静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1768656






 

連想検索

活動報告
12345
2024/03/21

「静岡・沖縄を語る会」会報第61号(2024年3月号)を発行しました

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
「静岡・沖縄を語る会」会報第61号(2024年3月号)を発行しました。
「静岡・沖縄を語る会」会報第61号(2024年3月号)
☆目  次☆ 
辺野古代執行訴訟判決糾弾 ……2    
うるま市民の会現地報告 ………4 
全港湾沖縄全面ストへ………… 6 
オスプレイ飛行再開に怒り ……7 
馬毛島住民裁判始まる …………8 
静岡今沢でも軍事訓練 …………9 
米軍廃棄物パネル展  …………10 
「沖縄狂想曲」映画評  ………11 
地方分権と辺野古、袴田裁判 …12 
映画「戦雲」上映始まる………15 
情報館便り  ……………………16

21:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/07/16

7月15日 陸自座間駐屯地と米陸軍キャンプ座間に申入れ

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
***************
7月15日 陸自座間駐屯地と米陸軍キャンプ座間に申入れ

 暑い日でした。キャンプ座間の司令官は6月20日付で交替しました。座間駐屯地のゲートでは担当の自衛官が10分前から待機していました。なので、予定時間の3分前から申入れを開始。
 厚木基地を離発着する航空機は確認できませんでした。ほとんど、飛ばなかったようです。
――――――――――――――――――――
キャンプ座間司令官 デイブ・ウォーマック少将  様 
陸上総隊司令部日米共同部長   豊田龍二 様 
座間駐屯地司令兼第4施設群長 本田健二 様 
                                          申し入れ書 
 陸上自衛隊は3月末、大分県の日出生台演習場で、砲弾を使って固い琉球石灰岩の地層を爆破して、陣地構築訓練を行いました。表土の下の固い石灰岩を爆破して塹壕を作る訓練でした。訓練を視察した第5施設団長が、「地面を戦力化しなければならない。検討して結果を出さなければならない」とマスコミのインタビューに答えたことに衝撃を受けました。第5施設団は、福岡県の小郡駐屯地に司令部を置く部隊で、座間駐屯地と同じ職種です。「琉球新報」は「戦時中は日本陸軍の工兵科が同様の任務を担った」と指摘し「歴史は繰り返すという思いがある」と警鐘を鳴らしています(6月28日付) 
 例えば、地対艦と地対空ミサイルが配備された宮古島。隆起サンゴ礁で出来ている島で、大きな川がありません。降った雨はすぐに地面に吸収されていきます。そのため、農業用水を確保するのに大変な労力がかかりました。戦後、地下にコンクリートパイプを打ち込んでダム状のものを作り、地下水が海に流れるのを抑制する工事が行われました。宮古島で農業のための用水確保が安定したのは1970年代に入ってからだと聞いています。宮古島の人々は、本当に地下水を大切にして来ました。まさに、「命の水」です。陸上自衛隊はこれから先、宮古島や石垣島でこうした訓練を行うことを考えているのでしょうか。火薬に含まれている化学物質が地下水に浸透した時は、誰が責任を取るのでしょうか。この訓練は軍事的必要性からのみ検討され、島の環境、住民の生活基盤を守ることを軽視しているとしか思えません。第4施設群のみなさんも、東富士演習場などで陣地構築訓練をやることがあるのでしょうか。その時、「戦争は最大の環境破壊」という言葉を頭に浮かべて下さい。 
 一方で、宮古島と長い橋でつながっている下地島周辺の海域で4月9日に起きた多用途ヘリUH-60Jの墜落事故。10名の隊員が亡くなりました。フライトレコーダーの回収から2ケ月以上たったにもかかわらず、事故原因の発表はありません。それなのに飛行訓練は再開されてしまいました。事故原因の究明が何よりも優先されるべきだとは思われませんか。 
 6月14日に岐阜市の日野射撃訓練場で起きた発砲事件、ちょうど1ケ月が経ちましたが、18歳の青年の動機の解明、陸自の教育のあり方の見直し、再発防止策の策定などは、何も進んでいないように思います。陸上自衛隊のみなさん、自らの組織が直面している課題に、しっかりと向き合って下さい。私たちはこれ以上若い隊員が死んでいくことに耐えられません。そして、自衛隊が住民の犠牲を顧みないような訓練を行うことを認めるわけにはいきません。  
 陸上幕僚監部は7月3日、7月20日から8月4日までオーストラリアで、タリスマン・セーバーと名付けられた大規模軍事演習を行うと発表しました。その目的を「豪州の良好な訓練基盤を活用し、各国と連携した水陸両用作戦、中SAM・12SS Mの実射を含む対空戦闘及び対艦戦闘に係る作戦遂行能力・戦術技量・相互運用性の向上を図る」としています。さらに、「水陸両用作戦においては、米独軍と共同し、海上機動~着上陸~着上陸後の陸上戦闘からなる一連の水陸両用作戦を演練」、「対空戦闘においては、米国以外で初となる03式地対空誘導弾の実射及び米航空機 と対抗方式での対空戦闘を演練」、「 対艦戦闘においては、豪軍との共同及び国外において初飛行となるSE2による情報収集並びに米国以外で初となる12式地対艦ミサイルの実射を含む共同対艦戦闘を演練」 
 “中SAM”は石垣、宮古、奄美に配備されている地対空ミサイル、“12SSM”は12式地対艦ミサイルで射程距離を1000km以上に延伸する作業が進められています。この実射訓練を行うと明言しているのです。“SE2”は陸自が運用している無人偵察機スキャンイーグルのことです。この演習、オーストラリアで行われますが、現実的には沖縄、琉球弧での衝突と戦闘を想定したものと断じざるをえません。22年、23年とこうした軍事演習は、一歩また一歩と実戦に近づいています。私たちは、こうした軍事演習が、日本の安全につながるとは思えません。演習が大規模になればなるほど、中国やロシアも対抗的な軍事演習を実施し、艦艇や航空機の日本周辺、とりわけ琉球弧付近での航行、飛行は激増させています。陸上総隊司令部日米共同部は、こうした訓練の策定、部隊の運用の決定などに関わっているのでしょうか。もし、そうであれば、訓練の中止を求めて下さい。 
  2023年7月15日 バスストップから基地ストップの会と
                                                       申入れ行動参加者一同

20:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項
2023/07/05

学習会報告「戦争否定と戦争準備 沖縄を戦場にするな」(7/2静岡市)

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
 「戦争否定と戦争準備 沖縄を戦場にするな」
    ~報告:「沖縄写真展」での竹内康人さん学習会(7月2日静岡市)

※PDFファイルのダウンロード⇒7・2写真展での竹内さん学習会.pdf


 7月2日、静岡・沖縄を語る会主催による沖縄写真展(静岡市市民ギャラリー)の最終日、午後2時から浜松の竹内康人さんを招き、「戦争否定と戦争準備 沖縄を戦場にするな」と題した学習会が開催されました。約15名の参加があり、最初に詩の朗読がありました。

■沖縄の歴史と戦争動員

  竹内さんははじめに、2022年の沼津市今沢海岸と東富士での日米合同軍事訓練が中国を仮想敵としたものであったことを指摘しました。
  つづいて沖縄の歴史を示し、15世紀の琉球王国、19世紀の琉球併合による琉球の植民地支配、その果ての沖縄戦について話しました。アジア太平洋戦争末期の沖縄戦での防衛隊の召集は全体で2万5千人ほどでした。とくに14歳から17歳の若者が動員されましたが、男子学徒隊(約1500人)は「鉄血勤皇隊」として陸軍に編入され、女性は看護隊などで500人が強制動員されました。徴兵での沖縄人の兵士動員では、沖縄人への差別、暴力による管理などもありました。
  沖縄戦は、沖縄の土地と民がどうなっても構わないというものであり、皇民化政策により、強制集団死や学徒隊など、若者の死を招きました。戦死者と認定された人は靖国神社に合祀されています。「平和の礎」での沖縄人の戦争死者は約15万人です。
  集団自害や無法な学徒の戦争動員について、政府は一度も謝罪していません。沖縄戦を描いた「月桃の花」や「沖縄スパイ戦史」などの映画紹介もありました。
  
