静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

沖縄・南西諸島の動き’

沖縄本島・周辺 >> 記事詳細

2020/02/08

辺野古、70メートル超も「軟弱」 地盤調査、防衛省伏せる

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

辺野古、70メートル超も「軟弱」 地盤調査、防衛省伏せる

              202028東京新聞朝刊

 沖縄県名護市辺野古(へのこ)の米軍新基地建設を巡り、埋め立て予定海域で防衛省の想定に反し、海面下七十メートルより深い海底の地盤が「軟弱」であることを示すデータが検出されていたことが分かった。「七十メートルまで地盤改良すれば施工可能」という同省の設計の前提は、根底から覆る可能性が出てきた。同省は「業者が独断で行った調査で信頼性が低い」としてこの実測データを採用せず、調査した事実すら伏せていた。 (中沢誠)

 海底の軟弱地盤の存在は着工後に判明し、粘土層は最深部で海面から九十メートルにまで達すると指摘された。防衛省は地盤改良の必要から設計変更の準備を進めているが、工事の助言を得る有識者会議にもこのデータを示していなかった。(以下略)


12:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース