緑の星の緑の島
 

検索

IMAGINE

ユーザーマニュアル

◎本サイトは、ネットコモンズ2(CMS)で制作しています。本サイトの活用方法やプライベートアイランド(個人のお部屋)のデザインカスタマイズについて知りたい方は、ネットコモンズ・マニュアルのページを参照してください(管理者)。
 
COUNTER1350117

島と海:情報と交流

日本や海外の島の情報(文献や写真など)のデータベースを作って提供します。また、島の出身者同士、島に関心のある人の交流を図ります。
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。
情報
島仲間交流ひろば
12
2017/04/28

【島News】有人国境離島地域71島の保全に向けて。内閣府,説明会開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://ritokei.com/article/news/8646

【島News】有人国境離島地域71島の保全に向けて。内閣府による関係地方公共団体説明会開催

離島経済新聞社2017.04.25

 

418日、「有人国境離島法」の基本方針や新たに創設された「特定有人国境離島地域社会維持推進交付金」などについて、関係都道県および市町村担当者を対象に、内閣府総合海洋政策推進事務局による説明会が開かれた。

 

今年4月に施行された「有人国境離島地域の保全及び特定有人国境離島地域に係る地域社会の維持に関する特別措置法(以下「有人国境離島法」)は、人口減少が進む国境離島地域の無人化を防ぎ、国境離島を保全していくことを目的に制定された10年間の時限立法だ。

 

特定有人国境離島地域の対象は、北海道、東京、新潟、石川、島根、山口、長崎、鹿児島の8都道県、計71島。

 

同法の施行に伴い「人口が定常的に社会増となる状態(転入者が転出者を上回る状態)を実現」することを基本目標に据えた「特定有人国境離島地域社会維持推進交付金」も創設され、対象地域では交付金を活用した住民運賃や輸送コストの低廉化、雇用機会の拡充、滞在型観光促進などの事業がスタートしている。

 

418日に開かれた説明会では、内閣府の担当官が同法の基本方針や交付金の執行をはじめとした、今後の事務手続き等について情報共有。

 

対象地域の地域産品や、観光資源の戦略的な販路拡大、情報発信等を行うプロジェクトの推進を目的に設置された「特定有人国境離島地域プロジェクト推進アドバイザー」制度の紹介も行われた。

 

内閣府総合海洋政策推進事務局の担当官は「人口減少は待ったなし。10年間という限られた時間の中で、難しいミッションをみなさんと一緒に達成したい。国は全力で支援するので、地域がしっかりと主役になってもらいたい」と挨拶し、制度活用への期待を語った。

 

また、説明会の直前には旅行代理店13社と、各自治体による合同会議が開催され、交付金を活用した滞在型観光施策に関するプレゼンテーションが行われた。

 

交付金の総額は年間50億円規模で、これに各自治体の予算が加わる。各島の今後の動きに注目したい。


21:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2015/11/30

口永良部、12月25日帰島へ 希望住民対象に屋久島町

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015113001001947.html

口永良部、12月25日帰島へ 希望住民対象に屋久島町

20151130 1839分東京新聞

 鹿児島県屋久島町は30日、噴火による全島避難が続く口永良部島の住民を12月25日に帰島させる日程を固めた。警戒範囲の縮小を受けたインフラ復旧の作業完了にめどがついたためだ。帰島は海上の天候などを見極めた上で、希望する住民を対象に実施する。実現すれば、ほぼ7カ月ぶりの帰島。

 島は現地対策班が常駐してインフラの復旧が進んでおり、これまでに電気や水道がほぼ復旧。屋久島の学校に通っている小中学生の終業式が12月24日のため、町は25日の帰島が妥当と判断した。

 避難した85世帯136人は屋久島の仮設住宅や親戚宅などに身を寄せている。

(共同)


22:49 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2015/06/07

元ちとせ、平和への思いを込め、『平和元年』発売決定!

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://blogs.yahoo.co.jp/honjyofag/65663998.html

元ちとせ、平和への思いを込めたカヴァーアルバム『平和元年』発売決定!

 2002年の「ワダツミの木」での社会現象を引き起こした衝撃のデビューを経て、2014年にはスライ&ロビーとの作品がグラミー賞にノミネートされるなど、日本を代表するシンガー・元ちとせ。2人の子供の母親でもあり、故郷・奄美大島に生活拠点をおき独自のスタンスで活動を続ける彼女が、終戦70周年となる2015年、“忘れない~繰り返さない”というコンセプトのもと、「今こそもう1度、平和を真剣に考える年になって欲しい」、という平和への思いをこめたカヴァーアルバム『平和元年(へいわがんねん)』を7月22日にリリースすることが発表された。

2011年8月31日にシングルでリリースされた「永遠(トワ)の調べ」以外はすべて新録作品となり、谷川俊太郎、寺山修司、あがた森魚、松任谷由実らによる作詞楽曲や、中川五郎、加藤登紀子、岩谷時子らが日本語詞を手掛ける洋楽曲まで、全編を通じて、日本語の美しさも感じられるアルバムとなっている。

元ちとせからは今作へ込めた思いを次のように寄せている。「戦後60年が経った2005年、過去に戦争があった事を風化させない為にと思い、坂本龍一氏とのコラボレーション曲「死んだ女の子」を発表しました。戦後70年を迎える今年、『平和を祈る思い』『忘れない、繰り返さないという願い』をシンガーとして歌い継ぎ、母として残して行ければと思い、レコーディングに臨みました。このアルバム『平和元年』が、平和を思うきっかけになってくれればと思っています。」

サウンド・プロデューサーは、デビュー前から元ちとせの制作活動を支える間宮 工(まみや たくみ)が担当。元ちとせの魅力を最大限に生かしたアレンジを施しつつ、全曲ギターでも参加している。「美しき五月のパリ」「死んだ男の残したものは」「ケ・サラ」は、ドラムにASA-CHANG(アサチャン)、ベースに沖山優司、キーボードにDr.kyOnが、「腰まで泥まみれ」「スラバヤ通りの妹へ」「最后のダンスステップ」にはルースターズのドラム池畑潤二、ベース井上富雄が参加。また、「最后のダンスステップ」では、デュエット相手に今作の趣旨に賛同した佐野史郎が参加するなど、熟練の個性あるメンバーにより充実の音世界が構築されている。

佐野史郎からは、以下のコメントが寄せられている。
「このアルバム『平和元年』の選曲に唸らされました。60年代終盤から70年代初頭にかけて、思春期に心奪われた楽曲の数々。戦後70年を迎える今、歌い継がれてきたこれらの作品が、元ちとせさんの声により「今」の唄として新たに我々の胸に突き刺さる。参加させていただき光栄です。」

また、今回、元ちとせが戦後60周年の年に、坂本龍一プロデュースにより世に出した「死んだ女の子」を収録することも決定した。これまでも、広島の原爆ドームの前や、岡本太郎が原爆の炸裂する瞬間を描いた『明日の神話』の前で歌うなど、平和への思いを込め歌い続けてきた楽曲で、毎年夏に期間限定配信をしてきたが、永久仕様となるCDの通常盤に収録されるのは、今回が初となる。

収録曲は以下の通り。
1. 腰まで泥まみれ(作詞作曲:ピート・シーガー 訳詞:中川五郎)
2. スラバヤ通りの妹へ(作詞作曲:松任谷由実)
3. 美しき五月のパリ(作者不詳 日本語詞:加藤登紀子)
4. ユエの流れ(作詞:桐雄二郎 作曲:須摩洋朔)
5. リリー・マルレーン(訳詩:片桐和子)
6. 最后のダンスステップ(作詞作曲:あがた森魚)
7. 戦争は知らない(作詞:寺山修司 作曲:加藤ヒロシ)
8. 死んだ男の残したものは(作詞:谷川俊太郎 作曲:武満徹)
9. ケ・サラ(訳詩:岩谷時子)
10. 永遠の調べ(日本語詞:HUSSY_R)
11. 死んだ女の子(作詞・ナシム・ヒクメット 作曲:外山雄三 編曲:坂本龍一)
12. さとうきび畑(作詞作曲:寺島尚彦)

戦後70年。1人1人が、“平和とは何か”を考えるきっかけとなる作品になるに違いない。

08:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2015/05/23

第7回太平洋・島サミット(PALM7)「福島・いわき宣言」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/ocn/page4_001213.html

第7回太平洋・島サミット(PALM7)「福島・いわき宣言-共に創る豊かな未来-」(仮訳)

平成27年5月23日
1 冒頭

1 日本並びに太平洋諸島フォーラム(PIF)の加盟国であるオーストラリア,クック諸島,ミクロネシア連邦、フィジー,キリバス,マーシャル諸島共和国,ナウル,ニュージーランド,ニウエ,パラオ,パプアニューギニア,サモア,ソロモン諸島,トンガ,ツバル及びバヌアツの首脳及び代表(以下,「首脳」という。)は,2015年5月22日及び23日に第7回太平洋・島サミットのため福島県いわき市で会合した。首脳は,第7回太平洋・島サミットの成功に向け,共同議長である安倍晋三内閣総理大臣及びトミー・E・レメンゲサウ・Jr.パラオ大統領が果たした指導力に謝意を表明した。

2 首脳は,日本政府による第7回太平洋・島サミットの開催及び滞在中の日本国民による温かい歓迎に謝意を表明した。首脳は,内堀雅雄福島県知事及び福島県民並びに清水敏男いわき市長及びいわき市民による温かく寛大なもてなしに謝意を表明した。

