静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

沖縄県へ防衛省「変更承認申請」不承認の意見書を送ろう
③設計変更意見書-書式202008.doc


★沖縄★「南西諸島ミサイル基地化の危機」写真・資料展

開催場所:不屈館 那覇市若狭2-21-5

開催日時:202092日(土)~1031日(土)の約2ヶ月間








 

学習用資料

YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER151447

奄美群島情報

奄美群島
2020/07/09

奄美大島★自衛隊奄美駐屯地の訓練の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

Hiraku Kamishimaさんのfacebookから転載させていただきます。

自衛隊奄美駐屯地の訓練の様子です。

https://www.facebook.com/hiraku.kamishima.77

***************************************************

◎朝から近所の漁港では、自衛隊が訓練を行っていました。

予想通り、いよいよ徒歩圏内にある市街地でも訓練を始めてますが、冬は自動小銃抱え行進までしたくせに、先ず水際にしたのはコロナの影響でしょう。事前告知はこの周辺の町内会でしかしてないようで、僕らの耳には知事選挙の放送は聞こえても、この訓練は朝に地元市民団体の方から連絡を頂くまでは寝耳に水。

公民館には張り紙がしてありましたが、知らない人が見たらギョッとするでしょうね。

 

コロナが心配なので、地元市民団体や市議会議員の方らと間合いを図って見学。

迷彩服のまま水に入る奄美警備隊の隊員らは密になってたので、遠くから苦労しました。一日中やるようですが、迷彩服を黒く濡らして水に浸かる隊員らは、和気あいあいで全く緊張感がありません。こんなので大丈夫か?って感じ。

なにしろ幌付きトラックに乗って密集空間のフェリーを使い、密集空間の基地から、同じ密集空間である内地の基地へ出入りしてる隊員。天気だけでなく、何度も言いますけどコロナが非常に心配。バカバカしい訓練で感染したら目も当てられませんので、午前中で見学は終わり帰宅。地元紙の記者さんも来てたので、記事などが明日の新聞に載るはずです。

 

◎ボートを使ったこの訓練。勿論、水遊びみたいなこれらは生活圏内で訓練をしたという既成事実を作るのも含めた、コロナ渦でのリハーサル的な序章に過ぎません。

水路潜入の専門部隊である水陸機動団もいますし、市街地で銃を持った訓練を行うための地均しの一環のは明白。この基地の真下にある漁港も今後は軍事的に使うということですよ。

歓迎会で万歳三唱した町内会にしか事前告知してませんし、国の予算を使った国家公務員による訓練なんですから、せめて市内全域で告知すべきなんですけど、懇意にしてる町内会だけが知る秘密主義で困ったもの。ちなみにここの漁港の管轄は鹿児島県ですから、県知事選のように県レベルで事前告知するのが筋。

ようは、町内会による国家公務員の私物化。内外のオトモダチで権力を私物化する政権が政権ですし、そういう意識が全く無いですからね。恐ろしい事です。

コロナ渦でもこれなんですから、最終的にはアメリカ軍や揚陸艦用の母艦やオスプレイなどとも連動した訓練が容易に想定されます。


23:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/02/09

奄美・瀬戸内町長らが艦艇配備・基地拡充を要望

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

奄美・瀬戸内町長らが艦艇配備・基地拡充を要望

2020.02.07 WING航空新聞 

岩田防衛大臣政務官に要望書を手交

 防衛省では26日、鹿児島県瀬戸内町自衛隊基地対策推進協議会(会長:瀬戸内町長鎌田愛人)が防衛省を訪問し、岩田和親防衛大臣政務官に海上自衛隊奄美基地分遣隊への艦艇配備および基地拡充に対する要望書を手交した。

 海自奄美基地分遣隊は佐世保警備隊の隷下部隊で、所在基地の警備・管理および基地を利用する艦艇・航空機に対する支援を行うことなどを任務としている。1997年に特務船「むずき」が除籍となって以来、海自奄美基地には配備艦艇は無いことから、瀬戸内町自衛隊基地対策推進協議会では、艦艇配備と基地拡充を毎年防衛省に要望している。(以下略)


17:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2019/11/30

江仁屋離島で陸自・海自統合訓練

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

江仁屋離島で陸自・海自統合訓練


 瀬戸内町の無人島・江仁屋離島で今月10~21日、海上自衛隊と陸上自衛隊が、航空機の夜間飛行を含む各種訓練を実施していたことが28日、分かった。防衛省統合幕僚監部が明らかにした。県、瀬戸内町、奄美市には事前に説明していたという。

 

 統幕によると、訓練は全国各地で行われた陸海空の自衛隊統合演習の一環。奄美大島では10~21日、警戒監視や情報収集などを任務とする海自第31航空群(岩国航空基地)と、全国の陸自部隊をまとめる司令塔・陸上総隊が参加。海面に着陸し離陸できる、海自の救難機US2のほか、陸自の多用途ヘリUH60JA、陸自最大の輸送機CH47JAなどを使い、救難訓練や人員捜索、山での行動能力を鍛える訓練などを江仁屋離島で行ったという。12、13日は夜間飛行も行った。参加した人員規模について、統幕は「運用の細部に関わるため言えない」として明らかにしていない。


19:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2019/11/10

奄美大島で島外部隊が演習

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

奄美大島で島外部隊が演習

2019118日 奄美新聞

 

 陸上自衛隊西部方面隊は1021日から、九州・沖縄地方での大規模訓練「2019年度実動演習(01鎮西演習)」を展開している。8日は、奄美大島島外から派遣された部隊の合同訓練と地対空ミサイルなど装備の一部を報道陣に公開。各隊は迅速な作戦行動を展開した。

 同演習は8県全域で行う大規模なもの。島嶼=しょ=部侵攻への対処を目的に実施され、今回は隊員約1万7千人、車両約4500台(戦車や戦闘車を含む)、支援ヘリコプターなど航空機30機が出動している。期間は今月22日まで。

 奄美市笠利町の訓練地(旧奄美空港跡地)では、第3高射特科群第344高射中隊(奄美市駐屯)、高射教導隊(千葉県千葉市駐屯)、第5高射特科中隊(北海道帯広市駐屯)が今月4日から合同訓練を実施。規模は人員約50人、約30車両に上る。

 報道陣を前に、この日は戦闘爆撃機など航空機や巡航ミサイルへの対処を任務とする射程の異なる三つの地対空ミサイル(近・短・中SAM)の動作要領のほか、低空・対空監視レーダ装備を公開。実際にミサイル発射機を立ち上げ、目標の捜索を行うレーダの機動を行った。

 第2高射特科団広報によると、3部隊合同訓練はこれまで例がなく、「複数のミサイル運用部隊による作戦上の連携や運用、即応展開の確認が狙い。住民の理解を深めていただく意味もある」(広報担当)とした。

 平澤大介・第5高射特科中隊長=三等陸佐=は「各部隊の連携が確認できた」と訓練を総括。その上で「近年の情勢への対応を踏まえ錬度向上は重要。あらゆる事態に対処できるよう、継続的な訓練につとめたい」と述べた。

 奄美大島には11月に入り各種部隊が来島している。同島を含め、奄美群島4島では警備や通信など各種訓練を展開中。


16:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2019/11/09

陸自西部方面演習 奄美で訓練公開

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
陸自西部方面演習 奄美で訓練公開[11/08 15:58]MBCニュース

先月から自衛隊の大規模訓練が、九州や沖縄にかけて行われていて、8日、奄美大島でその一部が報道陣に公開されました。


訓練は、九州と沖縄を防衛する陸上自衛隊・西部方面隊が2010年から海上自衛隊と航空自衛隊とも連携して行っている「鎮西演習」です。先月から九州から沖縄までの広い範囲でおよそ1万7000人と車両およそ4500両、航空機およそ35機が参加しています。

8日は奄美市の笠利町で離島への侵攻を想定し、奄美駐屯地に配備されている中距離地対空ミサイル部隊と、北海道帯広の第5高射特科中隊の、近距離地対空ミサイル部隊などおよそ50人が、レーダーで補足した敵の航空機やミサイルなどに対応する訓練が公開されました。

西之表など、県内の11の市や町でも展開されている今回の訓練は、今月22日まで行われる予定です。

19:37 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | ニュース
2019/09/22

日米合同訓練を一部公開

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

日米合同訓練を一部公開

2019921         南海日日新聞 

 陸上自衛隊と米陸軍が奄美市名瀬大熊の陸自奄美駐屯地で合同で行っている訓練「オリエント・シールド19」が20日、訓練の一部を報道陣に公開された。駐屯地で行っている共同警備訓練の一部で、隊員と米兵士が英語で警備要領を確認したり、陸自の装備品を隊員が米兵に解説する様子が見受けられた。


16:06 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | ニュース