静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1711482






 

連想検索

与那国島情報

与那国島情報
123
2023/11/17

新港の建設を要請 沖縄県与那国町長、閣僚らを行脚

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
  2023年11月17日 5:00沖縄タイムス
 防衛体制の強化に向けた公共インフラ整備を巡り、沖縄県与那国町の糸数健一町長が島内への港湾新設や空港の滑走路延長を求め政府関係者と面会を重ねている。政府は港湾新設に向け2024年度予算案に関連経費を盛り込むことも検討している。一方、自衛隊の利用を念頭にした港湾は「攻撃の的」となる危険性もはらむ。 (以下略)


20:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/07/24

台湾有事懸念…住民保護の対応を進める 松野官房長官が与那国島訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
    7/23(日) 19:29配信日テレNEWS

台湾有事への懸念が高まる中、松野官房長官は、台湾に最も近い日本最西端・与那国島を訪れ、避難シェルターの整備など、住民保護のための対応を進める考えを示しました。

政府は有事の際、離島の島民をどう避難させるか検討していて、松野長官は、地元の現状を見たり、要望を聞いたりするため、3日間の日程で沖縄の離島を訪れました。

台湾から最も近い与那国島では、長官に対し、島民が一斉に避難するため、大きな船が発着できるよう港湾施設を整備してほしいなどといった要望がありました。 (以下略)


10:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/06/08

「戦争とよなぐに展」始まる★与那国島

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
   2023年06月08日 八重山毎日新聞

与那国町立図書館、今月末頃まで
 【与那国】23日の慰霊の日に向け、嶋仲自治公民館内の与那国町立図書館(田里鳴子館長)では、与那国の戦争に関する企画展「戦争とよなぐに展」が6日から始まっている。今月末頃まで開催予定。入場無料。

 同展では、与那国中学校図書委員会が1983年にまとめた戦争体験記「戦争を知らない子どもたちへ」に寄稿している、与那国町出身者ら7人の体験記を展示。(以下略)


14:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/06/04

6/1、与那国町議会に住民への説明・意見交換会開催を請願書を提出

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
山田和幸さんのfacebookより転載
****************
6/1、与那国町議会に請願書を提出。
町長に住民との意見交換を求める場を議会からも求めてという内容です。
もちろん町長にも要請しています
 

14:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/05/16

与那国にミサイル「常備」 防衛省、部隊計画を住民に説明

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
    2023年05月16日 八重山毎日新聞
「反撃能力ではない」
 【与那国】与那国駐屯地への地対空誘導弾(ミサイル)部隊配備に関する住民説明会(防衛省主催)が15日夜、比川の与那国町離島振興総合センターで開かれた。防衛省は、同町へ「中距離地対空誘導弾部隊」を配備するとし、「空からの攻撃を防ぐための装備が未配備で、常備により安全を強化する」と配備の意義を述べた。昨年末に同町へのミサイル配備計画が明らかになってから初めての住民への説明には、町民約150人が出席した。

 同町へ配備が計画される中距離地対空誘導弾は、①飛来するミサイルなどに対する防御を目的とした装備品②他国を攻撃するものではない(いわゆる「反撃能力」ではない)③日本全国各地に配備されている―とし、飛来する脅威を遠方で防御することが目的、と説明。

 配備予定の装備品に、▽03式中距離地対空誘導弾(改善型)能力向上型▽発射装置▽射撃レーダー装置▽射撃統制装置▽運搬装てん装置―を挙げた。部隊は、高射中隊(中SAM)を配備する予定で、配備時期や人数は検討中とした。(以下略)

21:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/05/15

与那国■前町長・前議長「ミサイル配備には絶対反対」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
『しんぶん赤旗』によると、与那国町の前町長、前議長は「自衛隊誘致には賛成したもののミサイル配備には絶対反対」と述べた。

11:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/05/11

自衛隊ミサイル配備計画で 与那国住民が国に質問書

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
    2023年5月10日琉球朝日放送
自衛隊が与那国駐屯地に地対空ミサイルを配備する計画を巡り、反対する島の住民らが5月10日、沖縄防衛局を訪ね見解を問う質問書を提出しました。

沖縄防衛局を訪ねたのは、島に住む山田和幸さんらで職員に質問書を手渡しました。

住民らが提出した質問書には、ミサイル攻撃の際の島の安全の保障や県議会の外交による平和構築を求める意見書などについて政府の見解を問いています。

また、ミサイルの配備計画について防衛省は2023年5月15日、与那国町で町民向けの説明会を開催する予定で、その際に提出した質問に回答するよう求めました。(以下略)

10:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/05/11

与那国島に陸上自衛隊部隊 北朝鮮の打ち上げへ備えか

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
  05月10日 13時32分NHK沖縄

与那国島に10日午前、九州から到着したフェリーから、第8師団に所属する化学兵器などに対応する部隊の車両10台あまりや隊員が下りる様子が確認できました。
北朝鮮が軍事偵察衛星と称するものを打ち上げて、地上に被害が出た場合に備えた派遣と見られます。

10日午前10時すぎ、与那国島の久部良港に、九州から到着した福岡市に本社を置く民間のフェリーが接岸し、陸上自衛隊の大型トラックなど車両およそ10台と、隊員30人あまりが下りました。

到着した部隊は、熊本市に司令部がある陸上自衛隊の第8師団に所属する化学兵器などに対応する特殊武器防護隊と、即応機動連隊と見られます。(以下略)

10:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/05/11

与那国島の地対空ミサイル、比川地区港湾計画(軍港)、与那国空港拡張

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
********
●与那国島の地対空ミサイル部隊基地、比川地区への港湾計画(軍港)、与那国空港の軍事的拡張に猛反対しよう!
――なんと、琉球列島最大の樽舞(たるまい)湿地を堀削し(約1・2キロ)、比川港湾(仮)建設!この樽舞湿地を、長さ1・2キロ、幅約300メートルを掘り起こし浚渫し、港湾整備すると!
――22/9/12、糸数町長が、自民の羽生田幹事長らと会談、図面手渡し要望
*環境省も、同地域は、水生・半水生の昆虫が多数生息し、「生物多様性の重要度の高い湿地」と選定!

三上 智恵さんのfacebookより(5月10日)
与那国島の軍港計画がなぜまずいのか?
まだ認識されていないので作画しました
今ある陸自の駐屯地はオレンジ色の部分
その東側に新たに18haのミサイル部隊用の基地を増設することになります
赤い丸です
ここまでは決まっている計画
さて、そして南側の比川集落にある小さな港を巨大な軍港にしようというたくらみがある
その説明をします
もちろん与那国町長は軍港とは言わずフランスの大型フェリー会社からオファーもあるし?
北風の時に使える南側の港は島民の悲願だった観光と住民の利便性のための新たな港湾計画だ
と言い張っている
そしてこの比川の港の計画図面を手に空港滑走路の延長と合わせて
去年の9月、単独で上京し高市早苗氏や萩生田光一氏に直接会って要望しているのだが
驚いたことにこのおねだりは町議会にも諮らず
町議会議員も知らないところで行われていたことが去年暮れに発覚した
この軍港にしか見えない図面はいったい誰が作ったのか?と
町議会で追及された糸数町長は「副町長が描きました」と答えている
その日副町長は議会欠席だった
私はその日与那国町議会を傍聴していたのだが
小さな町の副町長にこんな専門的な軍港計画図が描けるはずがないのに
一体この人は誰に動かされているのかと民主主義を潰す大きな力を感じていた
図を見て欲しい
もしこの形で巨大な掘削が行われると「樽舞湿地」という生物多様性に富んだ島の命の湧き上がる湿原がほぼ消えてしまう
生体系に取り返しのつかないダメージを与えると専門家は指摘している
自然保護の観点からもまずありえない開発だが
さらに重要なのは
これは見てわかる通り
今ある基地と,新設されるミサイル基地と全部繋がって機能するだろう
すなわち
島の南西部一帯が
まさに不沈空母として与那国の島民からは切り離され
軍事専用区画にされてしまうのではないか
伊江島のように!
島が割られてしまうのではないか?
そして、南牧場と海を背景に
DR.コトーが自転車を漕ぐあの有名な一本道
ピンクの道は
簡単に入れない場所になっていくのではないか
繋がっていないのは黄色の点線で囲んだ部分だが
現在18haで新たな用地取得に動いているのは
20haを超えると環境アセスの対象になって
時間も手間もかかるからであって
やがては海自も空自も米軍も常駐するという
方針も示されているから間違いなくここも軍港バースとつながるだろう
すでに自衛隊と8年も暮らしてきた島の人たちにとって
反対の声を上げることは格段に難しくなっているのだが
明日は住民3人が数年ぶりに
この島の危機についてのSOSで沖縄本島の防衛局や県庁に要請に来ます
沿岸監視部隊のはずがなぜ住民に相談もなくミサイル部隊の話になるのか
湿地を潰してまでここまで巨大な港を誰が望んでいるというのか
住民置き去りで軍事優先の開発をこれ以上暴走させて島を壊すようなことはあってはならないと
必死の声を挙げに来るのを
沖縄本島の私たちはちゃんと受け止めねばならないと思い
前もって前提となる計画について知ってほしくて作画しました
どうか、与那国を愛する皆さん
ドクターコトーを見ていた皆さんも
ちゃんと受け止めてほしいです
拡散希望


10:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 連絡事項
2023/05/11

自衛隊ミサイル配備計画で 与那国住民が国に質問書

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
    2023年5月10日琉球朝日放送
自衛隊が与那国駐屯地に地対空ミサイルを配備する計画を巡り、反対する島の住民らが5月10日、沖縄防衛局を訪ね見解を問う質問書を提出しました。

沖縄防衛局を訪ねたのは、島に住む山田和幸さんらで職員に質問書を手渡しました。

住民らが提出した質問書には、ミサイル攻撃の際の島の安全の保障や県議会の外交による平和構築を求める意見書などについて政府の見解を問いています。

また、ミサイルの配備計画について防衛省は2023年5月15日、与那国町で町民向けの説明会を開催する予定で、その際に提出した質問に回答するよう求めました。(以下略)

09:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
123