静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

沖縄県へ防衛省「変更承認申請」不承認の意見書を送ろう
③設計変更意見書-書式202008.doc


★沖縄★「南西諸島ミサイル基地化の危機」写真・資料展

開催場所:不屈館 那覇市若狭2-21-5

開催日時:202092日(土)~1031日(土)の約2ヶ月間








 

学習用資料

YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER151435

沖縄・南西諸島の動き’

沖縄本島・周辺
1234
2020/08/19

辺野古工事の変更承認申請書 緊急事態宣言で告示・縦覧をさらに延期

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

辺野古工事の変更承認申請書 緊急事態宣言で告示・縦覧をさらに延期

2020816 10:50琉球新報

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が4月に県に提出していた工事の変更承認申請書について、県は申請書の内容を公開し県民らから意見を募る「告示・縦覧」を当初は8月上旬にも行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のために延期する。県独自の緊急事態宣言の解除後に行う予定で、開始は来月1日以降となる見通し。(以下略)


15:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/08/03

辺野古の軟弱地盤データを精査せず 防衛省、把握せずに設計変更申請

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

辺野古の軟弱地盤データを精査せず 防衛省、把握せずに設計変更申請

202082日東京新聞


 沖縄県名護市辺野古へのこの米軍新基地建設に伴う軟弱地盤の改良工事を巡って、防衛省が、焦点となっている最深部の海底地盤で強度計算に使った入力データを把握していないことが分かった。強度不足と指摘される地盤のデータを十分に精査しないまま、県に設計変更を申請していたことになる。「建築可能」の根拠が検証できない。

 本紙は2月以降、同省を通じ、調査した業者に入力データの提示を求めているが回答はない。

 防衛省が把握していなかったのは、地盤の軟らかい粘土層が最も深い海面下90メートルまで達している「B27」地点の強度算出に必要な計測値や係数といった入力データ。

 防衛省は地盤を固める改良工事の検討に当たり、調査した委託業者から強度のグラフを受け取った。このグラフには縦軸に深さ、横軸に強度の目盛りがあり、おおよその強度は分かるが、入力データなどは記されていない。防衛省はこうしたデータなどについて「承知していない」としている。

 防衛省は70メートルまで地盤改良すれば「施工可能」としているが、グラフを見る限りは、深さ80メートル付近までが軟弱なようにうかがえる。防衛省はこのB27地点での実測データなどを設計に採用せず、最長で750メートル離れた3地点の試験結果から、B27地点の強度を推定。90メートルまで改良しなくても建設は可能と結論付けた。

 防衛省は4月、軟弱地盤の改良工事に伴う設計変更を沖縄県に申請した。

   (中沢誠)


22:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/07/25

<琉球新報社説>辺野古9度目の訴訟 国の強権許さない判決を

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

<社説>辺野古9度目の訴訟 国の強権許さない判決を

2020725日 琉球新報


  この国の地方自治の在り方が再び司法で問われる。

 

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けて沖縄防衛局が申請しているサンゴ類の移植について県は22日、国を相手に福岡高裁那覇支部に訴えを起こした。6月に総務省の第三者機関・国地方係争処理委員会が県の審査申し出を退けたことを不服とした。

 県は地方自治法に基づき「農林水産省がサンゴ移植を許可するよう県に指示したことは違法だ」と主張し、指示の取り消しを求めている。これに対し農水省は「知事が許可しないのは違法なので、それを正す指示は適法だ」と主張する構えだ。農水省の指示が妥当かどうかが争点となる。

 裁判所は建設ありきで強権を行使している国を是認する判決を下すべきではない。是認すれば、この国の地方自治に大きな禍根を残す。

 辺野古新基地を巡る裁判は9度目となる。地方自治体が司法の場でここまで国と争うのは極めて異常な事態だ。県が訴訟を繰り返す背景には、辺野古新基地建設に反対する県民の民意がある。

 沖縄では辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票をはじめ、県知事選や国政選挙などで何度も建設反対の民意を示してきた。そもそも国が県民の民意を尊重すれば、訴訟は必要ない。

 国と県の訴訟合戦は、沖縄では民主主義が機能していないことの表れだ。(以下略)


15:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/07/04

辺野古移設めぐる文言、米下院軍事委の報告書から削除

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

辺野古移設めぐる文言、米下院軍事委の報告書から削除

7/4() 09:38朝日新聞デジタル


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画について、米下院軍事委員会がまとめた国防権限法案に関する報告書の中から、移設に関する文言が削除されたことがわかった。

 

 同委員会の即応力小委員会は6月、来年度の国防権限法案に付随する軍事委員会の報告書案の中に、建設予定地域での地盤対策や地震の恐れ、追加の環境計画などについて、議会に報告書を提出するよう国防長官に求める内容を盛り込んでいた。

 

 しかし、各小委員会の案を踏まえた軍事委員会の最終案をとりまとめる段階で、軍事委員会の共和党トップのソーンベリー下院議員が削除を提案。民主党のスミス委員長もこれを受け入れた最終案をまとめ、1日に全会一致で承認された。(ワシントン=大島隆)


21:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/06/28

イージス・アショアは止めても辺野古埋立は止めない日本政府の「欺瞞」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

イージス・アショアは止めても辺野古埋立は止めない日本政府の「欺瞞」

沖縄と本土の「ダブル・スタンダード」

2020627日 現代現代ビジネス(半田滋)

米議会が初めて「軟弱地盤」を取り上げた

 防衛省が沖縄県名護市で進める辺野古新基地の建設工事をめぐり、米下院軍事委員会の即応力小委員会(ジョン・ガラメンディ委員長)は、埋め立て予定地の大浦湾の軟弱地盤への懸念を盛り込んだ国防権限法案を可決した。沖縄タイムスと琉球新報が25日、伝えた。

 

 国防権限法は、世界一の軍事大国である米国の国防予算を決める法律のこと。法案は上下両院の軍事委員会で可決された後、上下両院の本会議を経て一本化され、大統領が署名して成立する。

  

 その法案の最初の一歩である小委員会で、辺野古新基地の軟弱地盤が取り上げられたのは初めて。ようやく米議会が埋め立て工事の実効性について関心を示したことになる。

 

 埋め立てられる辺野古の海(20191月、Photo by gettyimages

両紙の報道によると、即応力小委員会は法案の冒頭で「普天間代替施設の開発継続を懸念する」と辺野古新基地の安全性への懸念を表明。そのうえで、大浦湾の軟弱地盤が建設計画に「不利な影響を与え得る」と指摘した。

 

 そして、米国防長官に対し、地盤の固さを示す「N値」の検証結果や地盤強化を含む対処法、海洋哺乳類・サンゴを含む環境全体への影響など5点を盛り込んだ報告書を121日までに小委員会に提出するよう指示した。

 

 当然ながら、米国防総省は日本の防衛省に対し、この5項目について回答するよう求めることになるが、防衛省はまともに回答できるだろうか。(以下略)


16:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/06/28

F4ファントム嘉手納移駐、日本政府の不安に米が配慮

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

F4ファントム嘉手納移駐、日本政府の不安に米が配慮 当初はグアムや米本土

2020626 05:30琉球新報

 【東京】197012月に日米両政府が合意した米軍横田基地(東京都)のF4ファントム戦闘機部隊の移駐先について、米側が米軍撤退を不安視する日本政府に配慮し、当初検討された米本国や米領グアムではなく嘉手納基地に決定していたことが分かった。東京工業大の川名晋史准教授(国際政治学)が、米公文書から明らかにした。横田基地から地理的に近い沖縄を移駐先とすることで、米軍が日本防衛に関与しなくなるとの日本側の懸念を払拭(ふっしょく)する政治的判断が重視されていた。

 

 F4の嘉手納移駐は701221日に日米間で合意された。当時進んでいた日本本土の米軍基地再編計画の柱の一つで、他に三沢基地(青森県)のF4を米本国と韓国に移駐することや、厚木基地(神奈川県)の米軍兵力削減などが盛り込まれた。(以下略)


16:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/06/26

社説[辺野古 米議会が懸念]全面検証し見直す時だ

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

社説[辺野古 米議会が懸念]全面検証し見直す時だ

2020626 06:55沖縄タイムス

 米下院軍事委員会の即応力小委員会は、国防予算の大枠を示す2021会計年度(20年10月~21年9月)国防権限法案を可決した。

 注目されるのは、名護市辺野古の新基地建設に伴う軟弱地盤対策について、議会が強い懸念を示したことだ。

 法案は「大浦湾の海底での地震の可能性および不安定性に対する懸念が高まってきた」と指摘し、具体的に懸念材料を挙げる。

 「2本の活断層と50メートルの深海が建設予定地の近くに存在することに注意を促したい」 いわば議会側が国防総省に対し、こんな海上に軍事施設を造って本当に大丈夫なのか-と懸念を突き付けたようなものだ。

 法案は12月1日までに報告書を提出するよう国防長官に義務づけている。

 海底の詳細な状況、軟弱地盤の改善策、海洋哺乳類(ジュゴン)やサンゴなどへの影響、海底地震の危険性の評価-法案が報告書に盛り込むよう求めているこれらの項目は、県民が以前から知りたかったことばかりだ。

 大浦湾海域には、陸上部から延びる二つの断層が交わり、50メートル以上落ち込んでいる海底地形がある。

 これまで複数の地質学者が、この落ち込みを活断層だと断言し、海溝型の地震や津波の危険性を指摘してきた。

 政府は長い間、「海底地盤の安全性は問題ない」と主張し、説明責任を果たすことを怠ってきた。

 この際、工事を中止し、根本に立ち返って安全性や環境問題を検証すべきである。

■    ■

 この先、軍事委員会や本会議での採決が控えており、法律が成立するまでのハードルは高い。

 上院軍事委員会の国防権限法案には辺野古絡みの文言は盛り込まれておらず、辺野古の扱いがどうなるかは、正直なところ、不透明である。

 ただ、忘れてならないのは、下院軍事委員会の即応力小委員会が懸念を表明したのは、県をはじめ国会議員や県内の自治体議員、市民団体、米国のNGOや労働組合などが波状的に要請行動やロビー活動を繰り返した結果、だという点だ。

 米議会などへの要請活動を行ってきたプログレッシブ議員連盟事務局長の屋良朝博衆院議員は強調する。

 「問題の実相がアメリカ議会の中でも認識されつつある意義は大きい」

 報告書をまとめるため国防総省から問い合わせがあった場合、防衛省はどう対応するのだろうか。

 

■    ■

 辺野古に固執すれば、今後最低でも12年にわたって普天間飛行場が固定化され、最低でも9千億円以上の国費が、コロナ禍のこのご時世に、投入されることになる。

 配備計画を取りやめた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」同様、新基地建設計画も全面的に検証し、見直す時だ。

 これほど問題が山積しているにもかかわらず、沖縄の民意に反して、二重基準のまま建設を強行し続ければ、辺野古は政府主導の「差別政策」に堕することになるだろう。


22:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/06/13

辺野古新基地工事を再開、沿岸に土砂投入 県議選5日後、玉城知事反発

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

辺野古新基地工事を再開、沿岸に土砂投入 県議選5日後、玉城知事反発

2020613 06:00琉球新報

 沖縄防衛局は12日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた新基地建設の工事を再開した。工事関係者の新型コロナウイルス感染を受け、4月から約2カ月工事を止めていた。沖縄県は工事を再開しないよう求めていた。7日投開票の県議選では新基地建設に反対している当選者が過半数を占めた。県議選から5日後の工事再開に、玉城デニー知事は12日の定例記者会見で「大変遺憾だ」と反発し、工事中止を求めた。

 

 防衛局は12日朝から工事を再開した。退去していた複数の作業船が工事現場に戻った。午後には辺野古沿岸部の埋め立て区域に土砂を投入した。土砂を工事現場に揚げるのに既設の護岸を使った。防衛局によると、投入した土砂は台船3隻分。護岸を造成する作業や赤土対策用の排水路を造る作業もした。

 

 新基地建設に反対する市民らは、小型船2隻とカヌー7艇を大浦湾に出して工事再開に抗議した。米軍キャンプ・シュワブのゲートからは工事用の資材を積んだ車両111台が入った。市民ら数十人が座り込み「工事の予算をコロナ対策に回せ」「民意にそぐわない工事はやめろ」などと声を上げた。(以下略)


17:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/06/11

「夜も眠れない」午後10時にオスプレイの騒音 普天間飛行場

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

「夜も眠れない」午後10時にオスプレイの騒音 普天間飛行場

2020611 11:14琉球新報


 【宜野湾】米軍普天間飛行場で9日、オスプレイ4機が航空機騒音規制措置(騒音防止協定)の時間外である午後10時を超えて飛行した。機体が北側から着陸する際、沖縄県宜野湾市と県が測定している野嵩一区公民館で午後1052分、最大962デシベルの騒音が発生した。松川正則市長は5日、沖縄防衛局を通して市民生活に配慮するよう申し入れたばかりだった。

 

 90デシベルは「騒々しい工場内」に相当する。市の基地被害110番には、市新城に住む男性から「ヘリが上空を飛んで夜も眠れない。抗議してほしい」との訴えがあった。

 

 米軍機は連日、同飛行場で午後10時以降の飛行を繰り返している。琉球大学の渡嘉敷健准教授の調査によると、夜間飛行のあった2日午後1031分~54分、緑ヶ丘保育園と普天間第二小の屋上で880954デシベルの騒音が発生した。


22:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/06/11

【辺野古】沖縄の新基地建設工事 あす6月12日再開 沖縄防衛局発表

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

沖縄の新基地建設工事 あす612日再開 沖縄防衛局発表 新型コロナ感染で中断

2020611日沖縄タイムス

 
 沖縄防衛局は11日午前、名護市辺野古の新基地建設工事を12日に再開すると発表した。関連業務の作業員に新型コロナウイルスの感染者が出たため、4月17日から工事を中断しており、約2カ月ぶりとなる。

 

 沖縄防衛局は「新型コロナウイルス感染拡大防止対策について受注者と調整を行い、準備が整った」としている。

 

 7日の県議選で与党が過半数を占め、改めて新基地建設反対の意思が示されており、反発が強まりそうだ。

 

 県は埋め立て海域付近でジュゴンの鳴き声が繰り返し確認されていることから、沖縄防衛局に工事を再開しないよう行政指導している。

 

 県議選の結果を巡っては、自民党公認や推薦候補が議席を伸ばしたことで、菅義偉官房長官が「(米軍普天間飛行場の)辺野古移設の理解が進んできていると思う」と強調。米軍や工事の受注業者と調整の上、工事を再開する方針を示していた。


22:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
1234