静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

◎「先島―南西諸島の軍事化・要塞化に抗し、同地域の非武装化を求める共同声明」のご賛同のお願い


◎静岡講演会「ミサイル基地いらない宮古島」現地報告
日時:12月15日(日)13:30~
講師:ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会事務局長

会場:静岡市・静岡労政会館5階




絵文字:お知らせ石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票’求めるChangeOrg署名を!


 

学習用資料


ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト

◎石垣島「市民連絡会」チラシ

 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER29455

沖縄・南西諸島の動き’

沖縄本島・周辺
2019/10/05

米、沖縄に新型中距離弾道ミサイル配備計画

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

米、沖縄に新型中距離弾道ミサイル配備計画
 ロシア側に伝達、2年内にも 基地負担大幅増恐れ

2019103日琉球新報

 

 中距離核戦力(INF)廃棄条約が82日に破棄されたことで、条約が製造を禁じていた中距離弾道ミサイルの新型基を、米国が今後2年以内に沖縄はじめ北海道を含む日本本土に大量配備する計画があることが2日までに分かった。琉球新報の取材に対し、ロシア大統領府関係者が水面下の情報交換で米政府関係者から伝えられたことを明らかにした。その情報によると、米国は2020年末から21年にかけての配備を目指し日本側と協議する。配備されれば基地機能が一層強化され、核戦争に巻き込まれる恐れが高まり、沖縄の基地負担が飛躍的に増す。


22:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)