静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1668173






 

連想検索

ブログ記事・注目ニュース紹介

2023/01/16

次の大戦の最初の戦い――中国による台湾侵攻を想定したウォーゲーム

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
2023年1月13日 15:00 小西 誠

2023年1月 CSIS国際安全保障プログラムの報告書
マーク・F・カン、シアン マシュー・カンシアン、エリック・ヘギンボサム

編集者註 
米国シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)による「台湾有事のウォーゲーム」は、2026年に「台湾有事」事態が発生したことを想定したもので、約1カ月間の中国軍対日米台軍の戦争をシュミレーションしたものである。
本文に見るように、このシュミレーションは、24回にわたり、いくつもの想定を替えて実施されたとされるが、最も可能性が高いとされる基本シナリオでは、米軍の潜水艦や爆撃機、戦闘機は、自衛隊の支援も得て中国の強襲揚陸艦隊を無力化したが、米軍は空母2隻ほか多数の艦艇、航空機を270機を失うとされ、日本もまた、多数の艦艇、航空機を失うと想定された(本文参照)。
また、米軍兵士は、最大で約1万人の死傷者が生じるとされているが、自衛隊の死傷者は明記されていないが、ほぼ同数の死傷者が生じると思われる。
そして、このいずれの想定でも、中国軍が台湾へ強襲上陸作戦を行った場合、ほとんど壊滅状態だったことが示されている。

つまり、これは中国側からする、「台湾武力解放」=台湾占領が、実際上からも不可能であることの示唆である。
このCSISの軍事的結論は重要である。
昨年から、自衛隊制服組を中心にしながら、「台湾有事」の様々なシナリオが唱えられつつあるが、いずれの「台湾有事シナリオ」なるものも、荒唐無稽の類いである。
日本の軍事費2倍化――その核心は、琉球列島のミサイル攻撃基地化であり、「台湾有事」態勢であるが、この事態が急ピッチで進むなか、「台湾有事」の本当の実態(その荒唐無稽さを含む)を知り、そのもたらす凄まじい結果を予測することも必要である。

繰り返すが、このシュミレーションは、中国軍対米日台貴軍の戦闘の「約1カ月」の結果である。もしも、実際の戦闘が始まれば、この「第1会戦」の後(双方の勝敗なし)、数年後には戦力回復後の「第2会戦」が始まるだろうし、その戦争はいずれにしろ、アジア太平洋全域での戦争へ、そして世界核戦争へ広がっていくことは不可避だ。
(CSISの結論も、「最後に、戦争はこの初期段階を経た後も終結せず、数ヶ月あるいは数年間引きずるかもしれない。紛争は、定期的な停戦を伴うエピソード風なものになるかもしれない。このプロジェクトが「次の戦争の最初の戦い」と呼ばれているのには理由がある」としている)。
本来、CSISのシュミレーションは、この戦争の最終的結果までもシナリオを書いておくべきであった。

私たちは、今現在、日本の防衛費2倍化――日米の南西シフト発動(2023/1/12、日米安全保障協議委員会(2+2))の中、アジア太平洋――琉球列島の島々で何が起こっているのかを把握するためにも、この戦争の「予測される実態」を把握すべきである。

なお、このCSISの「台湾有事」の予測は、軍隊の被害予測は行っても、その戦争に渦中にたたき込まれる、沖縄(日本)・台湾の市民の犠牲については全く触れてもいないし、考慮してもいない。この予測をしない現代戦争のシュミレーションは、重大な欠陥をもっていると言わねばならない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目次
●全体の要約
●成功の条件
●政治と戦略
●理念
●兵器とプラットフォーム
●中国の経済と軍事台頭
●台湾は最も危険な米中間の一触即発の場所
●ウクライナの戦争との類似点と相違点
●機密扱いのウォーゲームの透明性の欠如
●運用成果を検証するウォーゲームの必要性

●全体の要約
・もし、中国が台湾への水陸両用侵攻を試みたらどうなるのか? 
CSISは、中国が台湾に水陸両用で侵攻した場合のウォーゲームを開発し、24回実行した。ほとんどのシナリオで、米国・台湾・日本は、中国による通常の水陸両用侵攻を撃退した。

