静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

◎静岡・沖縄を語る会・連続講座◎

◆第1「米国のアジア戦略を読み解く」・43()午後2時静岡労政会館・展示室

◎宮古島スタンディング行動


基地化に揺らぐ馬毛島を中心に、人々を描いたドキュメンタリー映画「島を守る」制作支援

https://motion-gallery.net/start_project


やんばる広場

「イカラー」「島豆腐のくんせい」を食べて辺野古支援!!

Stand with OKINAWA

★戦争させない・9条壊すな!総がかり行動


【「敵基地攻撃能力」保有反対のネット署名を!】

ネット署名<米軍と一体化した先制攻撃に道を開く「敵基地攻撃能力」保有に反対します>


 

学習用資料

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■【YouTube】37「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今 宮古島・保良ミサイル弾薬庫の開設=ミサイル戦争の始動を阻もう!」

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」


◎【Youtube】
デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

YouTube『軍事化のために国に買収されていく馬毛島。160億円の馬毛島買収劇の""はいくつある?!』たねたねtoまげまげ vol.6

YouTube「たねたねtoまげまげ」チャンネル

YouTube「今、無人島・馬毛島が熱い!」4回(デモ・リサTV

《パート3

馬毛島が自衛隊最大の軍事基地に!

https://youtu.be/PXWIlRCpgcA


「今、無人島・馬毛島が熱い!」最終回

《パート4

市長が初めて自衛隊基地化反対の表明!

基地経済にたよらない、平和で安全な島に!!

https://youtu.be/I5g3SWx_8vs

《パート1
無人島に160億円もの税金が使われる!!

https://youtu.be/2-vYJ2boge0

《パート2
馬毛島自衛隊配備に市長も議会も反対!

https://youtu.be/DsTgUznQ79o

[
ツイキャス動画] 〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29 院内集会 at 衆院第一議員会館多目的ホールYouTube

宮古島パート4YouTube「軍隊は戦争の準備! "平和"""こそ宮古島の宝!!

宮古島パート3YouTube「宮古島に自衛隊が来た!脅かされる島民の命!!

宮古島パート
YouTube「宮古島にも日本軍『慰安婦』が!沖縄戦から本土復帰へ」

宮古島パート1YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3」

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER275867
ブログ記事・注目ニュース紹介

2021/02/18

「敵基地攻撃能力」保有反対の署名を提出しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

「杉原こうじのブログ」からの転載です。

2021
02 16

【報告】「敵基地攻撃能力」保有反対の署名を提出しました!


216日、「STOP敵基地攻撃能力アクション」が呼びかけた菅首相あてのネット署名<米軍と一体化した先制攻撃に道を開く「敵基地攻撃能力」保有に反対します>の第一次集約分、計2359筆を、内閣府総務課に提出しました。

 

署名は、国内各地はもちろん、アメリカ、カナダ、フランス、スイス、シンガポール、イギリス、メキシコ、フィリピン、スウェーデン、イスラエル、インド、イタリア、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、グアテマラ、マレーシア、ドイツ、ベルギー、韓国からも届きました。日本が「敵基地攻撃能力」を持つことはグローバルな脅威となり得ます。

 

16日午後、まずは首相官邸前に集まり、横断幕を掲げてアピールし、記念撮影。その後、久しぶりに内閣府へ。

 

会議室で、内閣府大臣官房総務課の職員に署名簿を手渡した後、趣旨を説明。さらに、届いたコメントのいくつかを読み上げて紹介しました。「軍事にかけるお金を学校に回してほしい」「ミサイル攻撃は広範囲を破壊し、殺傷能力も大きい。人の命を奪う戦争は許されない」「あなた方公務員には憲法遵守義務がある。敵基地攻撃能力の保有は専守防衛に反し、憲法9条に違反している」など、参加した4人がそれぞれの思いを伝え、「しっかり届けてください」と念を押して、提出行動を終えました。

 

日本の安全保障政策の歴史的な大転換という事の重大さに比して、署名数は残念ながら圧倒的に少ないのですが、これも憲法9条と日本社会の危機の表れかもしれません。もちろん、私たちの努力不足もあるのですが。

 

政府としての「敵基地攻撃能力」保有のお墨付きこそ先送りされましたが、巨額の「敵基地攻撃兵器」予算の計上や、国産ミサイルの射程の大幅延伸、新型長距離ミサイルの開発など、タガの外れた状況です。こうした困難な時期ではありますが、工夫して粘り強い取り組みを続けたいと思います。

 

署名へのご協力、本当にありがとうございました。当面は継続していきます。まだの方は以下から、署名済みの方は改めての拡散をよろしくお願いします。

http://chng.it/gpSQfbWD

 

【賛同者のコメントから】

・敵基地攻撃能力を考えるときに思い起こすのは、米国がイラク攻撃を正当化する為に、事実ではない核兵器保有を理由とした事です。攻撃能力を持つためには常に仮想敵が必要なのです。戦争は常に自衛の名目で始まります。そして守るべきものを破壊し尽くしてしか終わらないのです。

・原発や再処理工場にミサイルが命中したなら、福島原発事故、それ以上の大災害をもたらします。敵を作らず、世界の国々と良好な関係を作り出すことが政治家の責任です。

・誰にも殺されたくないけど、それ以上に誰も殺したくない、だから敵基地を攻撃するなど絶対反対です。

・沖縄から愛を込めて賛同します。「島嶼防衛」なる「琉球諸島」を先端・戦場とする侵略を許さない。ところで、こうなると日本列島全体が戦場と化すことを肝に銘じて頂きたい。これは単なる兵器の問題ではない。侵略的な軍事戦力そのものであり、実際の改憲である。

・安倍前首相は「日本を守り抜く」と頑張っていらっしゃいますが、力で国を守って幸せになるのは、軍需産業だけです。軍縮による安全保障を目指しましょう。

・「敵」を想定し、戦争の準備をする。一この発想は、果てしない軍拡競争への蟻地獄だ。懲りないんだなあ。食い止めたい。


09:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項