静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1553477






 

連想検索

八重山情報 >> 記事詳細

2022/12/14

石垣市長、日米共同統合演習(キーン・ソード23)を容認

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
**********
2022年12月13日付八重山毎日新聞一面トップ記事と、コラム「不連続線」です。
 12月定例市議会で、中山市長が「日米統合演習容認」「石垣島駐屯地での訓練に賛成」と答弁しました。 
 政府・防衛省の、「抑止力になります」「安全になります」から、「台湾有事に備えよ」への「手の平がえし」に合わせて、中山市長も豹変しました。石垣島での米軍訓練に、「私は反対させていただきたい」から、「賛成」へと‼
 その「理由」として、訓練を認めなければ「市民の命を守る業務を放棄していることになる」、「国全体の安全保障、東アジア、太平洋の安全を守るために戦争を起こさないために必要」と述べたそうです。
 では、米軍と自衛隊が訓練して一緒に戦えるようにしたら、市民の命が守れるのでしょうか?
 米海兵隊は、「遠征前方基地作戦(EABO)」の訓練のために、与那国島に来ました。石垣でも、そうするでしょう。これは、「台湾有事」に南西諸島で戦争するための作戦・訓練です。「敵の射程圏内」で、敵の攻撃を避けて島から島へと移動しながら、敵艦隊をミサイルで攻撃する、という。戦況が不利と見れば、「移動する島」にはグアムやハワイも入るのでしょう。「不連続線」も触れているように、「自衛隊のみなさん、あとは頼んだよ」と。
 間違えてはいけません。米軍は、「戦争を防ぐため」ではなく、「戦争するため」に来るのです。石垣島が焦土になるのもおかまいなしで。
 太平洋戦争の教訓に学ぶなら、多くの人が住む島々は「決して戦場にしない」のが鉄則です。まして、「敵の射程圏内」にある紛争の火種を抱えた地域の島なら、非武装を保ち、「攻撃は軍事目標に限る」とした国際法で守りながら、戦争を避ける外交に全力をあげるべきです。そして、万一、武力衝突が起きても、戦域を海上に局限して、有人島には波及させないのが、民主主義国の国防組織の取るべき道です。
 私たちは、それももっぱら「最前線」の私たちが、米中覇権争いの犠牲者にされるのは、まっぴらです。
 市長は「国全体の安全保障、東アジア、太平洋の安全を守るために」と語ったそうですが、ひょっとして、私たちが犠牲になるのも国のため、と考えているのでしょうか?市長の「シェルター談義」にも、そんな匂いがします。全市民が逃げるのに10日はかかる(市の避難要領文書)ことなど、どこ吹く風、というような。 
 いずれにしても、市民の命がかかる大事な公約、議会答弁を平気で覆す中山市長には、退陣していただきたい。

10:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース