静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

◎「先島―南西諸島の軍事化・要塞化に抗し、同地域の非武装化を求める共同声明」のご賛同のお願い


◎静岡講演会「ミサイル基地いらない宮古島」現地報告
日時:12月15日(日)13:30~
講師:ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会事務局長

会場:静岡市・静岡労政会館5階




絵文字:お知らせ石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票’求めるChangeOrg署名を!


 

学習用資料


ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト

◎石垣島「市民連絡会」チラシ

 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER29471

奄美群島情報

奄美群島
2019/11/30

江仁屋離島で陸自・海自統合訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

江仁屋離島で陸自・海自統合訓練


 瀬戸内町の無人島・江仁屋離島で今月10~21日、海上自衛隊と陸上自衛隊が、航空機の夜間飛行を含む各種訓練を実施していたことが28日、分かった。防衛省統合幕僚監部が明らかにした。県、瀬戸内町、奄美市には事前に説明していたという。

 

 統幕によると、訓練は全国各地で行われた陸海空の自衛隊統合演習の一環。奄美大島では10~21日、警戒監視や情報収集などを任務とする海自第31航空群(岩国航空基地)と、全国の陸自部隊をまとめる司令塔・陸上総隊が参加。海面に着陸し離陸できる、海自の救難機US2のほか、陸自の多用途ヘリUH60JA、陸自最大の輸送機CH47JAなどを使い、救難訓練や人員捜索、山での行動能力を鍛える訓練などを江仁屋離島で行ったという。12、13日は夜間飛行も行った。参加した人員規模について、統幕は「運用の細部に関わるため言えない」として明らかにしていない。


19:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2019/11/10

奄美大島で島外部隊が演習

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

奄美大島で島外部隊が演習

2019118日 奄美新聞

 

 陸上自衛隊西部方面隊は1021日から、九州・沖縄地方での大規模訓練「2019年度実動演習(01鎮西演習)」を展開している。8日は、奄美大島島外から派遣された部隊の合同訓練と地対空ミサイルなど装備の一部を報道陣に公開。各隊は迅速な作戦行動を展開した。

 同演習は8県全域で行う大規模なもの。島嶼=しょ=部侵攻への対処を目的に実施され、今回は隊員約1万7千人、車両約4500台(戦車や戦闘車を含む)、支援ヘリコプターなど航空機30機が出動している。期間は今月22日まで。

 奄美市笠利町の訓練地(旧奄美空港跡地)では、第3高射特科群第344高射中隊(奄美市駐屯)、高射教導隊(千葉県千葉市駐屯)、第5高射特科中隊(北海道帯広市駐屯)が今月4日から合同訓練を実施。規模は人員約50人、約30車両に上る。

 報道陣を前に、この日は戦闘爆撃機など航空機や巡航ミサイルへの対処を任務とする射程の異なる三つの地対空ミサイル(近・短・中SAM)の動作要領のほか、低空・対空監視レーダ装備を公開。実際にミサイル発射機を立ち上げ、目標の捜索を行うレーダの機動を行った。

 第2高射特科団広報によると、3部隊合同訓練はこれまで例がなく、「複数のミサイル運用部隊による作戦上の連携や運用、即応展開の確認が狙い。住民の理解を深めていただく意味もある」(広報担当)とした。

 平澤大介・第5高射特科中隊長=三等陸佐=は「各部隊の連携が確認できた」と訓練を総括。その上で「近年の情勢への対応を踏まえ錬度向上は重要。あらゆる事態に対処できるよう、継続的な訓練につとめたい」と述べた。

 奄美大島には11月に入り各種部隊が来島している。同島を含め、奄美群島4島では警備や通信など各種訓練を展開中。


16:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2019/11/09

陸自西部方面演習 奄美で訓練公開

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
陸自西部方面演習 奄美で訓練公開[11/08 15:58]MBCニュース

先月から自衛隊の大規模訓練が、九州や沖縄にかけて行われていて、8日、奄美大島でその一部が報道陣に公開されました。


訓練は、九州と沖縄を防衛する陸上自衛隊・西部方面隊が2010年から海上自衛隊と航空自衛隊とも連携して行っている「鎮西演習」です。先月から九州から沖縄までの広い範囲でおよそ1万7000人と車両およそ4500両、航空機およそ35機が参加しています。

8日は奄美市の笠利町で離島への侵攻を想定し、奄美駐屯地に配備されている中距離地対空ミサイル部隊と、北海道帯広の第5高射特科中隊の、近距離地対空ミサイル部隊などおよそ50人が、レーダーで補足した敵の航空機やミサイルなどに対応する訓練が公開されました。

西之表など、県内の11の市や町でも展開されている今回の訓練は、今月22日まで行われる予定です。

19:37 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | ニュース
2019/09/22

日米合同訓練を一部公開

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

日米合同訓練を一部公開

2019921         南海日日新聞 

 陸上自衛隊と米陸軍が奄美市名瀬大熊の陸自奄美駐屯地で合同で行っている訓練「オリエント・シールド19」が20日、訓練の一部を報道陣に公開された。駐屯地で行っている共同警備訓練の一部で、隊員と米兵士が英語で警備要領を確認したり、陸自の装備品を隊員が米兵に解説する様子が見受けられた。


16:06 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | ニュース