・この防衛には大きな犠牲が伴った。
米国とその同盟国は、数十隻の艦船、数百機の航空機、数万人の軍人を失った。台湾は経済的な打撃を受けた。
さらに、この大きな損失は、長年にわたって米国の世界的な地位を損なった。中国も大きな損失を被り、台湾の占領に失敗すれば、中国共産党の支配が不安定になる。

・米国の高官や民間の専門家も、中国が台湾を統一することに懸念を表明している。中国の意図は不明だが、軍事侵攻はあり得ない話ではなく、中国にとって「台湾問題」の最も危険な解決策となるため、米国の国家安全保障論で注目されるのは当然である。米軍にとって「台湾有事はペーシングシナリオ」であるため、非常に重要。

・このCSISプロジェクトでは、2026年に中国が台湾に水陸両用で侵攻した場合を想定し、歴史データとオペレーションズ・リサーチを用いてウォーゲームを設計した。いくつかのルールは、中国軍とのアナロジーを用いて設計。

・基本的シナリオは、全部で 24 回の繰り返しにより、紛争の輪郭が描かれ、米国が直面する主要な脅威について首尾一貫した厳密な図を作成。

●結果はー
中国は、開戦直後の砲撃で台湾の海軍と空軍の大半を破壊する。中国海軍は強力なロケット部隊で台湾を包囲し、包囲された台湾への船や航空機の輸送を妨害する。何万人もの中国兵が軍の水陸両用船と民間のロールオン、ロールオフ船で海峡を渡り、空襲と空挺部隊がビーチヘッド(橋頭堡)の後ろに上陸した。

・しかし、最も可能性の高い「基本シナリオ」では、中国軍の侵攻はすぐに判明する。
・中国の大規模な砲撃にもかかわらず、台湾の地上軍は海岸線に待ち構え、侵略者は物資の補給と内陸部への移動に苦心する。
・一方、米軍の潜水艦、爆撃機、戦闘機、攻撃機は、しばしば日本の自衛隊によって強化され、中国の水陸両用艦隊を急速に麻痺させる。
・中国が日本の基地や米軍の水上艦船を攻撃しても、この結果を変えることはできない。台湾の自治は維持される。
・ここには一つの大きな前提がある。台湾は抵抗しなければならず、降伏してはならない。米軍を投入する前に台湾が降伏してしまえば、あとは無益なことになる。

・この防衛には、高いコストがかかる。
・日米両国は、何十隻もの艦船、何百機もの航空機、そして何千人もの軍人を失う。
・このような損失は、何年にもわたって米国の世界的地位を損ねることになる。
・台湾の軍隊は壊れていないものの、著しく劣化しており、防衛のために放置されているのは電気も基本的なサービスもない島で、経済がダメージを受ける。中国も大きな被害を受けている。
・中国海軍は壊滅状態、水陸両用部隊の中核は崩壊し、何万人もの兵士が捕虜となっている。

●成功の条件
24回のゲームの繰り返しを分析した結果、中国の侵略に打ち勝つための4つの必要条件が示された。

1. 台湾軍は戦線を維持しなければならない。
台湾の地上軍を強化する。中国軍の一部は常に台湾に上陸するため、台湾の陸上部隊はいかなる上陸地点も封じ込め、中国の兵站が弱まったところで強力に反撃できる能力が必要である。しかし、台湾の地上軍には大きな弱点がある。そのため、台湾は隊員を補充し、厳しい統合訓練を行わなければならない。陸上部隊は台湾の防衛努力の中心とならなければならない。

2. 台湾に「ウクライナモデル」は存在しない。
平時には、米国と台湾が協力して台湾に必要な兵器を提供しなければならない。戦時には、米国が台湾防衛を決定した場合、米軍は速やかに直接戦闘に従事しなければならない。
ウクライナ戦争では、米国と北大西洋条約機構(NATO)は、直接戦闘に部隊を派遣していないが、大量のの機材や物資をウクライナに供給している。ロシアはこの陸路の流れを阻止することができない。
しかし、中国は台湾を数週間あるいは数ヶ月間孤立させることができるため、「ウクライナモデル」を台湾で再現することはできない。台湾は必要なものをすべて持って戦争を始めなければならない。さらに、米国による遅延や中途半端な措置は、防衛を困難にし、米国の犠牲者を増やし、中国がより強力な拠点を作ることを許し、エスカレートのリスクを高めることになる。

3. 米国は日本国内の基地を戦闘行為に使用できるようにする必要がある。
日本との外交的・軍事的関係を深める。他の同盟国(オーストラリアや韓国など)も中国との広範な競争において重要であり、台湾の防衛において何らかの役割を果たすかもしれないが、日本が要となる。在日米軍基地の使用なしには、米国の戦闘機・攻撃機は効果的に戦争に参加できない。

米国は、中国の防御圏外から中国艦隊を迅速かつ大量に攻撃できるようにしなければならない。長距離対艦巡航ミサイルの兵器を増産する。スタンドオフ対艦ミサイルを発射できる爆撃機は、米国の損失を最小限に抑えながら侵攻を撃退する最短の方法である。このようなミサイルを調達し、既存のミサイルをこの対艦能力で改良することが、調達の最優先事項である必要がある。

●政治と戦略
▪ 戦争計画の前提を明確にする。戦前の台湾や中立国への派兵を前提とした戦争計画と、政治的現実の間には、一見したところギャップがある。

▪ 中国本土を攻撃する計画を立ててはならない。核保有国とのエスカレーションの重大なリスクのため、国家司令部が許可を留保する可能性がある。

▪ 多くの死傷者を出しても作戦を継続する必要性を認識すること。3週間後には、米国はイラクとアフガニスタンでの20年間の戦争の約半分の死傷者を被ることになる。

▪ 台湾の空軍と海軍の戦力を非対称化する。「ヤマアラシ戦略」の採用が叫ばれているにもかかわらず、台湾はいまだに国防予算の大半を、中国がすぐに破壊してしまうような高価な艦船や航空機に費やしている。

●理念
▪ 日本とグアムの航空基地を強化・拡充する。分散・強化でミサイル攻撃の効果を薄める。
▪ 米空軍のドクトリンを改訂し、地上での航空機の生存能力を高めるための調達を再構築する。航空機の損失の9割は地上で発生した。
▪ 中国大陸の上空を飛行する計画を立ててはならない。中国の防空は強力すぎるし、目標が作戦結果を出すのに時間がかかるし、台湾周辺の航空任務が優先される。
▪ 海兵隊沿岸連隊と陸軍の多領域任務部隊の限界を認識し、その数を制限すること。これらの部隊は中国に対抗するために設計され、ある程度の価値を提供しているが、政治的、作戦的な困難から、その有用性には限界がある。
▪ 脆弱性を生むような危機的な配備は避ける。軍事ドクトリンでは、危機の際に抑止力を高めるために前方展開することになっているが、こうした部隊は魅力的なターゲットとなる。

●兵器とプラットフォーム
▪ より小型で生存性の高い艦船にシフトし、不具合のある艦船や多重沈没に対処するための救助メカニズムを開発する。水上艦は極めて脆弱であり、米国はゲームの繰り返しで、通常2隻の空母と10~20隻の大型水上戦闘機を失う。
・ 潜水艦をはじめとする海底プラットフォームを優先的に投入。潜水艦は中国の守備範囲に入り、中国艦隊を大混乱させることができたが、数は不十分であった。
▪ 極超音速兵器の開発と配備を継続するが、ニッチな兵器であることを認識する。コストが高いため在庫が限られ、膨大な数の中国の航空・海軍プラットフォームに対抗するのに必要な数量に達しない。
▪ 戦闘機よりも爆撃機部隊の維持を優先させる。爆撃機の航続距離、ミサイルのスタンドオフ距離、高い搭載能力は、人民解放軍に困難な課題を突きつけた。
▪ より安価な戦闘機を生産し、ステルス機の取得と非ステルス機の生産を両立させる。紛争初期に多くの航空機が失われたため、空軍は戦闘機・攻撃機が不足し、損失を維持できるだけの大規模な部隊を持たない限り、紛争の二の舞になる危険性がある。

・最後に、このプロジェクトとその提言には、いくつかの注意点がある。侵略のモデル化は、それが不可避である、あるいは可能性が高いということを意味するものではない。
中国指導部は、台湾に対し、外交的孤立、グレーゾーンでの圧力、経済的強制といった戦略を取るかもしれない。仮に中国が軍事力を選択したとしても、それは完全な侵略ではなく、封鎖の形を取るかもしれない。しかし、侵略のリスクは十分に現実的であり、破壊的な可能性があるため、分析する価値はある。(以下略)

20:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース