静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

馬毛島基地(仮称)建設事業に係る環境影響評価方法書』への意見書(参考様式)提出を!!

提出先:〒862-0901熊本市東区東町1-1-11 熊本防衛支局 建設計画官付/        TEL0963682173 FAX0963686970/電子メール(ks-km-tyoutatsu@kyushu.rdb.mod.go.jp

提出期限:令和341日(木)までに、上記宛に郵送(当日消印有効)、FAX又は電子メールで

オンライン「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今」

3/7「宮古島・保良ミサイル弾薬庫の住民、そして市民運動の現場から!」(第1回)

基地化に揺らぐ馬毛島を中心に、人々を描いたドキュメンタリー映画「島を守る」制作支援

https://motion-gallery.net/start_project


やんばる広場

「イカラー」「島豆腐のくんせい」を食べて辺野古支援!!

Stand with OKINAWA

★戦争させない・9条壊すな!総がかり行動


【「敵基地攻撃能力」保有反対のネット署名を!】

ネット署名<米軍と一体化した先制攻撃に道を開く「敵基地攻撃能力」保有に反対します>


↑次回の街頭宣伝は224日(水)に変更しました。 時刻は午後530分から、場所は静岡駅北口地下通路です。



 

学習用資料

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】①米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

https://t.co/OkRpA9DWCQ?amp=1

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」


◎【Youtube】
デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

YouTube『軍事化のために国に買収されていく馬毛島。160億円の馬毛島買収劇の""はいくつある?!』たねたねtoまげまげ vol.6

YouTube「たねたねtoまげまげ」チャンネル

YouTube「今、無人島・馬毛島が熱い!」4回(デモ・リサTV

《パート3

馬毛島が自衛隊最大の軍事基地に!

https://youtu.be/PXWIlRCpgcA


「今、無人島・馬毛島が熱い!」最終回

《パート4

市長が初めて自衛隊基地化反対の表明!

基地経済にたよらない、平和で安全な島に!!

https://youtu.be/I5g3SWx_8vs

《パート1
無人島に160億円もの税金が使われる!!

https://youtu.be/2-vYJ2boge0

《パート2
馬毛島自衛隊配備に市長も議会も反対!

https://youtu.be/DsTgUznQ79o

[
ツイキャス動画] 〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29 院内集会 at 衆院第一議員会館多目的ホールYouTube

宮古島パート4YouTube「軍隊は戦争の準備! "平和"""こそ宮古島の宝!!

宮古島パート3YouTube「宮古島に自衛隊が来た!脅かされる島民の命!!

宮古島パート
YouTube「宮古島にも日本軍『慰安婦』が!沖縄戦から本土復帰へ」

宮古島パート1YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3」

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER241729
ブログ記事・注目ニュース紹介

2021/01/01

海上自衛隊乗組員に訴え「敵基地攻撃能力を持つな!」

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

木元茂夫さんのfacebookより転載させていただきました。

*********************************

1227日、ヨコスカ平和船団は、海自乗組員に訴えました。

この日横須賀に在港していた「おおなみ」「いかずち」「たかなみ」の乗組員に順番に訴えました。

●「おおなみ」(DD111) 426日出港 1124日帰港 海賊対処第36次隊

「おおなみ」の乗組員のみなさん。4月から11月までの7ケ月の航海は、本当にきつかったと思います。新型コロナの影響で寄港はできても上陸できない状況の中での215日の航海でした。こうなってしまったのは、113日から6日までインド洋ベンガル湾での「マラバール2020」という日米、オーストラリア、インドの、海賊対処とは何の関係もない共同訓練に参加させられたからです。横須賀を母港とするイージス艦「ジョン・S・マケイン」も参加していました。この訓練がなければみなさんは1ケ月は早く帰って来れたでしょう。乗組員の人権を無視して、こうした航海計画を立てた海自幹部に私たちは怒りを感じます。こんな航海を繰り返させてはなりません。

●「いかづち」(DD107) 1128日出港 1225日帰港行先不明

「いかづち」の乗組員のみなさん。この1ケ月、みなさんはどこで何をしていたのでしょう。防衛省は何も発表していません。日本の市民の知らないところで、こうした航海が行われるのは、おかしいと思いませんか。

●「たかなみ」(DD110) 22日出港 630日帰港 中東情報収集第1次隊

「たかなみ」の乗組員のみなさん、今年の22日、中東での情報収集部隊の第1次隊として、みなさんは横須賀を出港していきました。現在は「むらさめ」が派遣されています。1117日には「マラバール2020」の後半で、アラビア海北部海空域で、原子力空母ニミッツと共同訓練を行いました。こうした行動が繰り返されると、中東における日米軍事一体化が進んでしまいます。「日本独自の派遣」といいながら、アメリカの軍事行動に組み込まれて行ってしまいます。そんなことを許してはならないと私たちは思っています。中東への情報収集部隊の派遣は、先日、1年延長されましたが、その必要はないと私たちは考えます。

海上自衛隊のみなさん、私たちは今日は「敵基地攻撃能力をもつな」という横断幕をかかげています。自衛隊に射程距離900kmという長距離ミサイルをもたせようとする動きが加速しています。日本がこれまで掲げて来た「専守防衛」は根底からひっくり返されてしまいます。中国やロシアは対抗措置を考えるでしょう。終わりなき軍拡競争に突入してしまいます。みなさん、おかしいと思いませんか。

自衛官のみなさん、どうか自衛隊の中から、声をあげて下さい。

 

この間の海自の訓練

■令和2年11月17日海上幕僚監部(お知らせ)

日米印豪共同訓練(マラバール2020)について

海上自衛隊の戦術技量の向上並びに米海軍、印海軍及び豪海軍との連携の強化(1)前令和2年11月3日(火)~11月6日(金)

(2)後令和2年11月17日(火)~11月20日(金)

訓練海空域(1)前インド洋東方海空域(ベンガル湾)(2)後アラビア海北部海空域参加兵力(1)前海上自衛隊:護衛艦「おおなみ」軍:駆逐艦「ジョン・S・マケイン」軍:駆逐艦「ランヴィジェイ」、フリゲート艦「シヴァリク」、補給艦「シャクティ」、潜水艦「シンドゥライ」、P-8I等軍:フリゲート艦「バララット」

(2)後海上自衛隊:護衛艦「むらさめ」(17日のみ)第51航空隊(隊員2名、17日~18日)軍:空母「ニミッツ」、巡洋艦「プリンストン」、駆逐艦「ステレット」、P-8A軍:空母「ヴィクラマディチャ」、駆逐艦「コルカタ」、「チェンナイ」、フリゲート艦「タルワー」、潜水艦「カンデリ」、補給艦「ディパック」、P-8I、MIG-29K、DORNIER等軍:フリゲート艦「バララット」

主要訓練項目(1)前対潜戦訓練、対空戦訓練、対水上射撃訓練、対空射撃訓練、洋上補給訓練等(2)後戦術運動等

■令和2年11月18日海上幕僚監部(お知らせ)日加共同訓練(KAEDEX20)について海上自衛隊は、次のとおり加海軍と共同訓練を実施しました。

海上自衛隊の戦術技量の向上及び加海軍との連携の強化

令和2年11月17日(火)

訓練海空域九州西方

参加部隊(1)海上自衛隊:護衛艦「しまかぜ」(2)加軍:フリゲート艦「ウィニペグ」訓練項目各種戦術訓練。

■令和2年12月18日海上幕僚監部(お知らせ)日米仏共同訓練について

海上自衛隊は、次のとおり米海軍及び仏海軍と共同訓練を実施しました。

海上自衛隊の戦術技量の向上並びに米海軍及び仏海軍との連携の強化

令和2年12月15日(火)~12月17日(木)

訓練海空域沖ノ鳥島周辺

参加部隊(1)海上自衛隊:護衛艦「ひゅうが」(2)米軍:駆逐艦「ジョン・S・マケイン」、P-8A(3)仏軍:潜水艦「エメロード」

訓練項目対潜戦訓練


16:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項