静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
「自衛隊馬毛島基地(仮称)の設置に伴う市民の不安と期待に関する確認事項について(回答)」kaitou.pdf
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
■【最新パンフ】「STOP!敵地攻撃 大軍拡!~2022年度防衛予算批判」発売中!
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】■先行施行まで4ヶ月 見えてきた土地規制法の狙い
2月22日(火)11時~13時 参議院議員会館B109
・政府担当者への市民と野党の共同ヒアリング
・各地・各団体からの発言と立憲野党への要請
「風雲急を告げる!馬毛島の現在(いま)!! Ⅱ」パート2
種子島の和田香穂里さんが語る!!
<バックナンバー>Part1 
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

【Youtube】12/7土地規制法ヒアリングZoom報告会動画
海渡雄一弁護士、仲松正人弁護士、福島みずほ議員、山添拓議員らが問題点を解説。
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

狙いは住民監視か 強行採決!?土地取引規制法案

 【半田滋の眼 NO.35 】20210615/デモクラシータイムス.
■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

◎【Youtube】デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1037635






 

連想検索

八重山情報
12345
2023/02/01new

尖閣諸島周辺の海洋調査のための作業船出港、昨年に続き2回目

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
   2023/01/29 19:10読売新聞オンライン

 沖縄県石垣市が尖閣諸島周辺海域で実施する海洋調査のため、作業船「新世丸」(約700トン)が29日夕、石垣港を出港した。環境保全のためのデータ収集が目的で、昨年1月に続き2回目。30日夜に帰港する予定。

 船には中山義隆市長や一部の市議、調査を受託する東海大や読売新聞などメディア関係者ら計34人が乗船した。尖閣周辺には30日朝に到着見込みで、小型無人機「ドローン」を使った島の空撮も予定している。

 昨年の調査では、中国海警局の船2隻が領海侵入し、調査船を妨害するように接近した

10:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/01/29new

石垣島★姿を現したミサイル基地の施設建物群

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
***************
■姿を現したミサイル基地の施設建物群
 バンナ公園渡り鳥観察所から2023年1月26日(木)に写した旧ジュマール周辺ミサイル基地建設工事現場の写真です。
防衛省の施設配置図(設計一部変更後の改訂版)をもとに、施設の名前を書き込んでいます。

16:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2023/01/20

石垣市★尖閣調査に市議も同行 臨時議会

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
2023年01月18日 八重山毎日新聞

議員派遣、賛成多数で可決 27、28日に実施予定
 石垣市が今月中に行う予定の尖閣諸島周辺海域実態調査に市議も同行することになった。中山義隆市長から乗船の打診を受け、17日の臨時議会で議員派遣動議が提案され、与党らの賛成多数で可決された。野党は「二元代表制のあり方が問われる」などと疑問視して反対した。調査は27・28日(予備日29・30日)に予定されている。(9面に関連)

 議員の乗船を巡っては中山市長が「市議会議員やマスコミにおいても同行が可能」として我喜屋隆次議長宛に6人枠とする照会文書を今月13日付で提出、現地調査の概要や今後のスケジュールなどについて20日に説明会を行うと通知していた。

 企画政策課によると、民間船舶を借用し、受託者の東海大学、船員、中山市長と関係課職員が乗船するが、定員40人に空きがあるため、市議やマスコミの乗船も可能になったという。(以下略)

16:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2023/01/05

石垣市議会が「長射程ミサイル配備認めず」意見書を国に提出

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
   1/4(水) 18:43「SmartFLASH」

 2022年12月19日、沖縄県の石垣市議会は、「自ら戦争状態を引き起こすような反撃能力をもつ長射程ミサイルを石垣島に配備することを到底容認することはできない」と訴える意見書を可決した。

 意見書には「12式地対艦ミサイル(SSM)や米国より購入する計画のある巡航ミサイルトマホークなど、他国の領土を直接攻撃することが可能な長射程ミサイルの石垣島への配備計画等について、十分な説明のないまま進めることがないよう強く求める」とも記されている。

 意見書は野党の花谷史郎市議が提案。議長を除く市議21人のうち、自公系会派の9人が反対(1人は欠席)した一方、野党系の8人、中立の3人の計11人が賛成に回った。

「防衛省は台湾有事を念頭に、南西諸島で自衛隊の配備を進めてきました。2016年には、台湾から約110kmともっとも近い与那国島に陸自駐屯地を開設。2019年に宮古島と鹿児島県・奄美大島に、2023年春には石垣島にも駐屯地を新設し、ミサイル部隊などを置く計画です。

 一方で、政府は2022年12月16日、国家安全保障戦略など安保関連3文書に『反撃能力(敵基地攻撃能力)』の保有を明記。12式ミサイルを改良して、射程を約200kmから1000km超に延ばす方針です。射程1000km超となれば、中国本土の一部も射程に入ります。2023年度予算案では、長距離巡行ミサイル・トマホークの配備に向け2113億円を計上しています。

 射程1000km超の12式ミサイル、あるいはトマホークの配備となれば、話は変わってくると、住民から戸惑いの声が上がっているのです」(政治担当記者)
(以下略)

10:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/12/20

石垣市議会「陸自石垣駐屯地(仮称)への長射程ミサイル配備意見書」可決

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
石垣市議・内原英聡さんからの報告を紹介します。
*************
■ご報告

石垣市議会は19日の12月定例最終本会議で
「陸上自衛隊石垣駐屯地(仮称)への長射程ミサイル配備に関する意見書」(※同名の意見書2件)を可決しました。

賛成多数で可決した意見書は
「反撃能力をもつ長射程ミサイルを石垣島に配備することは到底容認できない」等を訴え、全会一致の意見書では国に情報公開と住民説明を訴えています。

またこの日「石垣市国民保護計画等有事に関する調査特別委員会」の設置を長山家康議員が提案し、全会一致で可決されました。

委員長 花谷史郎
副委員長 長山家康

委員
友寄永三 石川勇作 平良秀之
箕底用一 砥板芳行 内原英聡

立場を超えて戦争回避に向けて取り組んでいきます。

21:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2022/12/14

石垣市長、日米共同統合演習(キーン・ソード23)を容認

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
**********
2022年12月13日付八重山毎日新聞一面トップ記事と、コラム「不連続線」です。
 12月定例市議会で、中山市長が「日米統合演習容認」「石垣島駐屯地での訓練に賛成」と答弁しました。 
 政府・防衛省の、「抑止力になります」「安全になります」から、「台湾有事に備えよ」への「手の平がえし」に合わせて、中山市長も豹変しました。石垣島での米軍訓練に、「私は反対させていただきたい」から、「賛成」へと‼
 その「理由」として、訓練を認めなければ「市民の命を守る業務を放棄していることになる」、「国全体の安全保障、東アジア、太平洋の安全を守るために戦争を起こさないために必要」と述べたそうです。
 では、米軍と自衛隊が訓練して一緒に戦えるようにしたら、市民の命が守れるのでしょうか?
 米海兵隊は、「遠征前方基地作戦(EABO)」の訓練のために、与那国島に来ました。石垣でも、そうするでしょう。これは、「台湾有事」に南西諸島で戦争するための作戦・訓練です。「敵の射程圏内」で、敵の攻撃を避けて島から島へと移動しながら、敵艦隊をミサイルで攻撃する、という。戦況が不利と見れば、「移動する島」にはグアムやハワイも入るのでしょう。「不連続線」も触れているように、「自衛隊のみなさん、あとは頼んだよ」と。
 間違えてはいけません。米軍は、「戦争を防ぐため」ではなく、「戦争するため」に来るのです。石垣島が焦土になるのもおかまいなしで。
 太平洋戦争の教訓に学ぶなら、多くの人が住む島々は「決して戦場にしない」のが鉄則です。まして、「敵の射程圏内」にある紛争の火種を抱えた地域の島なら、非武装を保ち、「攻撃は軍事目標に限る」とした国際法で守りながら、戦争を避ける外交に全力をあげるべきです。そして、万一、武力衝突が起きても、戦域を海上に局限して、有人島には波及させないのが、民主主義国の国防組織の取るべき道です。
 私たちは、それももっぱら「最前線」の私たちが、米中覇権争いの犠牲者にされるのは、まっぴらです。
 市長は「国全体の安全保障、東アジア、太平洋の安全を守るために」と語ったそうですが、ひょっとして、私たちが犠牲になるのも国のため、と考えているのでしょうか?市長の「シェルター談義」にも、そんな匂いがします。全市民が逃げるのに10日はかかる(市の避難要領文書)ことなど、どこ吹く風、というような。 
 いずれにしても、市民の命がかかる大事な公約、議会答弁を平気で覆す中山市長には、退陣していただきたい。

10:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/12/01

「私たちは諦めない」住民投票当事者訴訟第7回口頭弁論

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
※八重山毎日新聞11月30日
■「私たちは諦めない」住民投票当事者訴訟第7回口頭弁論
 金城代表が意見陳述


09:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2022/09/27

9/27西表島で「地震・津波想定の自衛隊第15旅団による実動訓練」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
****************
おいおい!西表島まで「戦争」に巻き込むな!!9月27日に 西表島で「防災」を名目にした自衛隊による実動訓練(軍事訓練)が10数年ぶりに。
2022/09/27 01:07

西表島のTさんより:

9月25日、西表島全域に竹富町防災無線が入りました。

「大規模地震及び津波被害を想定した自衛隊第15旅団による実動訓練」
9月27日 午前11時ごろから午後1時40分
内容:
自衛隊ヘリによる住吉ヘリポートと大原ヘリポートでの離着陸訓練
オートバイによる県道被害調査訓練
上原山での通信車両による通信訓練

*この訓練で、地域住民への規制はないとのことですが、ほんとうに地震と津波に対するだけの訓練なんでしょうか。西表島以外でも同様の訓練が行われるのではないかなど、疑問山積です。

11年前(2011年)に行われた陸自の通信訓練の記事です:

八重山・宮古への自衛隊配備を許すな!与那国島・八重山① より

11月15日 八重山毎日
陸自が通信訓練終了

石垣島を拠点に10日から行われていた陸上自衛隊西部方面隊の通信訓練は14日、終了した。与那国島、西表島、多良間島を含め約50人の隊員が訓練に当たった。サッカーパークあかんまフットサルアリーナ隣接の広場でテントを張っていた約20人の隊員も撤収。

*ある西表島の住民の方によると、11月14日朝8時30分ごろ、西表島上原のNTT鉄塔に大型トラック2台とレンタカー1台が停まっており、アンテナのようなもの2基立てていたそうです。自衛隊員は2名、NTTの社員風の男性1人もいたそうです。 同じ日に自衛隊から西表島の施設に宿泊予約は出来るかの問い合わせの電話があったそうです。おそらく今後の訓練のことを考えて宿泊先をあたっているようです。

11月13日 八重山毎日 
西表島では10日に白浜へ自衛艦、11 日には大原港に自衛艦入港

11月11日の八重山毎日 
陸自が通信訓練開始、14日まで

陸上自衛隊西部方面隊の通信訓練が10日から石垣島、与那国島、西表島でも始まった。14日まで。第8師団第8通信大隊が2日からサッカーパークあかんまフットサルアリーナ隣接広場に宿泊しながら準備を進めてきた。石垣島ではバンナ岳のNTT中継敷地内に通信機器を設置し、与那国、西表、多良間を結ぶ。石垣島と与那国島に約20人、西表と多良間には各5人を配置して行う。

10:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2022/09/24

石垣島★平得大俣地区に陸自ミサイル基地建設工事強行から1299日(動画)

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
*************
2022年9月20日(火)
ヤマト中央政府、自公政権が閣議決定のみで土地規制法全面施行、名実ともに戦争準備へ突入した日‼️
◎石垣島、平得大俣地区に陸自ミサイル基地建設工事が強行されてから
 1299日を向かえた平得大俣地区から(動画)
・県道87号線をミキサー車が行き来する一方で、その右側、西側に生コンを打設(注入)するポンプ車とクレーン車が乱立している。ポンプ車の数ほどにミ...
・開南十字路付近でパイン畑でパイン苗の植え付け作業が、陸自ミサイル基地建設工事現場を横目に行われていた。
・開南十字路を爆走するミキサー車。
・旧ジュマール作業第1ゲート。分刻みで建設重機や生コンミキサー車が出入りしている。
・旧ジュマール・ゴルフ場の東側で正門周辺で造成工事が急ピッチに進行している。構内に街灯らしき柱が2本埋設されていた。
・このエリアでの造成工事は現状からは想像できない様な工程があった。最初に樹木や雑草をパワーシャベルなどでなぎ倒し、太古からの花崗岩を掘り出...

・トン袋(土のうが入っている)に入れる小袋(土のう入り)作りしている作業員たち。映像では一気に4つの土のうが仕上がっている。


20:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2022/09/24

石垣島★日々刻々と戦争態勢へと向かっている(動画)

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
*****************
望まない物が島を破壊し、島人の暮らしを蹂躙し
 日々刻々と戦争態勢へと向かっている
    2022年8月11日
◎石垣島現地の動画

20:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
12345