■【YouTube】37「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今 宮古島・保良ミサイル弾薬庫の開設=ミサイル戦争の始動を阻もう!」
■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

◎【Youtube】デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

YouTube『軍事化のために国に買収されていく馬毛島。160億円の馬毛島買収劇の""はいくつある?!』たねたねtoまげまげ vol.6

YouTube「たねたねtoまげまげ」チャンネル

YouTube「今、無人島・馬毛島が熱い!」4回(デモ・リサTV

《パート3

馬毛島が自衛隊最大の軍事基地に!

https://youtu.be/PXWIlRCpgcA


「今、無人島・馬毛島が熱い!」最終回

《パート4

市長が初めて自衛隊基地化反対の表明!

基地経済にたよらない、平和で安全な島に!!

https://youtu.be/I5g3SWx_8vs

《パート1
無人島に160億円もの税金が使われる!!

https://youtu.be/2-vYJ2boge0

《パート2
馬毛島自衛隊配備に市長も議会も反対!

https://youtu.be/DsTgUznQ79o

[
ツイキャス動画] 〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29 院内集会 at 衆院第一議員会館多目的ホールYouTube

宮古島パート4YouTube「軍隊は戦争の準備! "平和"""こそ宮古島の宝!!

宮古島パート3YouTube「宮古島に自衛隊が来た!脅かされる島民の命!!
宮古島パート
YouTube「宮古島にも日本軍『慰安婦』が!沖縄戦から本土復帰へ」

宮古島パート1YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3」

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER729882




 

連想検索

活動報告
12345
2022/06/18

沖縄「平和の礎」名前を読み上げる集い に参加(静岡)

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
※静岡・沖縄を語る会、富田英司さんのfacebookより
*************
沖縄「平和の礎」名前の読み上げる集いが始まっています。
本日(6月16日)、私たち「静岡・沖縄を語る会」もこの読み上げ活動に参加しました。
静岡県の戦没者1715人の名前が「平和の礎」に刻まれています。明日も読み上げ活動があるので、1715人全員の名前を読み上げたいと思っています。
戦没者名簿のお名前リレー方式の取り組みは23日まで続きます。

21:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2022/06/15

非核市民宣言運動ヨコスカとヨコスカ平和船団が抗議行動

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
**********
6月13日10時、インド太平洋方面派遣と環太平洋合同軍事演習・リムパックにヘリ空母「いずも」と護衛艦「たかなみ」が横須賀を出港しました。
非核市民宣言運動ヨコスカとヨコスカ平和船団が抗議行動。乗船している自衛官に訴えました。
リムパックに参加する陸上自衛隊・西部方面隊の乗船は確認できず。おそらく、別ルートでハワイに向かうと思われます。
5月31日 海上幕僚監部
(お知らせ)
令和4年度インド太平洋方面派遣(IPD22)について
海上自衛隊は、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に資するべく、次のとおり令和4年度インド太平洋方面派遣
(IPD22:Indo-Pacific Deployment 2022)を実施します。
1 目 的
インド太平洋地域の各国海軍等との共同訓練等を実施し、戦術技量を向上させるとと
もに、各国海軍等との相互理解の増進、信頼関係の強化及び連携の強化を図り、地域の平
和と安定への寄与を図る。
2 期 間
 令和4年6月13日(月)~10月28日(金)
3 派遣部隊
(1)護衛艦部隊
 ア 第1水上部隊
 (ア)指揮官
 第4護衛隊群司令 海将補 平田 利幸(ひらた としゆき)
(イ)派遣部隊
 護衛艦「いずも」・「たかなみ」及び搭載航空機3機
 (ウ)派遣人員
 約600名
 イ 第2水上部隊
 (ア)指揮官
 きりさめ艦長 2等海佐 坂田 淳(さかた あつし)
(イ)派遣部隊
 護衛艦「きりさめ」及び搭載航空機1機
 (ウ)派遣人員
 約180名
(2)潜水艦部隊
 ア 指揮官
 派遣潜水艦艦長
イ 派遣部隊
潜水艦1隻
 ウ 派遣人員
 約80名
(3)航空部隊
ア 第1航空部隊
 (ア)指揮官
 第32飛行隊長 2等海佐 大菅 伸英(おおすが のぶひで)
(イ)派遣部隊
 第3航空隊(P-1 1機)及び第4整備補給隊
 (ウ)派遣人員
 約60名
イ 第2航空部隊
 (ア)指揮官
第812飛行隊長 2等海佐 前田 仁是(まえだ さとゆき)
(イ)派遣部隊
 第81航空隊(UP-3D 1機)及び第31整備補給隊
 (ウ)派遣人員
 約30名
 ウ 第3航空部隊
 (ア)指揮官
第71航空隊 2等海佐 川口 智久(かわぐち ともひさ)
(イ)派遣部隊
 第71航空隊(US-2 1機)及び第31整備補給隊
 (ウ)派遣人員
 約30名
4 訪問予定国
 アメリカ合衆国、インド共和国、オーストラリア連邦、ソロモン諸島、トンガ王国、
パプアニューギニア独立国、パラオ共和国、バヌアツ共和国、フィジー共和国、
ベトナム社会主義共和国、フィリピン共和国、仏領ニューカレドニア
5 主要参加訓練
本行動期間中、派遣部隊の一部が次の訓練に参加予定です。各訓練の細部は、別途お知
らせします。
(1)米海軍主催多国間共同訓練(RIMPAC2022)
(2)パシフィック・パートナーシップ2022
(3)日米豪韓共同訓練
   (PACIFIC VANGUARD22)
(4)日印共同訓練(JIMEX)
(5)豪州海軍主催多国間共同訓練(KAKADU2022)
(6)米豪比主催多国間共同訓練
(Exercise SAMASAMA/LUMBAS2022)
6 その他
(1)本行動期間中、一部の訓練に陸上自衛隊が参加します。
(2)新型コロナウイルス感染症への必要な対策を行います

22:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2022/05/11

「静岡・沖縄を語る会」会報第53号(2022年4月21日)を発行しました

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
「静岡・沖縄を語る会」会報第53号(2022年4月21日)が発行されました。
以下のファイルをご覧ください。
「静岡・沖縄を語る会」会報第53号2022年4月21日C.pdf
精細版およびバックナンバーは下記へ。
会報バックナンバー - 静岡・沖縄を語る会 (erix.com)
17:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/03/30

3月27日 ヨコスカ平和船団の海上抗議行動と横須賀月例デモ

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
************
3月27日 ヨコスカ平和船団の海上抗議行動と横須賀月例デモ
●横須賀地方総監部前アピール 2022年3月27日
ロシアのウクライナへの軍事侵攻から1ケ月が経過しました。原発を制圧し、港を抑え、住宅地への攻撃が続いています。ポーランドなど近隣諸国へ避難した人々は300万人を超えると報道されています。ロシアは直ちに攻撃を止め、一日も早く、ウクライナから撤退すべきです。
日本政府は3月8日、「防衛装備移転三原則の運用指針」を改訂し、ウクライナのレゾニエフ国防相からの要請に応え、防弾チョッキ等を自衛隊機で送りました。
「防衛省が明らかにした提供物資の数は、防弾チョッキ1900着、ヘルメット6900個、天幕240個、カメラ50個。これらは既に自衛隊機や米軍機、民間物流会社などを利用して近隣国を経由してウクライナ政府へ提供された。他の物資についても防衛省は提供を検討している」(「産経新聞」電子版3月24日)
紛争当事国への軍事物資の供与は、憲法9条に違反します。
ポーランドを訪問したバイデン大統領は、NATOの東方拡大について、何も語りませんでした。
アメリカは、生物・化学兵器を使う可能性がある、核兵器が使われる可能性がある、とロシアを非難することにばかりに熱心です。そもそもの紛争の原因であったNATOの拡大をどうするのかについて、アメリカは発言と提案をすべきです。それがロシアを撤退させるための一番の早道ではないでしょうか。
26日、横須賀基地に機雷戦装備をもつフリゲート艦「くまの」が配備されました。インドネシアへの輸出が画策されています。一歩、また一歩と武器輸出が拡大されようとしています。そして、本来、もっとも重視されるべき外交が軽視されています。軍事力と軍事同盟の拡大では、平和をつくることも、私たちの暮らしを守ることもできません。
■防衛装備移転三原則の運用指針の改定 オが追加された。
我が国の安全保障に資する海外移転として次に掲げるもの(我が国の安全保障の観点から積極的な意義がある場合に限る。)
ア 米国を始め我が国との間で安全保障面での協力関係がある諸国との国際共同開発・生産に関する海外移転
イ 米国を始め我が国との間で安全保障面での協力関係がある諸国との安全保障・防 衛協力の強化に資する海外移転であって、次に掲げるもの
(ア) 法律に基づき自衛隊が実施する物品又は役務の提供に含まれる防衛装備の海外 移転
(イ) 米国との相互技術交流の一環としての武器技術の提供
(ウ) 米国からのライセンス生産品に係る部品や役務の提供、米軍への修理等の役務 提供
(エ) 我が国との間で安全保障面での協力関係がある国に対する救難、輸送、警戒、監視及び掃海に係る協力に関する防衛装備の海外移転
(オ) 国際法違反の侵略を受けているウクライナに対して自衛隊法第116条の3の 規定に基づき防衛大臣が譲渡する装備品等に含まれる防衛装備の海外移転
■自衛隊法第116条の3
防衛大臣は、開発途上にある海外の地域の政府から当該地域の軍隊が行う災害応急対策のための活動、情報の収集のための活動、教育訓練その他の活動(国際連合憲章の目的と両立しないものを除く。)の用に供するために装備品等(装備品、船舶、航空機又は需品をいい、武器(弾薬を含む)を除く。以下この条において同じ。)の譲渡を求める旨の申出があつた場合において、当該軍隊の当該活動に係る能力の向上を支援するため必要と認めるときは、当該政府との間の装備品等の譲渡に関する国際約束(我が国から譲渡された装備品等が、我が国の同意を得ないで、我が国との間で合意をした用途以外の用途に使用され、又は第三者に移転されることがないようにするための規定を有するものに限る。)に基づいて、自衛隊の任務遂行に支障を生じない限度において、自衛隊の用に供されていた装備品等であって行政財産の用途を廃止したもの又は物品の不用の決定をしたものを、当該政府に対して譲与し、又は時価よりも低い対価で譲渡することができる。

22:23 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2022/03/24

3/22東富士演習場日米共同訓練反対行動

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
************
22日、東富士演習場で行われている日米共同訓練の中止を求めて「富士を撃つな実行委員会」「静岡・沖縄を語る会」の6人で要請行動をおこなった。
当日は寒波が再来し、御殿場の自衛隊基地は雪に覆われた。共同訓練のため、滝ヶ原駐屯地とキャンプ富士からは軍用車両が行き来する。蛍光掲示板には「射撃中」の赤い文字が光る。
その中、「富士を撃つな」「軍事訓練の中止を」「軍事同盟はいらない」と呼びかけた。

10:37 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2022/03/24

3/21静岡駅街宣★久々の街頭宣伝をやりました

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
***********
2022年03月21日
■久々の街頭宣伝
21日(月)、静岡駅北口地下通路で沖縄についての宣伝やりました。
「真っ先に攻撃目標にされる沖縄」
「中国の脅威」を口実にミサイル配備される琉球弧の島々
50年前に本土復帰した沖縄は、果たして悲願「基地のない平和な島」は叶ったのか、
ベトナム戦争でも、湾岸戦争でも、沖縄は米軍の出撃基地だった
「悪魔の島」とも呼ばれた沖縄、敵基地攻撃と称して攻撃すれば、
沖縄は当然報復攻撃のターゲットになる
今、沖縄だけが攻撃目標と誰が決めたのか、
軍拡ばかりの意識から、軍縮へ再度舵をきるために、
沖縄戦を、日々目にしているウクライナの現状を凝視しなければ

10:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2022/03/22

3/21「ウクライナに平和を!原発に手を出すな!3.21市民アクション」報告

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
*************
【写真速報】
「ウクライナに平和を!原発に手を出すな!3.21市民アクション」に2,500人以上が参加。
代々木公園を出発し、渋谷・原宿の繁華街をデモ。
日本ではデモをしても、ロシアのようにすぐに逮捕されるわけではありません。もっともっと集まってもいいと思います。
次の大規模デモは3月29日(火)18時集会 、19時デモ出発。会場は日比谷野音(主催:総がかり行動)です。

10:16 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2022/03/22

3/19■静岡でロシアのウクライナ侵攻反対行動

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
■静岡でロシアのウクライナ侵攻反対行動
************
3月19日は静岡の仲間と共に、静岡駅地下通りでウクライナ支援の街頭宣伝をやり、その後皆で呉服町通りをデモしました。
呉服町を歩いている人たちにも、ウクライナ支援を呼び掛けました!

10:13 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 報告事項
2022/03/21

「沼津海浜訓練場」(静岡県今沢海岸)で米海兵隊と自衛隊が合同訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
****************
今沢海岸の「沼津海浜訓練場」で、米海兵隊と自衛隊との合同訓練が実施された。
私たち「静岡・沖縄を語る会」も、10日(木)に日米の合同訓練に反対する「監視活動」や「抗議集会」に参加する行動を取り組んだ。
この今沢海岸は、昔から米軍が時々「上陸訓練」を取り組んでいたが、ここ数年はあまり大規模な訓練はなかった。今回の米海兵隊と自衛隊の合同訓練は、今までにない大規模な合同訓練であり、今後も訓練が強化される恐れがある。
午後の集会でも、各団体から「台湾有事を想定した日米の合同訓練が全国的に増加している。」報告が続いた。

15:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2022/03/21

3月10日 静岡県沼津海浜訓練場で日米共同訓練に抗議

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
*************
3月10日 沼津海浜訓練場で日米共同訓練に抗議
12月の北海道・東北の演習場でのレゾリュート・ドラゴン21に続いて、沼津海浜訓練場と東富士演習場で日米共同訓練が行われている。10日には抗議行動が行われ、30余名の人々が参加した。この日は陸自水陸機動団は集会の開始前に上陸訓練は切り上げてしまったが、日米の大型輸送ヘリCH-47とCH-53Eが上空を飛び交った。
東富士演習場では、厚木基地を中継拠点とした普天間基地のMV-22オスプレイと、初参加の陸自木更津駐屯地のV-22オスプレイが共同訓練を行った。
写真1枚目 アメリカ海軍HPより。9日LCUでの車両の揚陸。
写真5~8枚目 陸自HPより
上陸訓練を含む日米共同軍事訓練に反対する 集会アピール
いままさにロシアによるウクライナ侵攻が行われている。私たちは、いかなる理由があろうとも直ちに停戦すべきことを呼びかける。そして、ここ今沢海岸において、戦争を想定した訓練が行われていることを容認できない。 情報によると、米海兵隊と自衛隊が共同で沼津海浜訓練場と東富士演習場を使って大規模 な訓練を 3 月 7 日から 25 日まで、上陸作戦訓練と迫撃砲、榴弾砲などを使った各種射撃訓 練を行う、としている。 日本側は、佐世保の相浦駐屯地から陸上自衛隊の水陸機動団、千葉県の木更津駐屯地から ヘリコプター団が参加し、水陸両用車 AAV や欠陥機オスプレイ V-22 が持ち込まれ、米側 は、沖縄県から海兵機動展開隊、長崎県から米海軍の水陸両用戦隊が参加し、日本側が約 400 名、米側が約 500 名、合計約 900 名という規模である。米側の主要装備の中には、現 在ウクライナで使用されているとみられる対戦車誘導弾「ジャベリン」が持ち込まれている。 戦争を想定した訓練が、霊峰富士を頂き、平和を希求する静岡県で行われることは、とても 容認できない。 政府は、自衛隊について専守防衛を旨として、憲法 9 条に違反する「陸海空その他の戦力」 ではないとしてきた。しかし、明らかなる軍隊である米軍と一体となって訓練を行なっている姿が目の前にある。 いかなる理由があろうとも軍事力によって物事は解決することできない。軍事力によって 平和を作り出すことはできないのだ。私たちは殺されることも、殺すことも望んでいない。 唯一の戦争被爆国が、核シェアリングを議論する必要は全くない。平和を作りだす外交努力こそ必要である。「丸腰が一番安全だ」と述べた中村哲のように、荒廃したアフガニスタン の地を緑によみがえらせ、仕事と食料を作り出し、平和を作り出してきたことにこそ学ぶべ きである。 私たちは、戦争したがる政治家を許さない。それはロシアであれ、米国であれ、日本であ れ、戦争したがる政治家はいらない。平和を求める世界の人々と手を結び、戦争に反対する。 私たちは、ここに上陸訓練を含む日米共同軍事訓練に反対を表明する。
以上
2022 年 3 月 10 日 上陸訓練を含む日米共同軍事訓練に反対する集会 参加者一同 ・静岡県平和・国民運動センター ・憲法擁護静岡県民連合 ・静岡県勤労者協議会連合会
■令和4年2月24日
陸 上 幕 僚 監 部
令和3年度第31海兵機動展開隊との共同訓練の概要について
陸上自衛隊は、日米同盟の抑止力・対処力を一層強化すべく、以下のとおり令和3年度
第31海兵機動展開隊との共同訓練を実施しますので、お知らせいたします。
1 目 的
陸上自衛隊及び米海兵隊の部隊が、それぞれの指揮系統に従い、共同して作戦を実施
する場合における相互連携要領を実行動により訓練し、日米の連携強化及び共同対処能
力の向上を図る。
2 期 間
令和4年3月4日(金)~3月25日(金) 注 3月7日からに変更になった。
3 場 所
東富士演習場及び沼津海浜訓練場
4 担任官
(1) 陸上自衛隊
陸上総隊司令官 陸将 前田忠男
(2) 米海兵隊
第3海兵機動展開部隊長 中将 ジェームズ W ビアマン(James W. Bierman)
5 訓練実施部隊
(1) 陸上自衛隊
ア 水陸機動団第1水陸機動連隊基幹
イ 第1ヘリコプター団
(2) 米海兵隊
ア 第31海兵機動展開隊
イ 第1海兵航空団
6 特 色
(1) 水陸機動団及び第31海兵機動展開隊による国内における水陸両用作戦に係る共同訓練を実施
(2) 陸上自衛隊V-22が初めて共同訓練に参加し、水陸機動団と連携した訓練を実施するとともに、米海兵隊MV-22と共同訓練を実施
7 新型コロナウイルス感染症対策
(1) 本訓練に参加する隊員は、防衛省・自衛隊が定める方針に基づき必要な感染症対
策を十分に講じて参加。2回目のワクチン接種から6ヶ月以上経過している者については、3回目のワクチンを接種して参加
(2) 隊員は、各駐屯地出発前にPCR検査を受検し、陰性の者のみ訓練に参加
また、訓練終了後、PCR検査等を受検するとともに、検疫所の指示に従い、必要な措置を実施
(3) 新型コロナウイルス感染症の感染が疑われる隊員が発生した場合は、PCR検査の受検、積極的に濃厚接触者と疑われる者を特定・隔離する等、感染拡大を最大限防止
(4) 在日米海兵隊関係者は、訓練参加前にPCR検査を受検し、陰性であることを確認した後、訓練に参加するほか、米海兵隊の定める基準等に基づき、自衛隊と同様に必要な感染症対策を徹底。


15:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
12345