静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ









 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER105589

新着情報

 

情報コーナー(新聞等/オスプレイ監視)

オスプレイ監視活動速報 No.19307/02 08:43
監視活動速報 No.193 6月30日は、東富士演習場とその周辺でのオスプレイの訓練は、確認されていません。 7月1日(水) 監視者1名 通報者1名   29日に厚木基地に飛来し駐機していた普天間基地所属のMV-22オスプ...
オスプレイ監視活動速報 No.19206/30 10:23
監視活動速報 No.192 昨日(6月29日)、「オスプレイ監視活動速報No.191」を送った後、MV-22オスプレイが東富士に飛来しましたので、追加してお知らせします。 追加分は赤字で示します。 6月26日~28日は、東富士...
オスプレイ監視活動速報 No.19106/30 10:22
監視活動速報 No.191 6月26日~28日は、東富士演習場とその周辺でのオスプレイの訓練は、確認されていません。 6月29日(月) 監視者1名 通報者1名   今日は、横田配備のCV-22Bオスプレイは、横田周辺で訓練...

沖縄・南西諸島の動き

石垣の陸自配備巡る住民投票訴訟が結審(6月9日)判決は...07/04 22:23
石垣の陸自配備巡る住民投票訴訟が結審 「市民の意思は『蚊帳の外』に置かれた」 市側「投票は政策意思の表明にとどまる」 2020年6月10日 11:05沖縄タイムス  沖縄県の石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条...
辺野古移設めぐる文言、米下院軍事委の報告書から削除07/04 21:48
辺野古移設めぐる文言、米下院軍事委の報告書から削除 7/4(土) 09:38朝日新聞デジタル 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画について、米下院軍事委員会がまとめた国防権限法案に関する報告書の中から、移設...
野党国会議員・うりずんの会「石垣島の陸自ミサイル基地建...07/04 21:43
屋良 朝博さんのfacebookより転載させていただきました。 ************************** 沖縄の野党国会議員の「うりずんの会」「石垣島の陸上自衛隊ミサイル基地建設現場を視察」 7月2日 23:36 沖縄の...
宮古島★保良鉱山土地取得9割超 沖縄防衛局 弾薬庫躯...07/04 21:38
保良鉱山土地取得9割超 沖縄防衛局 弾薬庫躯体工事にも着手 2020年7月2日(木) 8:58宮古毎日新聞  宮古島への陸上自衛隊配備に伴う城辺保良鉱山地区への弾薬庫建設工事に関して、防衛省は2020年5月末現在で、全体面積(約1...
防衛省・自衛隊沖縄地方協力本部 石垣島大浜中学校部活動...07/04 18:58
琉球弧ピースネット  教師も親もこれを認めているのか? 駐屯地ができたら戦闘服で学校に出入りするようになるのはあきらか。 ******************************* 防衛省・自衛隊沖縄地方協力本部 【石垣島大浜中学...
アメリカ海軍フィリピン海に集結、中国東海艦隊またも宮古...07/03 22:33
※木元茂夫さんのfacebookから転載させていただきます。 アメリカ海軍、原子力空母3隻をフィリピン海に集結 そして、中国東海艦隊、またも宮古海峡通過 アメリカ海軍は、原子力空母レーガン(CVN76)、ニミッツ(CVN68)...
自衛隊「南西シフト」シンポ/「新たに中距離弾配備か」「...07/01 23:09
陸上イージス停止「宮古も落下危険性」「新たに中距離弾配備か」 自衛隊「南西シフト」シンポ     2020年6月29日 琉球新報 【東京】20日に東京の鳩山会館で催されたシンポジウム「自衛隊南西シフトと新冷戦」(東アジア共同体研究所琉...

ニュース


2020/06/27

政府御用機関による南西シフト態勢論―防衛研究所から

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

小西誠さんのfacebookを転載させていただきました。

*政府御用機関による南西シフト態勢論―防衛研究所から

――なるほど、与那国島・宮古島などへ「情報保全隊」を配備した理由を公言したに等しい!

「住民投票」まで敵国の工作=「認知戦」と!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●第6島嶼防衛における陸上防衛力の役割と有用性 -新たな戦いの時代における陸上防衛力」 岩田清文     (平成30年度国際シンポジウム報告書)

 

「具体的には、電子戦、フェイクニュース、敵国内親派勢力の活用による住民投票等、国家のあらゆる機能を総合的、有機的に活用して、敵の政治指導者に対し戦わずして敗戦を認識させる、認知戦の時代」

「このような将来戦の様相を、いわゆる第 1列島線上に位置する島嶼部の防衛作戦遂行に適用させた場合、作戦上の特性及び地理的・地域的な特徴から次のような対応が重要となります。

1つ目に、約 1,200km に亘る広大な海域に約 155万の人々が居住する71個の有人島がありますが、無人島も合わせると198個の島々が点在しており、島民とこれらの島々全てを守る必要があります。

中でも衛星基地局、海底ケーブル揚陸局等、各島の通信ネットワークの中枢や電力供給拠点及び海・空自並びに米軍来援時の拠点となる空港、港湾等の確実な保持が重要となります。これら基地局、中継局等へのテロ攻撃を許した場合、各種通信手段が途絶されることにより、部隊の指揮統制を始め、自治体、警察及び公共機関等を含む全ての社会活動が断絶することから、グレーゾーンの段階からこれら重要施設の防護が重要です。

2つ目は、離島に居住する住民に対するハイブリッド戦からの防護が重要です。特にフェイクニュース等の宣伝戦、通信や電力等のインフラの遮断と併せ、旅行客を装うなど平時或いはグレーゾーンの段階から隠密裏に潜入する特殊部隊や新しい戦略環境と陸上防衛力の役割作員さらにジャルイズ氏が指摘された国内の支援者への対応が必要となりますが、警察官、自治体職員や公共機関職員の人員に制限を受けるとともに、島外からの適時の増援に時間を要し、治安や統治力が脆弱となるため、各島々への早期かつ適時の部隊配置が重要となります。

また、これらと相まって通信が断絶した場合、島内反対派が流すデマ等により民意が誘導され易い状態になることからも自治体、警察等との緊密な連携が重要となります」

http://www.nids.mod.go.jp/event/proceedings/international_symposium/pdf/2018/j_06.pdf


14:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項