静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料


■(沖縄県)
平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書aratanakengisyo.pdf
■【最新パンフ】「STOP!敵地攻撃 大軍拡!~2022年度防衛予算批判」発売中!
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】■先行施行まで4ヶ月 見えてきた土地規制法の狙い
2月22日(火)11時~13時 参議院議員会館B109
・政府担当者への市民と野党の共同ヒアリング
・各地・各団体からの発言と立憲野党への要請
「風雲急を告げる!馬毛島の現在(いま)!! Ⅱ」パート2
種子島の和田香穂里さんが語る!!
<バックナンバー>Part1 
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

【Youtube】12/7土地規制法ヒアリングZoom報告会動画
海渡雄一弁護士、仲松正人弁護士、福島みずほ議員、山添拓議員らが問題点を解説。
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

狙いは住民監視か 強行採決!?土地取引規制法案

 【半田滋の眼 NO.35 】20210615/デモクラシータイムス.
■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■【YouTube】37「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今 宮古島・保良ミサイル弾薬庫の開設=ミサイル戦争の始動を阻もう!」
■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

◎【Youtube】デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

YouTube『軍事化のために国に買収されていく馬毛島。160億円の馬毛島買収劇の""はいくつある?!』たねたねtoまげまげ vol.6

YouTube「たねたねtoまげまげ」チャンネル

YouTube「今、無人島・馬毛島が熱い!」4回(デモ・リサTV

《パート3

馬毛島が自衛隊最大の軍事基地に!

https://youtu.be/PXWIlRCpgcA


「今、無人島・馬毛島が熱い!」最終回

《パート4

市長が初めて自衛隊基地化反対の表明!

基地経済にたよらない、平和で安全な島に!!

https://youtu.be/I5g3SWx_8vs

《パート1
無人島に160億円もの税金が使われる!!

https://youtu.be/2-vYJ2boge0

《パート2
馬毛島自衛隊配備に市長も議会も反対!

https://youtu.be/DsTgUznQ79o

[
ツイキャス動画] 〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29 院内集会 at 衆院第一議員会館多目的ホールYouTube

宮古島パート4YouTube「軍隊は戦争の準備! "平和"""こそ宮古島の宝!!

宮古島パート3YouTube「宮古島に自衛隊が来た!脅かされる島民の命!!
宮古島パート
YouTube「宮古島にも日本軍『慰安婦』が!沖縄戦から本土復帰へ」

宮古島パート1YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3」

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER791377





 

連想検索

ブログ記事・注目ニュース紹介

2022/05/15

「平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書」の意味

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
ブログ「やぽねしあのホクロ」より転載
****************
<沖縄の日本復帰50周年>「平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書」の意味
                                      
 今年の5月15日で沖縄は日本復帰50周年を迎えました。この日を前に玉城デニー・沖縄県知事は5月10日、日米両政府に対して「平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書」を手渡しました。内容は、復帰前に沖縄県民が望んだ「沖縄を平和の島とする」ことが実現されていないことから、あらためて「基地のない平和な島」が沖縄県と日本政府の共通の目標であることを確認し、米軍普天間飛行場の速やかな運用停止や名護市辺野古の新基地建設断念、日米地位協定の改定などを求めるものです。では、なぜこれが「新たな建議書」なのでしょうか。実は、50年前にも沖縄から日本政府と国会に向けて建議書が出されているからです。
 
無視された沖縄からの声「復帰措置に関する建議書」

 沖縄の日本復帰に合意する沖縄返還協定(「琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」)は1971年6月に日米間で調印され、第67回臨時国会(通称「沖縄国会」)で審議に付されました。そして、同年11月17日午後3時14分、衆議院の沖縄返還協定特別委員会において与党自民党が不意打ちの形で審議打ち切りを強行し、自民党の賛成多数で沖縄返還協定の批准書が承認されたのです。この強行採決の3分後、午後3時17分に琉球政府の屋良朝苗・行政主席は日本政府と国会に提出する「復帰措置に関する建議書」を携え、羽田空港に降り立ちました。しかし、その建議書は特別委員会の採決に間に合わず、国会は沖縄の最後の声を聞くことなく沖縄返還協定批准を進めたのです。協定は11月24日に衆院本会議で、12月22日に参院本会議で可決されました。1972年5月15日に協定は発効し、沖縄は日本復帰を果たしましたが、その日の記念式典での屋良新知事の表情は厳しく、苦悩と怒りに満ちていました。挨拶では「沖縄の復帰の日は、疑いもなくここに到来しました。しかし、沖縄県民のこれまでの要望と心情に照らして復帰の内容をみますと、必ずしも私どもの切なる願望が入れられたとはいえないことも事実であります。そこには、米軍基地の態様の問題をはじめ、内蔵するいろいろな問題があり、これらを持ち込んで復帰したわけであります。したがって、私どもにとって、これからもなおきびしさは続き、新しい困難に直面するかもしれません」と述べています。当日は雨の中で沖縄県祖国復帰協議会による「沖縄処分抗議県民大会」が開かれ、約1万人が参加しました。
 沖縄返還協定および6つの関連文書によると、日米両政府間で、(1)返還後の沖縄には安保条約を含む日米間の条約・協定を適用すること、(2)返還と同時に現在の米軍基地の大部分を施設・区域として再び提供すること、(3)沖縄県民の対米請求権を原則的に放棄すること、(4)アメリカ資産の引継ぎなどの代償として日本側が3億2,000万ドルを支払うこと、(5)裁判の効力を原則的に引継ぐこと、(6)VOA放送を返還後も暫定的に存続させること、などが取り決められています。これに対し、屋良主席の下で作成された「復帰措置に関する建議書」は、「基地あるがゆえに起こるさまざまの被害公害や、取り返しのつかない多くの悲劇等を経験している県民は、復帰に当たっては、やはり従来通りの基地の島としてではなく、基地のない平和の島としての復帰を強く望んでおります」とし、(1)地方自治権の確立、(2)反戦平和の理念を貫く、(3)基本的人権の確立、(4)県民本位の経済開発-を骨格に復帰後の沖縄像を描き、米軍基地撤去などを日本政府に強く求めています。屋良知事は県民の願いが通らなかった無念の思いを「軍事占領支配からの脱却、憲法で保障される日本国民としての諸権利の回復、そして沖縄県民としての自主主体性の確立、これらが私たち県民にとって、全面復帰のもっている内容です。もっと簡単明瞭にいいますと、“人間性の回復”を願望しているのです。きわめて当然な願望であり要求です」と記しています(『沖縄はだまっていられない』)。

新建議書「日本政府は平和的な外交・対話により平和の構築を」

 復帰50周年の今年、新建議書をとりまとめた玉城デニー・沖縄県知事は記者会見で「50年前の建議書は今も生き続けていることを確認し、県民の魂を込めて今回取りまとめた」と述べました。50年前の建議書の多くは現在に至るも実現しておらず、基地問題は構造的で差別的であり、早期解決が必要だというのです。このことは沖縄のみでなく国民一人ひとりの生活にも密接に関わる重要な問題であるとし、日本政府に対して、平和・経済・交流など武力によらない手法によって、アジア太平洋地域の現在および将来にわたる安定した発展を図る外交に取り組むよう求めているのです。
 新建議書は次の4点を求めています。
1 沖縄の本土復帰において「沖縄を平和の島とする」ことが沖縄県と政府の共通の目標であることを改めて確認し、これを含めた沖縄の本土復帰の意義と重要性について国民全体の認識の共有を図るとともに、50年前の「復帰措置に関する建議書」に掲げられた「地方自治権の確立」、「反戦平和の理念をつらぬく」、「基本的人権の確立」、「県民本位の経済開発」等の考え方を尊重し、自立型経済の構築及び「基地のない平和の島」の実現に一層取り組むこと。  
2 「沖縄県民総意の米軍基地からの『負担軽減』を実行」するよう求めた建白書の趣旨も踏まえ、在沖米軍基地の更なる整理・縮小、日米地位協定の抜本的な見直し、基地の県外・国外移設、事件・事故等の基地負担の軽減、普天間飛行場の速やかな運用停止を含む一日も早い危険性の除去、辺野古新基地建設の断念等、構造的、差別的ともいわれている沖縄の基地問題の早期の解決を図ること。  
3  日本国憲法が保障する「民主主義」や「地方自治」について、正当な手続により示された民意や、地方公共団体が自らの判断と責任で行政を運営するという原則を尊重し、日本国憲法に掲げる理念の追求に向け不断に取り組むこと。  
4  我が国を取り巻く国際情勢を踏まえ、アジア太平洋地域において、武力による抑止が国・地域間の緊張を過度に高め、不測の事態が起こることのないよう最大限の努力を払うとともに、平和的な外交・対話により緊張緩和と信頼醸成を図ることで同地域の平和の構築に寄与するなど、我が国が国際社会において名誉ある地位を占めるべく積極的な役割を果たすこと。その際、独自の歴史や多様性を持つ沖縄を最大限活用すること。 

戦争反対・平和外交を訴える「ノーモア沖縄戦 命どぅ宝の会」発足

 沖縄では今年の1月31日、「ノーモア沖縄戦 命どぅ(ヌチドゥ)宝の会」が発足しました。同会では政治信条や政党支持の垣根を超えて「戦争反対」「外交で平和を築け」の声を結集し、各国政府や国連などを含む国内外に伝えようとしており、アメリカ・中国・韓国の首脳(元首)に対して琉球弧の島々を戦場にしないことを訴える手紙を直接送るなどの活動にも取り組んでいます。新建議書と同じように「平和で豊かな沖縄の実現」を民間の立場で訴えようというわけです。同会では全国各地域で同様の団体を立ち上げることを呼びかけており、「いかなる名目であっても戦争を起こしてはなりません」「戦争へと暴走する日米両政府の拙速な軍事行動を止め、対話による平和を求める世論を作り出し、その力で無謀な戦争を止めましょう」と訴えています。

[参考資料]
「平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書」https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kikaku/chosei/aratanakengisyo.html
「ノーモア沖縄戦 命どぅ宝の会」http://nomore-okinawasen.org/

10:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース