静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ











 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER129431
ブログ記事・注目ニュース紹介

2020/07/22

「敵基地攻撃能力」の公然たる保有に向けた動きを批判するために

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

「敵基地攻撃能力」の公然たる保有に向けた動きを批判するために

722杉原 浩司さんのfacebookより

この間、「敵基地攻撃能力」の公然たる保有に向けた動きを批判するために、いろいろな文章や記事を読んでいるのですが、その中から2つご紹介します。

論理の巧妙さから見ても、また、自民党国防族への影響力の点から見ても侮れないと思います。

「敵基地攻撃能力」の議論の前に日米同盟の再定義を

安全保障戦略の見直しに向け、日米で「戦い方」の共有が必要だ

村野将(米ハドソン研究所研究員)

Wedge720日)

https://wedge.ismedia.jp/articles/-/20229

専守防衛下の敵地攻撃能力をめぐって~弾道ミサイル脅威への1つの対応

(高橋杉雄)

http://www.nids.mod.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j8_4.pdf

※村野氏は、日本が持つべき「敵基地攻撃能力」について、北朝鮮や中国の移動目標の攻撃は不可能と認めたうえで、空中発射型に加えて、海洋発射型、移動式の地上発射型の「スタンドオフミサイル」で固定目標を攻撃することを提唱しています。そのことで米軍による攻撃を補完するとともに、米軍の作戦・攻撃計画の立案に参画できるとも主張しています。

<こちらは1時間ほどの動画です>

Web座談会:イージス・アショア計画撤回と今後のミサイル防衛のあり方

登壇者:

高橋杉雄(防衛研究所防衛政策研究室長)

長島昭久(衆議院議員/元防衛副大臣)

村野将(ハドソン研究所研究員)

司会:小谷哲男(日本国際問題研究所主任研究員/明海大学教授)

https://www.youtube.com/watch?v=C-BIJnoC0vg&feature=youtu.be


10:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項