静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

沖縄県へ防衛省「変更承認申請」不承認の意見書を送ろう
③設計変更意見書-書式202008.doc


★沖縄★「南西諸島ミサイル基地化の危機」写真・資料展

開催場所:不屈館 那覇市若狭2-21-5

開催日時:202092日(土)~1031日(土)の約2ヶ月間








 

学習用資料

YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER151444

宮古島

宮古島情報
1234
2020/09/13

宮古島・保良ミサイル弾薬庫反対、座り込みの8月の記録!

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

宮古島・保良ミサイル弾薬庫反対、座り込みの1カ月の記録!

Fujikoさんの「保良だより(遠隔リポート)」の8月分をまとめたもの)

 【8月の保良ゲート前】

 

 宮古島の東南端、東平安名崎。2kmにわたって海に突き出した岬。そこを囲む海は様々な表情を見せる。宮古島でも有数の景勝地。

 

 東平安名崎から東に、宮古海峡が広がる。この、宮古海峡…日本の排他的経済水域で公海である…を通航する外国籍の船舶を威嚇または攻撃するための…「通峡阻止/海峡封鎖戦略」の…重要拠点として、東平安名崎の先端から西に約5km程の距離に位置する場所で、自衛隊のミサイル弾薬庫の建設工事が昨年(201910月に始まった。

 

 軍艦を沈めるような強力な破壊力をもつミサイル弾体等が保管される、「米軍基準」だという弾薬庫が造られているその場所は、保良と七又というふたつの集落の生活圏内であり、いちばん近い民家からは200m程しか離れていない。

 

 この「陸自宮古島訓練場火薬庫(仮称)」という奇妙な名前の軍事施設は、開設後、地対艦ミサイル部隊の常駐基地となるだろうと推測されている。また、「訓練場」は、対空/対艦ミサイル部隊の模擬弾の演習場として使われるだろうし(非常に危険)、アセス逃れのため現在19haの敷地面積で造られている基地は、将来間違いなく拡大されていくだろう。

 

(参考軍事ジャーナリスト小西誠さんのnote『宮古島・保良のミサイル弾薬庫の現在ー300日もの座り込みを続ける保良の人びと』 https://note.com/makoto03/n/nd67173c1f202

 

 2019107日の工事着手強行以来、300日以上も、保良のゲート前で抗議行動を続けている地元の人びとがいる。1分でも1秒でも工事を遅らせようと、トラックの前に座り込む人びとがいる。そうして時間を稼ぎ、基地完成が遅れていく間に、全国の人びとが抗議の声を上げ、主体的な行動を始め、流れが変わり、基地計画が頓挫するのを、待っているのだと思う。

 

 そうした思いを踏みにじるように、連日、工事は休みなく行われている。日曜日以外は、土曜も休日も関係なく。「慰霊の日」も、「広島原爆忌」も「終戦記念日」も雨の日も…。

 

 朝早くから夕方まで、一度に15台以上のトラックによる搬入が一日に何度も、多いときは7回も繰り返され、その度に人びとはトラックの前に座り込んだ。一日に50台以上ものミキサー車が入った時は、休む時間もなかった程だという。最近ではトラックの搬入は減って、現場内での作業が急ピッチで行われているようだ。

 

 なぜ、国策として戦争拠点に造りかえられようとしている、その場所に暮らす人びとだけが、全国から切り離され孤立して、少ない人数で国を相手に抵抗するような状況に追い込まれなければならないのか。

 

 自分たちの暮らすたいせつな島が、最前線として戦場の候補地として利用される。…そういう人びとだけが「本気」で「戦争」に「反対」しているようにさえ思えてしまう、この現状はどういうことなのか。

                        ※

 〝島じまスタンディング〟でもおなじみの、うたうたいのFujikoさん(埼玉在住)という人がいます。Fujikoさんは保良ゲート前行動のSNSグループに潜入?して、毎日、「保良だより(遠隔リポート)」を、保良の方々の許可を得て、facebooktwitterに発表しています。以下は、それを〝毎月第一土曜日の島じまゆんたく〟でスライド上映するために8月分をまとめたものです。

 

 追体験、というわけにはいきませんが、保良で起こっていること、保良の方々の思い、知りたいと思います。多くの人に知ってほしいと思います。少しずつ、しかし着実に、弾薬庫は完成に向かっています。

 

 止めよう!

 

以下「しまじまスタンディング」のページを見てください。


23:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/08/20

宮古島・下地島空港の軍事利用に反対する声明

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

宮古島・下地島空港の軍事利用に反対する声明

 

 全国的に新型コロナ感染症の感染が拡大する中、沖縄では、政府の無為無策の結果と検疫フリーパスで入るアメリカ本国からの感染が米軍基地を介して持ち込まれ医療の逼迫に苦しんでおり、宮古島でも7月下旬から拡大の一途をたどり、島民は不安な暮らしを続けている。

このような時期に、政府防衛省はコロナ対策ではなく軍備拡大の政策を取り続けている。7月の新防衛白書で「陸上配備型迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』の撤回」が明記され、代わって、自民党ミサイル防衛検討チームの「敵基地攻撃能力保有」の提言が登場、政府は新たなミサイル防衛についての協議を本格化させた。この動きと連動するように、86日、自民党の国防議員連盟は「宮古島の下地島空港の自衛隊使用」を河野防衛大臣に申し入れた。軌を一にして宮古島市においても「沖縄の領土・領海を守る会」が7月末記者会見し「自衛隊機の下地島空港配備容認」を示した。

 1960年代後半に空港建設の計画が浮上、島内の熾烈な反対運動の結果1971年に当時の琉球政府と日本政府の間で、「下地島空港は沖縄県の管理空港であり、軍事利用はしない」という覚書(屋良覚書)が交わされ、これまでも再三国会でも確認されている。にもかかわらず、1979年の開港以来、これまでに300回を超える米軍機の下地島空港飛来が強行されてきた。20053月市町村合併前の伊良部町議会で、緊急動議で8:9で可決された「自衛隊配備」を、その日のうちに島民の結集と追及でくつがえして白紙撤回させた闘いの歴史がある。その2005年頃から日米同盟再編の中で島嶼防衛が語られ始め、陸上自衛隊ミサイル部隊配備計画が明らかになった近年は米軍機の飛来はない。しかし、その間、「普天間基地の代替候補」に上げられたり、F35戦闘機の訓練場として浮上したり、2016年には当時のおおさか維新の会の松井代表と下地幹郎政調会長が視察し、「下地島での米軍訓練」を提案している。米軍はすでに2001年、米国のシンクタンク、ランド研究所が「下地島空港は軍事的要衝」と提言していて、この40年間下地島空港の米軍利用が図られており、今また、米軍の軍事戦略が再編、海兵隊の役割が変更され、新しい米海兵隊「沿岸連隊」の沖縄・島嶼部への27年までの配備が報道されている。自衛隊の戦略は、米軍の軍事戦略のもとに立てられ、基地の共同使用、訓練の一体化を見れば、下地島空港の自衛隊利用には必ず米軍の宮古島への流入があると考えられ、米中の緊張の高まりの中で、戦争への危機が増す自衛隊の空港利用を私たちは認めることができない。

1971年沖縄の復帰運動の最中、宮古島を揺るがした大反対運動の中で、琉球政府の屋良朝苗主席の背中を押し、日本政府と結んだ「覚書」は今も生き続けており、遵守されなければならない沖縄と宮古の平和の守りの宝である。これを無にするような下地島空港の自衛隊使用や軍事利用の動きに私たち宮古島市民は断固反対する。

 

 2020820

ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会


20:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/08/19

【報告】7/31~8/4 宮古島弾薬庫阻止座り込みに参加して

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

 ※以下、「緑の党神奈川のブログ」から転載させていただきます。
  http://midorikanagawa.net/2020/08/10/post-399/
*******
7/31
8/4 宮古島弾薬庫阻止座り込みに参加して

 2020.08.10 佐藤茂伸(横浜市戸塚)

一触即発が明日にでも・・・!?

琉球弧の島々に巨大な軍事施設が続々!

マスコミが伝えて居ない・・国民が知らないうちに!

 

はじめに

 昨年12月は神奈川から3人で参加、4月に再び5人で参加する予定がコロナ禍のため中止。今回も4人で行く予定がコロナ禍急変で、結局は佐藤ともう一人の参加、しかも日程を短縮せざるを得なかった。成田からLCC出発ロビーに並んでいると、なんと知り合いの軍事ジャーナリストの小西誠氏と会い、到着後は氏の同行許可を得て、旅は道連れの行動方針。復路便も一緒となり、私は情報などの収穫が豊富な旅程だった!感謝。

 

1 やはりここも猛暑だがそよぐ風は心地よい

 成田から3時間、降りた所は宮古島の隣の島、下地島しもじしま空港。ここは滑走路3,000メートルの元パイロット訓練飛行場。今は民間空港としても一日数便しかなく、宮古島市長など地元保守派はこれを軍事空港化に要望し、琉球弧の兵站の拠点化を狙う。しかし1971年、当時の屋良沖縄県知事と政府による、「民間機以外の使用はしない」の取り決めは今ももちろん生きている。この取り決めは絶対に守らせよう!それにしても宮古島の海は美しい。海の色がグラデーション。日本一の美しさ。宮古島には山が無いから、したがって川が無いから、海に赤土などが流れない。特に顕著なのは台風時にも海は綺麗だった(滞在中に台風が近辺に迫ったため確認できた。)

 

2 宮古島市保良(ぼら)地区の弾薬庫建設

 この巨大なミサイル弾薬貯蔵所は、約400人が住む保良地区まで僅か200メートルしかない。万一の事故時、地区全体が吹っ飛ぶ危険性がある。有事では一番先に狙われるのが弾薬庫だから、これらは明らかにジュネーブ条約違反(別記に説明)!

12月に訪問した時は土盤の整備だけだったのに、今は4階建ての骨組みまでできていた。急ピッチ作業は驚きだ。だが、下地博盛夫妻を中心とした現地の人々は毎日朝8時半~5時まで座り込みして、ダンプを20分から30分も止めている凄い闘いをしている。保良での闘いはこの日が丁度300日目。そのため軍事ジャーナリストの小西誠氏を東京から招き、住民勉強会が開催された。

 

 保良 上空から

 

 

 弾薬庫・保良 トラックを止めている!

 


3
宮古島市千代田の駐屯地は巨大なミサイル基地

 駐屯地本部の建物と隣接する家族宿舎がほぼ出来ていた。駐屯人員は約750名と家族。万一の時はに狙われるのに、人口が55千人もの島にミサイル基地はあり得ない!住民無視の愚かな政策!

地対艦ミサイルを飛ばしたら分離したブースターは落ちて民家に!! 安全な場所を選ぶ事はできない。

そう、秋田のイージスアショアと同じ理屈だ。だから千代田にミサイル基地は置けない。さらに、防衛省は千代田に弾薬は置かない言明していたのに、実は置いていたと嘘を認めた。それを撤去すると釈明しているが、まだ撤去は確認されていない。おそらくまだその場にあるのだろう。約束違反は許せない。地元住民の怒りは収まらない。


14:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/08/18

宮古島★動画8/1学習会「小西誠氏・軍事要塞化がすすむ南西諸島」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

★宮古島で8月1日に行われた市民学習会の動画を紹介します。

◎2020.08.01
【講師:小西誠氏】軍事要塞化がすすむ南西諸島〜どうなる?宮古島!〜

 動画(youtube)『軍事要塞化がすすむ南西諸島〜どうなる?宮古島!〜』

https://www.youtube.com/watch?v=cqvorIhenPs

 


23:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/08/18

<琉球新報社説>下地島空港 軍事利用は認められない

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

<社説>下地島空港 軍事利用は認められない

2020811琉球新報

自民党国防議員連盟の会合で、南西諸島の防衛力強化を理由に宮古島市の下地島空港を自衛隊が利用すべきだとの意見が相次いだ。同空港の軍事利用を禁ずる国と沖縄県の覚書に反する主張である。民間利用による地域発展に取り組んできた地元や関係者の努力に冷や水を浴びせるものでもある。到底容認できない。

 

 パイロット訓練飛行場として開港した下地島空港を巡って復帰前の1971年、当時の琉球政府と国が民間機以外は使用しないとの「屋良覚書」を締結した。内容は(1)琉球政府(県)が所有・管理し、使用方法は琉球政府が決定する(2)国は民間航空訓練と民間航空以外の目的に使用させる意思はなく、これ以外の使用を命令する法令上の根拠を有しない―というものだ。

 79年には県と国が交わした「西銘確認書」で、人命救助、緊急避難時など「やむを得ない事情のある場合を除いて、民間航空機に使用させる」ことを再確認した。安倍政権も20132月、空港の利用権限は「管理者である県が有している」との答弁書を閣議決定している。

 だが自民党国防議員連盟の会合で、最近の尖閣諸島周辺での中国公船の活動の活発化を挙げ「自衛隊の戦闘機が使える空港が那覇以外にない」「尖閣に近い」として下地島の自衛隊利用を促す声が出た。覚書と空港を巡る歴史的経緯を無視するものだ。

 河野太郎防衛相は「現時点で自衛隊が施設的なことに活用するという計画はない」と否定した。政府は約束を順守するよう、強く求めたい。

 住民の賛否が分かれる中、政府は16年の与那国への沿岸監視隊配備を皮切りに、南西諸島での陸上自衛隊配備を急いでいる。奄美や宮古にミサイル部隊や警備部隊を配置し、石垣でも計画している。中国の軍事力増強が念頭にあるが、自衛隊の配備加速と合わせて中国の航空機や艦艇の活動も活発化している。自衛隊強化がかえって緊張を高めていると言わざるを得ない。

 米中関係が悪化する中、米国には核兵器が搭載可能な新型中距離ミサイルを南西諸島に配備する計画さえある。過重な基地を抱える沖縄がこれ以上、有事のリスクを背負うことは許されない。下地島の自衛隊利用も同様だ。

 3千メートルの滑走路を持つ下地島空港は、軍事利用案が浮上するたび翻弄(ほんろう)されてきた。路線運休やパイロット訓練休止などの曲折を経たが、昨年3月には国内外と結ぶ格安航空会社(LCC)の拠点として新たに開業し、地域の活性化や生活を支える重要インフラとして再出発している。

 宮古島の観光客は近年飛躍的に伸び、13年度の40万人から18年度には114万人になった。コロナ禍で不透明感はあるが、県は24年度に160万人の目標を掲げる。下地島空港の民間利用拡大が観光・経済の発展にも不可欠であることは明らかであろう。


23:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/08/08

河野防衛大臣が与那国と宮古島を視察❗緊急抗議行動‼️2020/8/8

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

いんしゃあ かなすさんのfacbookより


緊急抗議行動2020/8/8

河野防衛大臣が与那国と宮古島を視察 今日午後になって飛び込んだ情報に、大勢の市民に呼びかける間もなく、緊急に10名が千代田に集まった!

午後3時50分、迷彩柄のC2輸送機が、宮古空港に到着。

千代田へ向かって車を急がせて走っていると空港近くで、私の頭の上を威圧感を持って、巨大な迷彩戦闘色にペイントした自衛隊のC2輸送機が通りすぎた。

民間空港である宮古空港、下地島空港を軍事利用するな

千代田駐屯地では、基地反対の横断幕や幟旗の並ぶ正門ゲートを避けて、防衛大臣は隊員宿舎側の出入口から入り、コソコソと出て行った。

明日は89日。ナガサキ原爆投下75年目の日。2日前はヒロシマの日。7日後は太平洋戦争敗戦の日。

防衛大臣は、ナガサキへ行き形だけでも平和を祈るべきではないのか!

そんな日に、与那国、宮古島と陸自駐屯地を周り、ミサイル発射台搭載車両やレーダー車両を回したり乗り込んだり、おちゃらけた兵器マニアぶりで、戦争ゴッコをしている場合ではない!

ふざけるのもいい加減にしろ!

おちゃらけ河野太郎の思惑はどうでもいい。

この時期の、マスコミ取材不可の急襲視察の意味が重要である。

▼コロン禍のドサクサに、自民党議連の「敵基地攻撃能力保有」論議

▼米軍の海兵隊再編・南西諸島を含む沖縄配備構想の報道

▼下地島空港の軍事利用の報道

これらは一体でパッケージで急浮上していることを注目しなければならない。

そんな遠い未来のことではない。

もう、近未来の宮古島を戦争・戦闘の危機が襲うのだ

▼巧妙に煽られ、作られていく米中新冷戦。宮古島がこの琉球軍事要塞列島の司令部として中心になるというメッセージである。

琉球弧の離島を見殺しのするのか この日本国の皆さんは。

行動の終盤、ゲート前畑の上に虹が出ていた。



23:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/08/07

ドローンで見る宮古島・保良ミサイル弾薬庫の現在!