  沖縄戦後、アメリカが支配し、銃剣とブルドーザーにより、沖縄各地に基地を建設しました。基地はアメリカによる朝鮮戦争、ベトナム戦争で一層強化されました。米ソ冷戦が終っても、沖縄には平和は訪れず、アメリカの地域紛争に対応するという軍事戦略により、さらに強化されました。基地による事件・事故が絶えないなかで、沖縄では1995年に少女暴行事件が起きました。2000年には嘉手納基地包囲行動がありました。
  
  2001年9・11事件以降、アメリカは、アフガニスタン攻撃、イラク攻撃などの戦争にあけくれ、日本の自衛隊もイラクに派兵されました。しかし、市民の反戦の闘いは2008年に空自のイラクでの活動を違憲とする判決を勝ちとりました。
  
■過去の戦争の正当化と歴史否定

  2007年沖縄では、政府が教科書で「集団自決」での軍による強制を削除させることが問題になりました。それは政府による歴史否定であり、大きな抗議行動が起きたのです。
  最近の朝鮮人強制労働をめぐる日韓の動きも強制労働の歴史否定によるものです。2018年の朝鮮人強制動員に関する韓国大法院の判決は、戦時の強制動員を反人道的不法行為とし、被害者の損害賠償権を認め、尊厳の回復をすすめるものでした。それは現代の国際人権法、人道法をふまえた判決でしたが、日本政府は無視しました。そして、強制労働の用語を適切ではないと閣議決定し、教科書から消してしまいました。
  歴史否定の動きは、過去の戦争を正当化することによるものです。それは東アジアでの戦争準備の一環です。
  
■南西諸島へのミサイル配備

  近年の戦争の特徴は、宇宙の軍事化、予防先制攻撃、シームレス(平時と軍事の連続性)です。
  日米同盟の強化の中で、2014年、安倍政権は集団的自衛権の行使を認め、2015年には戦争法を制定しました。存立危機事態で日本は集団的自衛権を行使し、重要影響事態では米軍を後方支援します。自衛隊をグローバルに派兵できるようになりました。
 日米同盟下で、日本の軍事力の強化がねらわれています。2022年12月、安保3文書が閣議決定されました。3文書は国家安産保障戦略、国家防衛戦略、防衛力整備計画ですが、それは、戦争の方針、兵力、どう使うかを示したものです。

  国家安全保障戦略の特徴は「敵基地攻撃能力」(「反撃能力」)の保有です。ミサイル部隊を強化し、中国との戦争を想定するものです。反撃能力とは、先制攻撃をするということです。ミサイル配備・開発がすすみ、「継戦能力」が重視され、司令部の地下化もすすめられます。航空自衛隊は航空宇宙自衛隊に名称変更します。
  このなかで、今回の展示にもあるように、南西諸島へのミサイル配備が始まっているわけです。

■非軍事の平和を

  沖縄には独自の琉球文化があり、沖縄語も存在します。沖縄での、沖縄人・琉球人の先住民族としての権利の確立をすすめるべきです。国連も2008年に勧告を出し、先住民族として認めています。
  19世紀以後の植民地支配の実態を直視し、戦争での強制動員を謝罪・賠償させるべきでしょう。そして沖縄での自治権を確立し、非軍事地帯とすべきでしょう。
  現在、沖縄は日米の軍事植民地となっています。植民地主義は克服されていません。日本では沖縄植民地支配の歴史認識が弱く、日本政府は沖縄人・琉球人の先住民族としての権利、自己決定権を認めていません。
  それに対し、植民地支配の歴史をとらえ直し、いまも続く植民地主義の問題を直視すべきです。そして沖縄民衆の自己決定権を基礎とした非軍事の枠組みを追及すべきと思います。
          *************
                      
 話を聞き、日本は韓国や沖縄を植民地とし、皇民化政策を強要したが、その謝罪も賠償もなされないまま、現在まで引き継がれ、負の遺産として残っている、と感じました。 (佐野)

10:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/06/12

報告★2023.6.9「官邸前行動」 …. 「与那国島をどうするつもりだ!?」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
Fujiko Utasyaさんのfacebookより
***********
2023.6.9「官邸前行動」 ….
「与那国島をどうするつもりだ!?」
2005年 3月・島の将来像を掲げた
「与那国・自力へのビジョン」  ….
「自治と自律の島」「交流の島」「自立経済の島」「環境共生の島」「IT活用の島」「安心の島」「癒しの島」「長寿と子宝の島」 ….
このビジョンを奪ったのは誰だ ….
それは国や防衛省だけではない ….
本土と呼ばれる場所に住む私たち一人一人が奪ったのだー!!
他人事のように ….
見てみぬふりをして ….
対岸の火事を見ているように ….
炎が飛んで来なければそれでいい ….
そう思っていた私たち一人一人の責任は大きいです  …..
与那国島の基地建設を止める事が出来ていたら奄美大島・宮古島・石垣島・馬毛島の基地建設も止めることができたかも知れない…それが悔やしいです

10:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/06/12

沖縄戦戦没者の名前読み上げ&静岡駅地下で街頭宣伝

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
*************** · 
今月1日、沖縄で始まった、沖縄戦戦没者の名前読み上げ、今日は沖縄を語る会が、静岡県出身者の1715人の読み上げを担当しました。 その後は、静岡駅地下で街宣。 月末の写真展で使う横断幕を使わしてもらいました。

09:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/05/30

<活動報告>5/29埼玉県川口市【島じまスタンディング】

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
********************
2023.5.29(月)【島じまスタンディング】
雨の川口駅前 ….
いつもは駅から続くデッキの上でのスタンディングだけれど ….
今日は雨ふりのため場所を移動してのスタンディングに  ….
バス停が近くにあり ….
横断歩道もすぐ目の前に ….
バス停でバスを待っている人達の側に駆け寄りチラシを受け取って貰い ….
信号の変わるのを待っている人たちの側にも ….
雨ふりのスタンディングだけれど …
雨ふりのわりにはチラシの受け取りは良かったと思います ….
チラシを受け取って貰えるだけでも感謝なのにカンパをくださる方も ….
ありがとうございます ….
チラシ代に使わせて頂きます ….
南の島じまの現状を少しでも知って貰いたい ….
南の島じまのことを少しでも自分のこととして捉えて貰いたい ….
今日のスタンディングで少しでも何かを感じて貰えたら嬉しいです ….
小さな声でもーこれからも声をあげ続けていきたいと思います !!
島じまの人達と一緒に声をあげ続けていきたいと思います ….
島じまを二度と戦場にするな   !!
島じまを二度と捨て石にするな   !!
   NO WAR       NO BASE
                        命どぅ宝
 戦争のない平和な世でありますように …

13:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/05/22

あいち沖縄会議の街宣活動

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
********** 
あいち沖縄会議の街宣。北谷町での平和集会に連帯をして、新しい横断幕を初登場。

10:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/05/10

5/6横浜ノースドック(米軍専用桟橋)への米軍揚陸艇部隊の配備に反対!

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
****************
5月6日 横浜ノースドック(米軍専用桟橋)に近い、桜木町駅前、東神奈川駅前で「米軍揚陸艇部隊の配備に反対!」の情宣活動を「戦争をさせないかながわの会」の呼びかけで行いました。

「1月の2プラス2(日米外務防衛相会合)では、同時に沖縄海兵隊部隊を“海兵沿岸連隊(MLR)”という名前の部隊に再編して、戦争の際に南西諸島(琉球弧)をはじめとする島々に配置することも合意されました。横浜への小型揚陸艇部隊新設は、この、南西諸島(琉球弧)をはじめとする日本列島を戦場にして戦う部隊や装備の輸送を担うためと考えられます。部隊配備によって横浜が、戦争の準備と遂行のための主要拠点にもなるということです。横浜は平和宣言都市宣言の街です。戦争準備で平和は作れません。加害者にも被害者にもならないために、米陸軍揚陸艇部隊配備に反対します」(当日配布したビラより)

14:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/03/17

「静岡・沖縄を語る会」会報第57号(2023年3月15日発行)を発行しました

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
「静岡・沖縄を語る会」会報第57号(2023年3月15日発行)を発行しました。
以下からダウンロードしてください。
「靜岡・沖縄を語る会」会報アーカイブ
14:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
12345