静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

10/17オンラインシンポ「なぜ私たちは沖縄差別に向き合えないのか」

野古を止める!10万名署名活動(アメリカDSAとともに 賛同キャンペーン)


◎ZHAP(ZENKO辺野古プロジェクト)公式サイト http://www.zenko-peace.com/zhap 

↑静岡◆8月の街宣活動は新型コロナ感染拡大のため、休止します。

◎宮古島スタンディング行動



やんばる広場

「イカラー」「島豆腐のくんせい」を食べて辺野古支援!!

Stand with OKINAWA

★戦争させない・9条壊すな!総がかり行動


【「敵基地攻撃能力」保有反対のネット署名を!】

ネット署名<米軍と一体化した先制攻撃に道を開く「敵基地攻撃能力」保有に反対します>

 

学習用資料

◎まんが
◎文書一覧

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート3

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

狙いは住民監視か 強行採決!?土地取引規制法案

 【半田滋の眼 NO.35 】20210615/デモクラシータイムス.
■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■【YouTube】37「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今 宮古島・保良ミサイル弾薬庫の開設=ミサイル戦争の始動を阻もう!」

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

◎【Youtube】デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

YouTube『軍事化のために国に買収されていく馬毛島。160億円の馬毛島買収劇の""はいくつある?!』たねたねtoまげまげ vol.6

YouTube「たねたねtoまげまげ」チャンネル

YouTube「今、無人島・馬毛島が熱い!」4回(デモ・リサTV

《パート3

馬毛島が自衛隊最大の軍事基地に!

https://youtu.be/PXWIlRCpgcA


「今、無人島・馬毛島が熱い!」最終回

《パート4

市長が初めて自衛隊基地化反対の表明!

基地経済にたよらない、平和で安全な島に!!

https://youtu.be/I5g3SWx_8vs

《パート1
無人島に160億円もの税金が使われる!!

https://youtu.be/2-vYJ2boge0

《パート2
馬毛島自衛隊配備に市長も議会も反対!

https://youtu.be/DsTgUznQ79o

[
ツイキャス動画] 〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29 院内集会 at 衆院第一議員会館多目的ホールYouTube

宮古島パート4YouTube「軍隊は戦争の準備! "平和"""こそ宮古島の宝!!

宮古島パート3YouTube「宮古島に自衛隊が来た!脅かされる島民の命!!
宮古島パート
YouTube「宮古島にも日本軍『慰安婦』が!沖縄戦から本土復帰へ」

宮古島パート1YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3」

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』





◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER460931



 
八重山情報
12345
2021/09/16

石垣島の海を壊すな「石垣島リゾート&コミュニティ計画」反対署名を!

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
*************
これ以上石垣島の海を壊すな!<石垣島の友人から緊急メッセージ!>
■石垣島前勢岳での㈱ユニマットプレシャスによる大規模ゴルフリゾート開発「(仮称)石垣島リゾート&コミュニティ計画」に反対します!

このサンゴのある石垣島名蔵湾の源流である前勢岳(まえせだけ)で㈱ユニマット・プレシャスによる大型ゴルフリゾート計画があります。
反対署名を集めて、計画断念を求めようと、Change.orgでキャンペーンを立ち上げました!
是非署名と拡散にご協力下さい!!
https://chng.it/96wGkyhG

21:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2021/08/12

沖縄防衛局、石垣島ミサイル基地工事現場施設の入札結果を発表

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
*************
ニュースです‼
 沖縄防衛局が、8月6日付で、旧ジュマール内ミサイル基地工事現場に建設を予定している施設のうちの6つに関する入札結果を発表しました。対象施設は、車両整備場、整備場、隊庁舎B、火薬庫(大型ミサイル弾薬庫)その1,その2、その3です。入札結果をまとめた添付の表をご覧ください。それ以外でこの表に加えられているのは、宿舎新設機械工事関係の2件です。それらは、平得大俣予定地の外に造られる隊員宿舎に関するものと思われます。
 契約企業が決まったので、近日中に工事が始まるでしょう。旧ジュマール構内は、さらに騒がしくなりそうです。
 工期は、全て、2023年2月28日までとなっています。宮古島市保良の2つの弾薬庫(火薬庫)の建設には、約1年半がかかりましたが、この工期設定は、それとつじつまが合うものと言えるでしょう。6つの施設の受注元請は、全て島外大手を中心とするものです。3つの弾薬庫(火薬庫)の契約金額は、合計で約46億円、隊庁舎Bは約38億円、車両整備場は約15億円、整備場は約6億円です。国民の税金が、ずいぶん気軽に使われているように感じます。
 添付の図は、2021年度予算で建設される予定の施設(赤枠で囲まれたもの)の配置図と、7月26日撮影のドローン写真を並べたものです。配置図の中では、今回契約された6つの施設を、黄色で示しています。

22:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/06/30

石垣市自治基本条例改正「手続き不備」野党「要件満たさず」と主張

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
2021年6月30日琉球新報

 【石垣】沖縄県の石垣市議会野党連絡協議会は29日、市議会の議員控室で記者会見し、28日の市議会本会議で与党の賛成多数で可決された市自治基本条例の改正について、与党議員による改正案の提案手続きに不備があったと主張した。28日の議会は手続きの根拠となる地方自治法の法的解釈を巡り与野党が対立し、5時間以上にわたって空転していた。

 地方議会議員は議会に議案を提出できるとする、地方自治法112条には、議案の提出に議員定数の12分の1以上の賛成が必要と定めている。野党側は、議案提出手続きがこの要件を満たしていなかったとして提案の無効を訴えたが、平良秀之議長は受け入れず議会を進めた。

 連絡協議会長の宮良操氏は今回の議案提案について「地方自治法を根拠としていない。将来に禍根を残す」と語った。協議会は今後、法的な手法を視野に対応策を考えていくという。

 また連絡協議会は改正部分の問題点についても列挙した。

 条文で市民の定義を「市内に住所を有する人」に改めたことについては、DV被害で市内に避難している人やホームレスの人ら社会的弱者を排除しただけと指摘した。内原英聡氏は「市民の定義が狭まった。全国に波及すると取り返しが付かなくなる」と危機感を示した


16:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/06/30

石垣島★自治基本条例改正案を可決 与党の賛成多数

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
2021年06月29日 八重山毎日新聞

石垣市議会 近く施行
 石垣市議会(平良秀之議長)は28日の最終本会議で、自治基本条例の一部改正案を与党の賛成多数で可決した。「市民」の定義を「市内に住所を有する人」に改め、住民投票を規定する第27・28条の全部と42条第1項中の「市政運営の最高規範」をそれぞれ削除する内容。公布の日から施行するとしており、中山義隆市長は議長からの送付を受け近く公布する。

 同条例をめぐっては5年ごとの見直しを定めた第43条に基づき中山義隆市長が昨年9月、審議会(8人)に諮問、4回にわたる会議を経てことし3月に答申を受け改正作業を進めているが、中山市長は「議員提案の改正は基本的には審議会から答申された内容に沿っている」と述べ、問題ないとの認識を示した。

 提案者の友寄氏は「条例制定から11年が経過し、その間にさまざまな批判、疑問が出ており改正の必要がある」として▽市民の定義が幅広く、住民登録をしていない外国人や観光客、反社会的な個人・団体まで市民になる▽住民投票の解釈の違いが大きく、裁判で争っており、市民に混乱と裁判費用の負担を強いている。地方自治法による住民投票条例のほうが提案しやすく適切である▽最高規範とうたっているが、条例には上下はないと当局も答弁しており、法的な整合性がとれていない―ことを挙げ、「審議会の答申でもこの3点の見直しの必要性が求められている」と説明した。

 質疑では、当局側の対応を待つことなく提案することについて友寄氏は「9月にも出ないという話だったので一日も早く替えたほうがよい」、市長の執行権を否定するとの指摘にも「答申とほぼ一致しているので問題はない」と答弁した。

 また、「市内に住所を有する人」とする市民の定義について、「生活の本拠をその者の住所とする」「住所が知れない場合は居所を住所とみなす」との民法に反するとの声にも「まったく問題はない」、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者が市外から避難した場合の扱いについては「別の形の話になる」とした。

 さらに「全員ではないが、審議会のメンバーから連絡を受け、どんどんやってくれと言われた」とのやりとりも紹介した。

 採決では石垣達也、箕底用一の与党2氏が退席。10対8の与党多数で可決された。砂川利勝氏はこの日、本会議を欠席していた。

■再議権行使せず 「答申に沿ったもの」 中山市長

 石垣市自治基本条例の改正案可決を受け、中山義隆市長は「答申に沿った内容。再議は考えていない」と述べ、地方自治法に基づき再び議会の議決を求める再議権を行使する考えのないことを明らかにした。報道陣の取材に答えた。

 同176条では、議会の議決に異議がある場合に再議に付することができると規定。その際、条例や予算に関しては出席議員の3分の2以上の同意を必要とする。

 答申は第27・28条の住民投票規定について「両条文の整合性にも疑問があるため、抜本的な検討が必要」、42条の「最高規範」について「法体系上整合性がとれないため改正すべきだ」としていたが、改正案はいずれも削除する踏み込んだ内容だった。

 中山市長は「とらえ方だと思う。議員のやりとりでもあったように現行条例では4分の1の署名を集めても所定の手続きは経ないといけないとか。私も議会に諮って否決されたことを考えると、地方自治法の50分の1の署名のほうがハードルが低い。市民にもそちらがしやすい。議員の提案は理解できる」と述べた。

 「所定の手続き」について当局側は過去の答弁で不備を認めて検討する考えを明らかにしていたが、中山市長は「内部で検討したが、議会を経ずに実施するとなると、二元代表制や議会制民主主義の崩壊する形になる」と述べ、議会での議決の必要性を強調した。

 一方、当局側の改正作業について「今回の改正以外のものも現状に合うような改正を検討している。9月を目指したい」と述べ、今回の改正点について「議会で議決したばかり。今のところ回答できない」と述べるにとどめた。

14:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/06/27

石垣島★自治基本条例改正案上程へ 市議会最終本会議

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
   2021年06月26日 八重山毎日新聞

「住民投票」「最高規範」を削除 与党議員が提案
 石垣市自治基本条例の改正案が28日の6月定例市議会最終本会議で上程されることが25日、議会運営委員会で与党の賛成多数で決まった。友寄永三氏が提案する。住民投票を規定する第27、28条を全部削除し、第42条中の「市政運営の最高規範」を削る内容。市が審議会の答申を受け見直し作業を進める中、これを待たず、さらに答申内容から踏み込んだ案を提出することになった。与党多数で可決される可能性がある。(7面に質問要旨、8、9面に関連)

 友寄氏は議会運営委員会の説明で「条例制定から11年が経過し、その間にさまざまな批判や疑問が出ており、改正の必要がある」と理由を説明した。

 具体的には▽市民の定義が幅広く、住民登録をしていない外国人や観光客、反社会的な個人・団体まで市民になる▽住民投票の解釈の違いが大きく、裁判で争っており、市民に混乱と裁判費用の負担を強いている。地方自治法による住民投票条例のほうが提案しやすく適切である▽最高規範とうたっているが、条例には上下はないと当局も答弁しており、法的な整合性がとれていない―ことを挙げ、「5年に1度の見直しのための審議会の答申でもこの3点の見直しの必要性が求められている」とした。

 同条例の見直しを巡っては中山義隆市長が昨年9月、審議会(8人)に諮問、4回にわたる会議を経てことし3月に答申を受けていた。現在、答申を精査しながら改正作業を進めているところ。

 これに先立つ議員提案になることについて友寄氏は質疑で「今議会でも改正案が出ておらず、9月議会でも分からないという話だったので個人的によいタイミングだと思う。特別委員会でも調査して廃案を出したが、1票差で負けた。十分議論できている。答申も市議会の特別委員会の調査とほとんど同じ内容。それで十分だ」と答えた。

 同条例の見直しを規定する第43条は、市が見直しをする場合には審議会を設置して諮問しなければならないと定めているが、議会に関する規定はない。

15:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/06/22

石垣島★石垣市 「現地調査で適切に作成」 防衛局通知書疑義問題

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
    2021年06月22日 八重山毎日新聞
 平得大俣への陸上自衛隊配備計画に伴う駐屯地建設をめぐり、伐採などに伴い沖縄防衛局から提出のあった行為通知書に事前の現況調査で見つかっていなかったサキシマスオウノキなどが伐採樹木に記載されている問題で石垣市は21日、「行為通知書記載の樹木については(防衛局が)現地を実地調査し、適切に作成したものと考えている」との認識を示した。知念永一郎建設部長が長浜信夫氏の一般質問に答えた。

 行為通知書には樹高約9㍍のサキシマスオウノキが約284本、樹高2~13㍍のアマミアラカシが約8812本あると記載されているが、同局が着工前に実施した現況調査の報告書(2019年3月)に両樹種の記載はない。植物に詳しい人たちもこれまで存在を確認していないとしている。

 市は、景観法に基づく行為通知書を4月13日付で受理。同23日開催の景観形成審議会発言記録を添え、5月14日付で防衛局に協議を終了したと通知した。

 知念部長は「その資料(現況調査結果)は本市に存在しないことから一致、不一致の確認はできない」としつつ、景観形成審議会は伐採に伴う植え替えなど代償措置が景観形成基準に定められた行為で妥当と判断したとして「市は審議会の意見を踏まえて協議終了とした」と答弁。景観審でも伐採について「特に質疑はなかった」とした。

 長浜氏は「サキシマスオウノキ、アマミアラカシがあるとする根拠がない。審議会はやり直しが必要。市の協議終了も無効だ。防衛局からデタラメな資料を出されて良しとするのか。大きな問題だ。イージスアショアのデータ改ざんと同じ。皆さんも防衛局も再度調査すべきだ」と追及した。

 一方、市教育委員会は、行為書の記載通り両樹の存在が確認された場合に天然記念物になる可能性を問われ、「文化財を所管する市教委としては今後の推移をみながら動きを検討したい」と述べた。長浜氏は「工事を中止して教育委員会も調査すべきだ」と要求した。

11:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/06/11

法令、憲法に違反と主張 住民投票求める会  上告理由書など提出

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
  2021年06月05日八重山毎日新聞

 石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)は4日、住民投票義務付け訴訟の二審判決(棄却)が法令や憲法などに違反しているとして、上告理由書などを福岡高裁那覇支部に3日付で提出したと発表した。住民投票の義務付けを規定する自治基本条例28条の解釈の誤りや、法律の範囲内で自治体の条例制定権を定める憲法94条の違反などを主張している。最高裁は今後、理由書を受理するかどうか判断する。

 条例28条は1項で有権者の4分の1の署名を集めて住民投票実施を市長に請求することができると規定、1項の請求があった場合の対応として4項は市長は所定の手続きを経て実施しなければならないと定めている。

 これについて2審は「権利を創設した規定ではない」「28条4項は市長・議会に努力義務を課している」との見解を示しているが、原告側は法令違反などを指摘する上告受理申立理由書で「1項と4項は住民の直接請求権を創設している」「28条4項は実施義務を課している」と主張、「28条1項と4項の解釈や立法過程での議論に関する事実認定について二審での審理が不足している」と指摘した。

 二審の「努力義務に過ぎない」とする見解に対し、原告側は「4分の1にハードルを上げた代わりに市長に実施義務を課しているのは法律の範囲内」として「公共団体は法律の範囲内で条例を制定することができる」とする憲法94条に反するとしている。

 原告側は「憲法の諸規定を無視し誤った判断を下すことは、民主主義の基盤を崩すことにつながる」と訴えている。

21:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/05/29

石垣島★元市有地の希少野生動植物の調査報告概要と写真

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
************
 防衛省は、いま、中山市政がミサイル基地用に売り払ってしまった平得大俣元市有地の森林で、大規模な伐採を始めようとしています。そこは、石垣市の保全種や希少種を含む多くの貴重な生物が棲む自然の宝庫です。森林の伐採は、その生息環境を破壊することです。
 2018年11月5日と9日の投稿で紹介した渡辺賢一先生(元石垣市自然環境保全審議会会長)らによる元市有地の希少野生動植物の調査報告概要と写真集を再掲します。


21:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2021/05/04

記事★100回を超えた朝のスタンディング「誇らっしゃい、島ぬ大自然」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
◎西村幸吉さんの八重山毎日新聞への投稿記事です。
<100回を超えた朝のスタンディング「誇らっしゃい、島ぬ大自然」>


22:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/02/03

宮古島で接待飲食の石垣市長が謝罪「市民に不安与えた」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

宮古島で接待飲食の石垣市長が謝罪「市民に不安与えた」「自制すべきだった」

202123 06:00琉球新報


 石垣市の中山義隆市長が不要不急の外出を控えるよう市民に呼び掛けていた期間中、選挙応援で訪れた宮古島市内で接待を伴う飲食店で会合していた件について中山市長は2日の市議会臨時会で「市民に本市の感染対策に不安を与え、宮古島市の皆さまに迷惑を掛けたことを心よりおわびする」と謝罪した。

 

 中山市長は「県の緊急事態宣言発出前であり、市長選挙のお願いとは言え、その後の宮古島市の感染拡大状況を見ると、いまさらながらではあるが自制すべきだったと思う」と述べた。

 

 議会後に報道陣の取材に応じた中山市長は、宮古島市長選に立候補した下地敏彦氏の応援で同市を訪れていた11516の両日、市内の接待を伴う飲食店や居酒屋を各日23軒訪れたと説明した。宮古島市議や下地氏の支援者が同行したという。

 

 滞在時間は各店舗30分~1時間ほどで、同席したのは同行者・店舗スタッフと合わせ、多い時で56人だったとした。(以下略)


13:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
12345