3 安倍総理は,第7回太平洋・島サミットに出席するため,首脳が福島県いわき市を訪問したことに謝意を表明するとともに,福島県いわき市において同サミットを開催することの意義を強調した。安倍総理は,東日本大震災後,太平洋地域を始めとする世界中から頂いた多くの支援に深い謝意を表明した。また,安倍総理は,東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故からの復興のため,日本の政府及び国民が総力を挙げて取り組んでいることを強調した。首脳は,福島県いわき市を訪問する貴重な機会を得られたことを感謝し,着実な復興を認識するとともに,いわき市及び福島県の人々の不屈の精神及びたゆまぬ努力を賞賛した。

4 首脳は,フィジーが,2014年9月に総選挙を平和裡かつ成功裡に実施したことを評価し,フィジーにおける民主化の着実な定着に高い期待を表明した。首脳は,太平洋地域におけるフィジーの重要な役割を十分に認識し,第7回太平洋・島サミットへのジョサイア・ヴォレンゲ・バイニマラマ・フィジー首相の参加を歓迎した。
(以下略)


16:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2015/03/26

世界遺産・屋久島、入山料導入へ 16年度から千~2千円で調整

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015032601001792.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
 鹿児島県屋久島町や県などでつくる検討会議は26日、世界自然遺産・屋久島の登山客から協力金として入山料を徴収する方針を決めた。環境保全に充てる資金を確保するのが目的で、強制力はない。日帰りの場合は1人千~1500円の範囲で、山小屋などの宿泊客は2千円を目安とする方向で調整、2016年度の導入を目指す。

 町は6月にも議会に関連する条例案を提出する方針だが、地元では既に協力金を求めている団体が複数あり、調整に時間がかかる可能性もある。

 検討会議の案では、縄文杉などに通じる登山口3カ所で徴収する。中学生以上が対象。

(共同)

22:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2013/10/23

11/3東京八幡会(屋久島八幡校区出身者の会)があります

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
11月3日午後1時より、恒例の鹿児島県屋久島八幡校区出身者の会が
・東京四谷にある主婦会館エフプラザで開かれます。出身者およびその家族、ゆかりの方はぜひご参加ください。
 連絡は幹事(渡辺090-8582-2739 
yukwatan@erix.com)まで。

07:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2013/10/16

大島町の死者17人、行方不明43人 台風26号

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000039-asahi-soci

朝日新聞デジタル 10月16日(水)16時13分配信

                    

 大型で強い台風26号は16日、関東や東北南部などを暴風域に巻き込みながら日本の東海上を北上し、同日午後3時ごろに三陸沖で温帯低気圧になった。東京都大島町(伊豆大島)では記録的な大雨となり、土石流が発生。警視庁と町によると午後9時半現在、17人が死亡し、ほかに43人が行方不明。首都圏各地でも死者が1人、行方不明者が3人出た。

 町や都によると、家屋倒壊などの被害が出たのは町中心部の元町地区。午前3時ごろ、土砂崩れが起きて土砂が沢をせき止め、土石流が発生。土砂災害は2カ所で起きたとみられる。住宅約30戸が全半壊し、ほかに250戸程度が被害を受けたとみられる。警視庁は夜通し捜索を続ける。

 気象庁によると、伊豆大島では16日午前4時前までの1時間に122・5ミリの猛烈な雨が降り、16日午前8時20分までの24時間雨量は824ミリと観測史上1位。平年の10月の1カ月分の雨量の2倍以上が1日で降った計算だ。

 伊豆大島は人口8365人(9月現在)。1986年に島中央部の三原山が噴火し、町民が一時、全島避難した。

 このほか、東京都町田市森野6丁目の境川で、相模原市中央区の無職佐藤保子さん(67)が流されているのが見つかり、死亡が確認された。神奈川県二宮町山西の梅沢海岸では、小学6年の男児2人が波に流されて行方不明となり、千葉県成田市成毛では民家の裏山が崩れ、住民の男性(56)と連絡が取れなくなった。

 総務省消防庁の午後10時現在のまとめでは、全国で重傷が16人、軽傷が60人。このうち岩手、宮城、福島の3県でも計6人が重軽傷を負った。

 16日午前までの24時間雨量は茨城県鹿嶋市(362・5ミリ)、千葉県香取市(351・5ミリ)、千葉県成田市(327ミリ)などでも観測記録を更新した。

 最大瞬間風速は千葉県銚子市で46・1メートルを観測、東京都八丈島で44・7メートル、千葉県館山市でも38・5メートルを記録した。

朝日新聞社


23:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2013/10/13

10/14東京 関東宮良郷友会創立30周年記念「郷土芸能東京公演」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
http://habu-connection.jp/?p=7970
10/14(祝)成底ゆう子出演!関東宮良郷友会創立30周年記念「郷土芸能東京公演」開催!
 
石垣島・宮良地区出身者からなる関東宮良郷友が、創立30周年を記念し「郷土芸能東京公演」を開催。当日は、石垣島から唄者や青年会なども加勢し、宮良村に伝わる郷土芸能を披露。「とぅばらまー大会」最優秀受賞者による共演など、関東ではなかなか見ることのできない内容となっている。また宮良地区出身の成底ゆう子も友情出演する。一般も入場可能なので、八重山の郷土芸能を見てみてはいかがだろうか。

■日時 10月14日(祝) 会場12:00 開演12:30
■会場 浅草公会堂 大ホール
■料金 3000円(全席自由席)
■ご予約・お問い合わせ
関東宮良郷友会創立30周年記念公演事務局 045-242-9771 090-6177-2375  miyaraputu@mail.goo.ne.jp

<主催>  関東宮良郷友会
<後援>  宮良公民館・東京八重山郷友会連合会


16:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2013/10/09

10/12東京「しまのがっこう 第16回 島の交通研究会」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

 

-島と島、人と人を結ぶ交通の課題- (水上機セミナー第2回)

------------------------------------------------

 

●日時 2013年10月12日(土)13301700 1315開場)

 

●会場 千代田区神田公園区民館 5階 (予定)

 東京都千代田区神田司町2-2 TEL03-3252-7691

 アクセスは、JR神田駅、地下鉄淡路町駅・小川町駅から徒歩5

 地図→ http://yahoo.jp/x-bVmn

 

●内容

 本土と離島の格差の一つに交通問題があります。島々を結ぶ航路・航空路がないため、海人の時代に黒潮でつながっていた交流が途切れています。経済効率から見れば、不採算航路を維持する価値はないかもしれませんが、自由に海洋を行来していた島人の文化が日本の源流となっていることを考えれば、途絶えた航路を復活させ、新しい航空路を創る意味があるのかもしれません。

 空と海で、島と島、人と人を結ぶ交通の課題について、ご参加の皆様と一緒に考えたいと思います。

  

※詳しくは、http://shimakouryu.seesaa.net/article/374325088.html

※内容など変更する場合がありますのであらかじめご了承ください​

※終了後、交流会を予定しています。お気軽にご参加くだ​さい。

 

●主催 かごしま・島交流の会

●共催 市民キャビネット農都地域部会

●定員 20名(申込み先着順)

●参加費 2,000円(学生、しまのがっこうML会員は半額)

●お申込み WEBフォーム(http://goo.gl/t6NyYE)からお願いします。

 

------------------------------------------------

■お問い合わせ・ご連絡先

かごしま・島交流の会 事務局 E-mail shimakouryu@iju.jp  TEL 080-5485-1440(杉浦)

http://shimakouryu.iju.jp/ 



23:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2013/10/05

10/19東京「屋久島の未来のビジョンを考えるワークショップ」

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

<「しまのがっこうML」より転載>
もしもあなたが屋久島長の町長になったら何をしますか?  

実はそんなことを考えてみる企画があるのです。 1019()午後に、渋谷近くで 屋久島の未来のビジョンを
考えるワークショップが開催されます。 
このワークショップには、本物の屋久島町長 荒木耕治(あらきこうじ)様が来られます。また在京の屋久島出身者が多数
来場されます。 

屋久島に何度も行った方も、まだ行っていない方も、参加費無料でリアルな屋久島を体感できるイベントです。
屋久島のことを知りたい!でも良し、屋久島について何かを伝えたい!でも良しの双方向のワークショップです。

是非 参加をお待ちしております。

終了後は懇親会(有料、希望者のみ)も予定されていますので、こちらも是非 ご検討ください。

詳しくは下記ご案内および添付ファイルをご覧いただきお申込ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日 時:20131019日(土) 13時~16時(開場1245分)

会 場:環境パートナーシッププラザ セミナースペース (国連大学1階)
アクセス:東京メトロ表参道駅徒歩5分、 JR・東急・東京メトロ渋谷駅徒歩10
参加費:無料(懇親会 希望者のみ 会費\1,000
定 員:40名(先着順)

参加方法:お名前・年代・連絡先・参加人数をご記入のうえ下記連絡先までe-mail、定員オーバーの場合のみ連絡致します。

電話またはFAX1017()までにお申し込みください。

連絡先:屋久島イベント実行委員会まで 
TEL:03-5322-3221(株式会社ジェイプランニング内) FAX:03-3227-0032 
 e-mail:t-maki@kjp.co.jp

問合せ先(当日含む):090-3206-5700 担当 宮寺
主催:屋久島イベント実行委員会  後援:屋久島町、関東屋久島会

18:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
12
書籍・資料情報