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

小西誠さんのFacebookから転載させていただきました。(8月7日)

◎ドローンで見る宮古島・保良ミサイル弾薬庫の現在!

 ――今なら、まだ、保良ミサイル弾薬庫は止められる!

*ミサイル弾薬庫の詳細内容は以下からー

「宮古島・保良ミサイル弾薬庫の現在―300日もの座り込みを続ける保良の人々!」

https://note.com/makoto03/n/nd67173c1f202

(ドローン撮影・亀濱翔太氏)


20:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/07/14

宮古島海保の射撃訓棟施設を公開

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

宮古島海保の射撃訓棟施設を公開

0713日 NHK

尖閣諸島周辺海域の警備を強化しようと建設が進められていた宮古島海上保安部の射撃訓練施設がこのほど完成し、12日、地域の人たちに公開されました。

 

宮古島市城辺保良に完成した屋内射撃訓練施設は、海上保安庁が総工費およそ5億円をかけて建設した鉄筋コンクリート1階建ての建物で、標的に向けて武器を使用した実弾での訓練が行われます。

 

施設は幹線道路から90メートル離れていて、射撃の際の発射音が外に漏れないよう防音対策が施されているほか、安全確保のため武器や弾薬などの保管はせず、訓練の際、そのつど運び込むということです。

 

宮古島海上保安部警備救難課の福元竜介課長は「石垣、宮古に巡視船が増強され、宮古には海上保安官200人も配属されているので、訓練が効率的に行えると思う」と話していました。(以下略)


09:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/07/04

宮古島★保良鉱山土地取得9割超 沖縄防衛局 弾薬庫躯体工事にも着手

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

保良鉱山土地取得9割超

沖縄防衛局 弾薬庫躯体工事にも着手

202072() 8:58宮古毎日新聞


 宮古島への陸上自衛隊配備に伴う城辺保良鉱山地区への弾薬庫建設工事に関して、防衛省は2020年5月末現在で、全体面積(約19・4ヘクタール)の9割を超える、約18・8ヘクタールの土地を取得したことが1日までに分かった。沖縄防衛局によると20年4月からは弾薬庫(火薬庫)の躯体工事に着手している。1910月に示した工事工程表とほぼ同様のスケジュールとなっている。同局では工事の完了時期について一部土地の取得ができていないことなどを踏まえて「完了時期は未定」としている。

 

 同地区に整備される施設は地対艦誘導弾や地対空誘導弾、その他部隊が使用する弾薬などを保管する「火薬庫3棟」、隊員が射撃訓練を室内で行うための「覆道射場」、隊員が訓練の準備やさまざまな管理業務を行う「廠舎(しょうしゃ)」などを予定しており、全体面積約19・4ヘクタール中、約18・8ヘクタールの地権者と20年5月末までに不動産売買契約を締結している。

 

 宮古毎日新聞社の取材に対し、同局は「保良鉱山地区においては測量等および造成工事については1910月に着手し、工事を進めてきたところで現在も工事を継続している。保良鉱山造成工事は土地の取得ができたところから開始しており、一部土地の取得ができていない箇所については取得後に造成工事を行う予定」と答えた。

 

 また、一部の土地取得がされていないことなどを踏まえて建設工事の完了時期については「未定であることからお答えできない」と話した。残る土地取得については「地権者との調整が整い次第取得する予定」と答えた。

 

 一方、同鉱山で現在行われている工事の内容については今年4月から本体工事等として「火薬庫の建設工事に着手し、現在は躯体工事を行っている。また、今年6月からは整備場、受電所、給水所の工事も行っている」と回答した。(以下略)


21:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/06/13

【宮古島】3つの弾薬庫のうちの二つができつつある/保良弾薬庫

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

3つの弾薬庫のうちの二つが出来つつあます。保良弾薬庫建設現場
(動画)
 ※facebook
Saito Miki  琉球弧ピースネット)より宮古島の情報です。 


17:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
1234