静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ








 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER83129

沖縄・南西諸島の動き’

沖縄本島・周辺 >> 記事詳細

2020/05/09

辺野古「軟弱地盤」1997年に可能性示唆 政府の委託調査

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

辺野古「軟弱地盤」1997年に可能性示唆 政府の委託調査

202059 14:01琉球新報

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、1997年に政府が実施した調査で、大浦湾深くに軟弱地盤がある可能性が示唆されていたことが、8日までに分かった。政府の委託業者が作った推定地層断面図は、大浦湾の水面下約90メートルまで比較的新しい時代にできた地層「沖積層(ちゅうせきそう)」が堆積していることを示している。沖積層は一般的に軟弱とされる。

 

埋め立て工事が進む辺野古沿岸部。右は軟弱地盤が存在する大浦湾一帯=2019223日、名護市の大浦湾(小型無人機で撮影)

 水面下約90メートルまで沖積層が堆積していることが分かった地点は現行の埋め立て予定地より東側だが近接している。専門家らは政府の97年調査を基に「現行予定地の軟弱地盤は早い段階で予見できた」などと指摘した。(以下略)


22:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース