静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ









 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER105657

軍事・基地の動き

オスプレイ監視情報 >> 記事詳細

2020/06/21

ついに横田でも…米軍オスプレイの部品、飛行中に落下か

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

ついに横田でも…米軍オスプレイの部品、飛行中に落下か

2020620 1414分東京新聞


 米軍横田基地(東京都福生市など)で、配備されている垂直離着陸輸送機オスプレイの部品がなくなっていたことが分かった。原因は分からないが、飛行中に落下した可能性もあるという。同基地のオスプレイのこうしたトラブルは初めてだが、地元自治体は情報が十分つかめていない。沖縄では重大事故も起きており、住宅が密集する東京で危ぶむ声が高まっている。 (石井紀代美)

 防衛省北関東防衛局などによると、この部品は「サーチライトドーム」と呼ばれ、三辺が約一五・八センチ、約一五・八センチ、約一〇センチ、重さは約四百五十三グラム。十六日午後五時ごろに飛行後点検した際、なくなっているのが分かった。

 いつどこでなくしたのかが重要だが、同局の上原忠昭報道官は「これ以上は情報がなく分からない」と説明する。

 北関東防衛局は米軍側からの情報を受け、十七日に同基地周辺の六市町に連絡。ただ、立川市企画政策課の柳下直也氏は「どんな部品か問い合わせても『不明』とのこと。形状や材質、機体のどこに付いている部品かも分からない」と困惑する。

 防衛省の担当者にヒアリングした武蔵村山市の内野直樹市議も「普段ねじで固定されている部品なのかさえ『分からない』と言われた」と不信感を募らせる。「こちら特報部」は同基地や在日米軍司令部に問い合わせたが、十九日夕までに回答がなかった。

 同基地のオスプレイ五機は二〇一八年十月に正式配備された。「横田基地の撤去を求める西多摩の会」の高橋美枝子代表は「低空で機体を斜めにして旋回したり、タッチ・アンド・ゴーを繰り返したり、散々激しい飛び方をしてきた中で、『とうとう起きた』という感じ。もし落下物にぶつかれば、命を落としかねない。いつ空から降ってくるのか分からず、とてもこわい」と語る。

 実際、沖縄では米軍機の部品落下が相次いでいる。一七年、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)近くの小学校グラウンドにヘリコプターから金属製の窓枠が落下。当時は児童約五十人が体育の授業中だった。一八年には伊計島の海岸に、オスプレイが落とした重さ十三キロもある部品が漂着した。(以下略)


23:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース