静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

沖縄県へ防衛省「変更承認申請」不承認の意見書を送ろう
③設計変更意見書-書式202008.doc


★沖縄★「南西諸島ミサイル基地化の危機」写真・資料展

開催場所:不屈館 那覇市若狭2-21-5

開催日時:202092日(土)~1031日(土)の約2ヶ月間








 

学習用資料

YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER151491
八重山情報
12345
2020/09/19

“尖閣諸島の有効支配の実効性 強化” 自民 議員連盟が提言案(9/17)

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

“尖閣諸島の有効支配の実効性 強化” 自民 議員連盟が提言案

2020917 507NHK


沖縄県の尖閣諸島の周辺海域で、中国の活動が活発化していることを受けて、自民党の議員連盟は、尖閣諸島を含む南西諸島で自衛隊が日米共同で訓練を行うなど、有効支配の実効性を強化すべきだとする提言案を取りまとめました。

 

沖縄県の尖閣諸島の周辺海域で、中国海警局の船が先月2日まで過去最長となる111日連続で、日本の領海のすぐ外側にある接続水域での航行を続けたことなどを受けて、自民党の国防関係の議員連盟は、有効支配の実効性を強化するための提言案を取りまとめました。

 

提言案では、「尖閣諸島が、わが国固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明白であり、主権にかかわる極めて重要な問題だ。現に有効に支配しているが、さらに実効性を高める必要がある」としています。

 

そのうえで、防衛力を強化するため、尖閣諸島を含む南西諸島で、自衛隊が日米共同訓練を実施することや、南西諸島の空港や港湾を自衛隊が使用できるようにしたり、護衛艦が入れる港を整備したりすることなどを求めています。

 

また、海上保安庁の体制を強化する必要があるとして、巡視船に対空レーダーを搭載し、領空侵犯への対応で自衛隊との連携を進めるほか、人員や巡視船を増やせるよう、予算を拡充すべきだとしています。

 

議員連盟では、17日に会合を開いて、提言を正式に決定し、近く政府に提出することにしています。


16:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/09/19

【石垣島】尖閣上陸決議・意見書を可決 石垣市議会

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

尖閣上陸決議・意見書を可決 石垣市議会

20200919日八重山毎日新聞

 

漁業支援施設整備訴え 現地調査に支援求める VERA継続を全会一致

 9月定例石垣市議会(平良秀之議長)は18日の最終本会議で、尖閣諸島周辺の安全操業に資する漁業支援施設整備に向け現地で視察・調査を行うとする尖閣諸島上陸調査決議と、調査・視察に支援を求める意見書の議員提案2件を賛成多数で可決した。いずれも19対1の賛成多数。国立天文台VERAプロジェクトの継続を求める意見書案を全会一致で可決した。議員を派遣し、関係省庁に直訴する。

 

 決議と意見書は「尖閣諸島は先人から受け継いできた大切な財産。未来永劫(えいごう)、後世に責任を持って引き継ぐため、自然環境、生態系、文化財の調査を行うことは喫緊の課題」「周辺海域で安全・安心して漁労ができるよう気象海象観測拠点、灯台、無線中継施設、船だまりの整備などに向けた現地調査が必要」と指摘、議員が上陸して適切な施策を講じることの必要性を訴えている。いずれも長山家康氏の提案。

 

 採決に当たり、井上美智子氏(日本共産党)が異議を唱え、長浜信夫氏が退席した。

 

 井上氏は「尖閣諸島が日本領土であることを近隣諸国が認め、漁民が安心して漁をできることが願いだが、この時期の決議は平和から遠ざかる。国同士でしっかり話し合うべきだ」と主張。

 

 賛成討論した前津究氏は「尖閣はわが市のものである。米軍基地や自衛隊基地で事故があった場合に立ち入りすべきであるとの考えから賛成する」と述べた。(以下略)

尖閣諸島上陸視察決議429_6k_g13_k.pdf
16:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/09/16

陸自配備、新たなゲート設置 石垣市「事前説明なく遺憾」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

陸自配備、新たなゲート設置 石垣市「事前説明なく遺憾」「今後は情報の公表を」

2020915 13:01琉球新報


 【石垣】沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を巡り、住民説明会で説明がなかった新たなゲートの設置が判明した件で、市の知念永一郎総務部長は14日の市議会9月定例会一般質問で「生活環境への影響が考えられるにもかかわらず、市や周辺住民への事前説明がなされず、大変遺憾に思う」と述べた。野党の大濱明彦氏への答弁。

 

 知念部長は沖縄防衛局に対し、市民生活に影響が及ぶ可能性のある情報について、今後は事前に公表や説明をするよう求めたと明らかにした。

 

 市民団体が市への情報公開請求で入手した文書でゲート設置が判明したことを踏まえ、中山義隆市長は「防衛省から市への説明は全くなく、報道で初めて知った」と説明。ゲートについての説明会開催を防衛局に求めたとした。

 

 ゲート設置の中止を求める大濱氏の質問に中山市長は「詳細を確認する前に中止を求めることは考えていない」と答えた。


09:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/09/13

<石垣住民投票訴訟>原告団が控訴 弁護団、一審に「論理破綻」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

原告団が控訴 弁護団、一審に「論理破綻」

20200910八重山毎日新聞


住民投票義務付け訴訟

 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票の義務付け訴訟で那覇地裁の却下判決を受け、石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表ら原告団は9日、これを不服として8日付で控訴したと発表した。市自治基本条例第28条に基づく市長に対する実施の義務付けを求めた原告側の訴えは、那覇地裁で門前払いの判決を受けており、福岡高裁が中身に踏み込んだ判断をするかどうかが注目される。

 

 同訴訟で原告側は、住民投票の請求・発議を規定する自治基本条例第28条「有権者の4分の1以上の署名で請求することができ、市長は所定の手続きを経て実施しなければならない」を根拠に市長には実施義務があると主張。住民投票条例案が議会で否決された場合でも、投票の形式や投票の成立要件などは規則で定めることができるとしている。

 

 これに対し、那覇地裁は義務付け訴訟の対象となる「処分」を最高裁判例から▽個々の国民の権利義務の範囲を確定することが認められること―と定義。今訴訟では、投票資格者名簿が作成されていない段階では有権者という法的地位自体が不確定となっているため処分の対象にならないと、原告側の訴えを入り口で退ける判決を言い渡した。

 

 原告側弁護団長の大井琢弁護士は控訴について「一審判決は論理的に破綻している。市長に実施義務があることは自治基本条例上明白であるにもかかわらず実態判断をすることから逃げた。結論が先にあって論理を組み立てたが、破綻したまま判決日を迎えた。控訴審では破綻した論理を漏れなく指摘したい」と述べた。

 

 中村昌樹弁護士も「判決は、こちらが挙げた(条例に関して処分性を肯定した)最高裁判例を無視して都合のよい論理で進めた。結論が先にあるため、よく分からない判決文となっている」と指摘。

 

 判決が「仮に住民投票が実施されないことが違法であると解される場合でも、その救済は実施の義務付け以外の方法により図られるべきものと言うほかない」としたことについて「裁判所にも逡巡(しゅんじゅん)があったと思う。そうでなければ、違法の可能性がないのにその可能性に触れる必要はない」と推測した。

 

 一方、中山義隆市長が判決を受け「市の主張が全面的に認められた」と発言したことに「完全な誤り。判決は、ただ行政訴訟の枠組みにこの事案は載らないと言っているだけ。市がやったことが正しかった、とはひと言も言っていない」と強調した。


23:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/09/06

<八重山毎日新聞社説>「住民避難地でアンガマ」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
<八重山毎日新聞社説>「住民避難地でアンガマ-危険性を増した準天頂衛星」
 2020年9月5日

13:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/09/04

石垣市自治基本条例見直し/大幅な改悪ねらいか

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
★「I Love いしがき」」さんのfacebookより転載★
「邪魔な条例はつぶしてしまえ!」ということか
 ニュースです‼
 今朝9月4日付八重山毎日新聞記事です。
 中山市長は、石垣市自治基本条例見直しの機会に、住民投票制度を主なターゲットに、大幅な改悪をはかるつもりのようです。
 見直し審議会の委員の中には、何と、住民投票訴訟で市側弁護人を務めた人も入れています。
 一方、一般公募枠(2人)に応募した、石垣市住民投票を求める会のメンバーなど、自治基本条例改悪に反対する人たちは、軒並み不採用になっています。 
 果せるかな、昨日の審議会会合では、「住民投票制度」、「市民の定義」、「最高規範性」などに、「疑義」が出されたとか。
 3回の審議会会合で改廃を含めて見直し案をまとめ、12月定例市議会に上程する予定だとか。
 これは、石垣市民の民主主義、住民自治への全面的な挑戦です。
 政府、防衛省の意のままに、石垣島を舞台にした大軍拡、戦争準備を進めるためには、まず市民的自由を奪う。それを、許すわけにはいきません。

21:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/08/27

石垣島の陸自配備問う住民投票の判決 原告側の請求を却下

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

石垣島の陸自配備問う住民投票の判決 原告側の請求を却下

2020827 11:38沖縄タイムス+プラス

 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案が市議会で否決されたことを受け、「市住民投票を求める会」(金城龍太郎代表)が市に住民投票の実施義務付けを求めた訴訟で、那覇地裁は27日午前、原告側の請求を却下した。訴訟要件を満たさないことなどから、門前払いとした。


16:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/08/24

<教科書採択>3回連続で「育鵬社」 石垣市と与那国町が採択

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

3回連続で「育鵬社」 石垣市と与那国町が採択

20200812日 八重山毎日新聞


 石垣市教育委員会(石垣安志教育長)と与那国町教育委員会(田原伊明教育長)は11日、2021年度から公立中学校で使用する公民の教科書として、憲法改正や国防などに関する記述の多い「育鵬社」を採択した。11年と15年に続き3回目。先立って行われた教科書を選定した教科用図書八重山地区採択協議会(会長・石垣教育長)の答申通りの採択となった。竹富町教育委員会(仲田森和教育長)は7月27日、単独採択地区である「竹富町教科用図書採択審議会」の答申通り、公民に「帝国書院」を採択している。

 

 育鵬社の教科書は、憲法改正をめぐる国民投票や自衛隊、憲法9条の在り方などに関する記述が多いことから「保守色が強い」など批判を集め、全国的に賛否が分かれている。弁護士団体「自由法曹団」は育鵬社の問題点について「基本的人権に対する記述が不十分」など52㌻にわたって指摘する提言集を発表している。14年には同社教科書の採択をめぐり、竹富町教委が八重山地区採択協議会から離脱し、単独採択地区となった経緯もある。(以下略)

 

 

教科書選定 「ないがしろにする行為」

20200821八重山毎日新聞


考える住民の会 審議のあり方などに抗議

 石垣市教育委員会(石垣安志教育長)と与那国町教育委員会(田原伊明教育長)が、2021年度以降に使用する中学校の公民教科書に育鵬社を採択したことなどを受け、子どもと教科書を考える八重山地区住民の会(江川三津恵氏ら共同代表8人)は20日午後、審議のあり方や育鵬社採択に抗議する声明を発表した。

 

 同会は採択に先立ち、教科書を選定する「教科用図書八重山地区採択協議会」について、構成委員の見直しや審議の公開、調査員による調査報告書の順位付け復活、などを求める請願を提出。市教委は11日に開かれた臨時会で、請願について、採択終了後に審議した。

 

 同会は20日午後、大濱信泉記念館で記者会見を開き声明を発表。請願に関する審議が後回しされたことを「請願に向き合わず、ないがしろにする行為であり、絶対に許されない」と強く批判。

 

 また、臨時会中、教育委員が、公民選定についてどのような議論があったか詳細を求めた際、採択協議会に参加した教育長を含む3人の委員がほぼ言及しなかったことを指し「採択に責任を持つからには十分な審議があってしかるべきだ」と抗議した。(以下略)


21:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/08/22

【石垣島】石垣陸自配備、市民が工事中止要請「生命財産奪うもの」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

石垣陸自配備、市民が工事中止要請「生命財産奪うもの」 騒音や環境破壊に抗議

2020820 16:50


 【石垣】石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会は17日、市平得大俣で工事が進む陸上自衛隊駐屯地建設工事の中止を求める要請書を防衛省と沖縄防衛局に送付した。配備予定地の旧ゴルフ場部分での掘削・岩石破砕工事で騒音が発生し、住民生活と環境を破壊しているとして抗議した。

 

 要請書では陸自配備による“標的化”や、周辺地下水系や生態系への影響の懸念を示したほか、配備の是非を問う住民投票も実施されておらず、住民合意は形成されていないとした。新型コロナウイルスの感染拡大下において島外工事関係者が出入りすることについても疑問を呈した。

 

 秋田、山口両県で配備予定の「イージス・アショア」が「ブースター」と呼ばれる推進補助装置が原因で計画停止となったことを念頭に「(駐屯地に配備される)地対艦誘導弾のブースターの落下地点下には無防備な市民が生活している。ミサイル基地は市民の生命財産を守るどころか逆に奪うものとなる」と指摘した。(以下略)


22:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
12345