静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

沖縄県へ防衛省「変更承認申請」不承認の意見書を送ろう
③設計変更意見書-書式202008.doc


★沖縄★「南西諸島ミサイル基地化の危機」写真・資料展

開催場所:不屈館 那覇市若狭2-21-5

開催日時:202092日(土)~1031日(土)の約2ヶ月間








 

学習用資料

YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER150443

宮古島

宮古島情報 >> 記事詳細

2020/09/13

宮古島・保良ミサイル弾薬庫反対、座り込みの8月の記録!

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

宮古島・保良ミサイル弾薬庫反対、座り込みの1カ月の記録!

Fujikoさんの「保良だより(遠隔リポート)」の8月分をまとめたもの)

 【8月の保良ゲート前】

 

 宮古島の東南端、東平安名崎。2kmにわたって海に突き出した岬。そこを囲む海は様々な表情を見せる。宮古島でも有数の景勝地。

 

 東平安名崎から東に、宮古海峡が広がる。この、宮古海峡…日本の排他的経済水域で公海である…を通航する外国籍の船舶を威嚇または攻撃するための…「通峡阻止/海峡封鎖戦略」の…重要拠点として、東平安名崎の先端から西に約5km程の距離に位置する場所で、自衛隊のミサイル弾薬庫の建設工事が昨年(201910月に始まった。

 

 軍艦を沈めるような強力な破壊力をもつミサイル弾体等が保管される、「米軍基準」だという弾薬庫が造られているその場所は、保良と七又というふたつの集落の生活圏内であり、いちばん近い民家からは200m程しか離れていない。

 

 この「陸自宮古島訓練場火薬庫(仮称)」という奇妙な名前の軍事施設は、開設後、地対艦ミサイル部隊の常駐基地となるだろうと推測されている。また、「訓練場」は、対空/対艦ミサイル部隊の模擬弾の演習場として使われるだろうし(非常に危険)、アセス逃れのため現在19haの敷地面積で造られている基地は、将来間違いなく拡大されていくだろう。

 

(参考軍事ジャーナリスト小西誠さんのnote『宮古島・保良のミサイル弾薬庫の現在ー300日もの座り込みを続ける保良の人びと』 https://note.com/makoto03/n/nd67173c1f202

 

 2019107日の工事着手強行以来、300日以上も、保良のゲート前で抗議行動を続けている地元の人びとがいる。1分でも1秒でも工事を遅らせようと、トラックの前に座り込む人びとがいる。そうして時間を稼ぎ、基地完成が遅れていく間に、全国の人びとが抗議の声を上げ、主体的な行動を始め、流れが変わり、基地計画が頓挫するのを、待っているのだと思う。

 

 そうした思いを踏みにじるように、連日、工事は休みなく行われている。日曜日以外は、土曜も休日も関係なく。「慰霊の日」も、「広島原爆忌」も「終戦記念日」も雨の日も…。

 

 朝早くから夕方まで、一度に15台以上のトラックによる搬入が一日に何度も、多いときは7回も繰り返され、その度に人びとはトラックの前に座り込んだ。一日に50台以上ものミキサー車が入った時は、休む時間もなかった程だという。最近ではトラックの搬入は減って、現場内での作業が急ピッチで行われているようだ。

 

 なぜ、国策として戦争拠点に造りかえられようとしている、その場所に暮らす人びとだけが、全国から切り離され孤立して、少ない人数で国を相手に抵抗するような状況に追い込まれなければならないのか。

 

 自分たちの暮らすたいせつな島が、最前線として戦場の候補地として利用される。…そういう人びとだけが「本気」で「戦争」に「反対」しているようにさえ思えてしまう、この現状はどういうことなのか。

                        ※

 〝島じまスタンディング〟でもおなじみの、うたうたいのFujikoさん(埼玉在住)という人がいます。Fujikoさんは保良ゲート前行動のSNSグループに潜入?して、毎日、「保良だより(遠隔リポート)」を、保良の方々の許可を得て、facebooktwitterに発表しています。以下は、それを〝毎月第一土曜日の島じまゆんたく〟でスライド上映するために8月分をまとめたものです。

 

 追体験、というわけにはいきませんが、保良で起こっていること、保良の方々の思い、知りたいと思います。多くの人に知ってほしいと思います。少しずつ、しかし着実に、弾薬庫は完成に向かっています。

 

 止めよう!

 

以下「しまじまスタンディング」のページを見てください。


23:06 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項