静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1711467






 

連想検索

宮古島

宮古島情報 >> 記事詳細

2022/05/20

[ルポ]軍事要塞に転落した日本最南端の島

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
    2022-05-18 06:29 修正:2022-05-18 18:11ハンギョレ新聞

現場|宮古島を行く 

台湾近隣の新冷戦の最前線 
米日の中国牽制戦略に基づき 
自衛隊のミサイル・レーダー基地を設置 

国土の0.6%の沖縄に 
米軍基地70%が集中 
南西諸島4カ所にミサイル防衛網 
中国、空母動員し軍事演習を強化 

住民たち「安全保障を名分に掲げ、犠牲を強要」 
部隊前で1649回にわたり抗議活動 
「力対力の対決では平和作り出せない」

 日本最南端の沖縄から飛行機でさらに1時間飛ぶと、美しい砂浜で有名な「宮古島」がある。6つの島で構成された宮古島は全体面積が203.5平方キロメートル、韓国の江華島(カンファド、302.6平方キロメートル)より小さい。「宮古ブルー」と呼ばれるほど海が美しく、年間約100万人(2019年基準)以上の観光客が訪れる。

 平和だった島に緊張感が漂い始めたのは、米中葛藤が激しさを増していった2010年代初めからだった。島は沖縄本島と台湾の間に位置しており、中日が激しい領土紛争を繰り広げている尖閣諸島(中国名・釣魚島)からはたったの160キロメートルの距離だ。2019~2020年に自衛隊の「ミサイル部隊」が入ってきて以来、島は名実共に米中対立の最前線となった。15日で本土復帰50周年を迎えた沖縄と宮古島の人々は、このような現実をどう受け止めているのだろうか。

 11日、本紙の取材陣が訪れた宮古島は梅雨で一日中雨が降ったり止んだりを繰り返していた。ミサイル部隊がある日本の陸上自衛隊宮古島駐屯地は、宮古空港から車で10分ほどの島の中央に位置している。22万平方メートルの敷地にベージュやオレンジ色の建物が並ぶ基地は、一見リゾートを思わせる。車両整備場や警護所、弾薬庫、官舎などがある部隊には自衛隊員約700人が滞在している。

 基地に近づいて鉄製のフェンスの中を覗いてみると、ロマンチックに見える外観とは裏腹に「03式中距離地対空誘導弾」の発射車両など多くの兵器が並んでいた。宮古島駐屯地は2019年3月に開設され、ミサイル部隊は2020年3月に配備された。同日、外郭で訓練があったのか、軍用車両が列をなして部隊に入る姿が目立った。

 部隊の前で会った仲里成繁さん(68)は「ミサイル基地を見るたびにとても腹が立つ」と話した。「政府は安全保障を名分に掲げ、島の住民に犠牲を強いています。また沖縄なんですね」。仲里さんは一瞬感情がこみ上げたのか、しばらく言葉を詰まらせた。彼の怒りのこもった叫びから、本土に復帰してから半世紀が過ぎたが、依然として癒やされない沖縄の傷が垣間見えた。

 日本は1945年4月から6月にかけ、本土を守るため沖縄を盾に米軍を相手に無謀な戦闘を繰り広げた。 この戦闘でおよそ20万人が死亡した。日本本土は1952年4月、米国の占領統治から解放されたが、「軍事的重要性」が大きい沖縄は依然として米国の手中に残された。この時期、日本本土にあった米軍基地が続々と沖縄に移転され、1972年5月の本土復帰後もこの構造は変わっていない。現在、日本国土の0.6%にすぎない沖縄に米軍基地施設の約70%が集中している。沖縄の人々はこれを「差別」とみている。 (以下略)

17:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース