静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

馬毛島基地(仮称)建設事業に係る環境影響評価方法書』への意見書(参考様式)提出を!!

提出先:〒862-0901熊本市東区東町1-1-11 熊本防衛支局 建設計画官付/        TEL0963682173 FAX0963686970/電子メール(ks-km-tyoutatsu@kyushu.rdb.mod.go.jp

提出期限:令和341日(木)までに、上記宛に郵送(当日消印有効)、FAX又は電子メールで

オンライン「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今」

3/7「宮古島・保良ミサイル弾薬庫の住民、そして市民運動の現場から!」(第1回)

基地化に揺らぐ馬毛島を中心に、人々を描いたドキュメンタリー映画「島を守る」制作支援

https://motion-gallery.net/start_project


やんばる広場

「イカラー」「島豆腐のくんせい」を食べて辺野古支援!!

Stand with OKINAWA

★戦争させない・9条壊すな!総がかり行動


【「敵基地攻撃能力」保有反対のネット署名を!】

ネット署名<米軍と一体化した先制攻撃に道を開く「敵基地攻撃能力」保有に反対します>


↑次回の街頭宣伝は224日(水)に変更しました。 時刻は午後530分から、場所は静岡駅北口地下通路です。



 

学習用資料

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】①米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

https://t.co/OkRpA9DWCQ?amp=1

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」


◎【Youtube】
デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

YouTube『軍事化のために国に買収されていく馬毛島。160億円の馬毛島買収劇の""はいくつある?!』たねたねtoまげまげ vol.6

YouTube「たねたねtoまげまげ」チャンネル

YouTube「今、無人島・馬毛島が熱い!」4回(デモ・リサTV

《パート3

馬毛島が自衛隊最大の軍事基地に!

https://youtu.be/PXWIlRCpgcA


「今、無人島・馬毛島が熱い!」最終回

《パート4

市長が初めて自衛隊基地化反対の表明!

基地経済にたよらない、平和で安全な島に!!

https://youtu.be/I5g3SWx_8vs

《パート1
無人島に160億円もの税金が使われる!!

https://youtu.be/2-vYJ2boge0

《パート2
馬毛島自衛隊配備に市長も議会も反対!

https://youtu.be/DsTgUznQ79o

[
ツイキャス動画] 〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29 院内集会 at 衆院第一議員会館多目的ホールYouTube

宮古島パート4YouTube「軍隊は戦争の準備! "平和"""こそ宮古島の宝!!

宮古島パート3YouTube「宮古島に自衛隊が来た!脅かされる島民の命!!

宮古島パート
YouTube「宮古島にも日本軍『慰安婦』が!沖縄戦から本土復帰へ」

宮古島パート1YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3」

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER241733

世界の動き

世界 >> 記事詳細

2020/09/23

8月から9月、東シナ海と南シナ海で連続した 日米豪の軍事行動

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

木元茂夫さんのfacebook9/22)に「8月から9月、東シナ海と南シナ海で連続した

日米豪の軍事行動」の記事がありました。参考になるので転載させていただきます。

*************************************

 中国軍の動向ばかりが報道されるが、日米、それにオーストラリアも加わった下記の日誌の軍事行動があった。東シナ海でも南シナ海でも。

 一方、中国艦隊の宮古海峡通過は718日の江凱Ⅱ級フリゲート艦「黄岡」(乗組員180名、全長134m、満載排水量3963トン)を最後に、2ケ月以上ない。

 アメリカ海軍はイージス駆逐艦を818日に台湾海峡を通過させ、中国政府の強い反発を引き起こした。アメリカ海軍ホームページは「日常的な通過」「日常的な作戦」と言い放った。数か月前までこんな表現は使われていなかった。

中国は826日、対艦弾道ミサイルなど2発を海南島海域に向けて発射。A2/AD(接近阻止、領域拒否)戦略の発動である。原子力空母レーガンはこの日、グアム島に寄港。私は中国政府からアメリカ政府に事前通告があったのではと推測している。

830日には、ハワイからやってきたイージス駆逐艦ハルゼーが台湾海峡を通過した。しかし、空母レーガンはフィリピン海(日本、台湾、フィリピン、ミクロネシアに囲まれた海域)で艦載機の離発着訓練を繰り返すのみで、南シナ海にも東シナ海にも展開していない。対艦弾道ミサイル発射の効果、というべきなのだろうか。詳しい海域がわからないので断定はできないが。今後のミサイル軍拡競争が懸念される。

アメリカに替わって、海自とオーストラリア軍が南シナ海で合同訓練、オーストラリア軍は補給艦シリアスを派遣し、長期展開の構えを見せた。

海自の「かが」と「いかづち」は訓練終了後、19日マラッカ海峡を北上した。寄港予定地のスリランカに向かったようである。15日、防衛省はこの部隊に潜水艦1隻を参加させると発表した。スリランカ周辺海域ではインド海軍との共同訓練が想定されるが、復路で南シナ海での日米、日豪の共同訓練が行われるかもしれない。

残念ながら、陸自水陸機動団が「かが」に乗艦したかどうかは確認できなかった。

外交交渉を忘れ、軍事行動の拡大が抑止力になると思い込んでいる安倍内閣、菅内閣は愚かという他はない。

 

日誌 ★印が、自衛隊が参加した軍事行動

815日~18日 原子力空母レーガンと海自「いかづち」(DD107、横須賀)、沖縄南方海空域で共同訓練

815日~17日 米海軍のイージス駆逐艦マスティン(DDG89、横須賀第15駆逐隊)が海自の「すずつき」(DD117、佐世保)と東シナ海で共同訓練。

818日 マスティン、台湾海峡を通過し南シナ海へ。中国政府が抗議。

826日 中国、浙江省から「空母キラー」と呼ばれる対艦弾道ミサイル(DF211500キロ飛翔)、青海省から「グァムキラー」と呼ばれる弾道ミサイル(DF262800キロ飛翔)など2発を発射。標的地は海南島付近。(「朝日新聞」828日付)

826日 空母レーガン、グアム島に寄港。

830日 イージス駆逐艦ハルゼー(DDG97、パールハーバー)、台湾海峡を通過。その後、93日まで南シナ海を航行。

908日 護衛艦「いかづち」、インド太平洋方面派遣訓練のため、横須賀を出港。

910日 空母レーガン、横須賀に帰港。

910日 空自のF15戦闘機(千歳4、新田原8、小松4、那覇4)20機が「日本海、東シナ海及び沖縄周辺空域」で、米空軍B1爆撃機と「編隊航法訓練及び要撃戦闘訓練」

910日 台湾国防部の張哲平副部長、「中国の軍事演習は地域の安定を脅かすもの」と、台湾の南西沖空海域での軍事演習を非難。

911日 空母レーガン、横須賀を出港、フィリピン海(日本、台湾、フィリピン、ミクロネシアに囲まれた海域)へ。残念ながら詳細な位置は不明。連日、艦載機の離発着訓練。

913日 イージス駆逐艦マスティン、横須賀に帰港。

913日~17日 インド太平洋方面派遣訓練中のヘリ空母「かが」、護衛艦「いかづち」、南シナ海で日豪共同訓練。オーストラリア軍はイージス駆逐艦ホバート、補給艦「シリウス」が参加。

918日 中国国防省・任国強報道官は記者会見で、「18日から台湾海峡で軍事演習を行う」

と発表。

919日 台湾で李登輝元総統の告別式。アメリカのクラック国務次官(17日から訪問)、日本の森喜朗元首相らが参加。

919日 ヘリ空母「かが」、護衛艦「いかづち」、マラッカ海峡を通過

■令和2年9月15日海上幕僚監部(お知らせ)令和2年度インド太平洋方面派遣訓練について(追加)令和2年度インド太平洋方面派遣訓練について、次のとおり潜水艦部隊を追加(追加箇所は下線部)し、派遣人員が約650名となりましたので、お知らせします。

インド太平洋地域の各国海軍等との共同訓練等を実施し、海上自衛隊の戦術技量の向上を図るとともに、各国海軍等との連携強化を図る。また、本訓練を通じ、地域の平和と安定への寄与を図るとともに、各国との相互理解の増進及び信頼関係の強化を図る。

令和2年9月7日(月)~10月17日(土)

派遣部隊

(1)護衛艦部隊指揮官第2護衛隊群司令海将補今野泰樹(こんのやすしげ)

派遣部隊護衛艦「かが」、護衛艦「いかづち」及び搭載航空機3機派遣人員約580名

(2)潜水艦部隊派遣部隊潜水艦1隻派遣人員約70名

寄港予定国(補給)スリランカ民主社会主義共和国、その他調整中

主要訓練項目各種戦術訓練等

■日豪共同訓練を実施

令和2年9月18日海上幕僚監部(お知らせ)日豪共同訓練について

令和2年度インド太平洋方面派遣訓練部隊は、次のとおりオーストラリア海軍との共同訓練を実施しました。

(1)海上自衛隊の戦術技量の向上(2)オーストラリア海軍との連携強化

訓練期間令和2年9月13日(日)~17日(木)

訓練海空域南シナ海

参加部隊(1)海上自衛隊護衛艦「かが」、「いかづち」(2)オーストラリア海軍駆逐艦「ホバート」、補給艦「シリウス」

訓練項目各種戦術訓練

その他新型コロナウイルス感染症への必要な対策を行い実施しました

■昨年は空母レーガンと共同訓練を実施

令和元年6月20日海上幕僚監(お知らせ)日米共同訓練の実施について

平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊は、次により米海軍と共同訓練を実施しました。

(1)海上自衛隊の戦術技量の向上(2)米海軍との連携強化

訓練期間令和元年6月19日(水)~6月20日(木)

訓練海空域南シナ海

参加部隊(1)海上自衛隊護衛艦「いずも」、「むらさめ」及び「あけぼの」(2)米海軍原子力空母「ロナルド・レーガン」ほか、艦艇数隻

訓練項目各種戦術訓練

2年前の南シナ海での対潜訓練、この時は“事後発表”だった

30.9.17海上幕僚監部(お知らせ)対潜戦訓練の実施について

平成30年度インド太平洋方面派遣訓練部隊とベトナム海軍親善訪問部隊は、次のとおり、対潜戦訓練を実施しました。

海上自衛隊の戦術技量の向上

訓練期間平成30年9月13日(木)

訓練海空域南シナ海

参加部隊(1)平成30年度インド太平洋方面派遣訓練部隊護衛艦「かが」、「いなづま」、「すずつき」及び搭載航空機5機(2)ベトナム海軍への親善訪問部隊潜水艦「くろしお」

訓練項目対潜戦訓練


09:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項