静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ

◎静岡・沖縄を語る会・連続講座◎

◆第1「米国のアジア戦略を読み解く」・43()午後2時静岡労政会館・展示室

馬毛島基地(仮称)建設事業に係る環境影響評価方法書』への意見書(参考様式)提出を!!

提出先:〒862-0901熊本市東区東町1-1-11 熊本防衛支局 建設計画官付/        TEL0963682173 FAX0963686970/電子メール(ks-km-tyoutatsu@kyushu.rdb.mod.go.jp

提出期限:令和341日(木)までに、上記宛に郵送(当日消印有効)、FAX又は電子メールで

オンライン「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今」

3/7「宮古島・保良ミサイル弾薬庫の住民、そして市民運動の現場から!」(第1回)

基地化に揺らぐ馬毛島を中心に、人々を描いたドキュメンタリー映画「島を守る」制作支援

https://motion-gallery.net/start_project


やんばる広場

「イカラー」「島豆腐のくんせい」を食べて辺野古支援!!

Stand with OKINAWA

★戦争させない・9条壊すな!総がかり行動


【「敵基地攻撃能力」保有反対のネット署名を!】

ネット署名<米軍と一体化した先制攻撃に道を開く「敵基地攻撃能力」保有に反対します>


↑次回の街頭宣伝は224日(水)に変更しました。 時刻は午後530分から、場所は静岡駅北口地下通路です。



 

学習用資料

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】①米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

https://t.co/OkRpA9DWCQ?amp=1

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」


◎【Youtube】
デモリサTV

「風雲急を告げる!馬毛島の今」!!

https://youtu.be/ceOmV7T5Xt4

<石垣島の自衛隊基地建設について>

YouTube石垣編>完結

Part3「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」

https://youtu.be/eZdy8p9JwYg
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part2

https://youtu.be/44Eu4_rW2pE
YouTube「美ら島・石垣島にミサイル基地がやってくる!!」Part1

https://youtu.be/haaCRMOrsw4


YouTube映像「11月16日 
馬毛島の軍事基地化に反対する院内集会」

 ※当日の配布資料を映像の末尾に添付しました

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

YouTube『軍事化のために国に買収されていく馬毛島。160億円の馬毛島買収劇の""はいくつある?!』たねたねtoまげまげ vol.6

YouTube「たねたねtoまげまげ」チャンネル

YouTube「今、無人島・馬毛島が熱い!」4回(デモ・リサTV

《パート3

馬毛島が自衛隊最大の軍事基地に!

https://youtu.be/PXWIlRCpgcA


「今、無人島・馬毛島が熱い!」最終回

《パート4

市長が初めて自衛隊基地化反対の表明!

基地経済にたよらない、平和で安全な島に!!

https://youtu.be/I5g3SWx_8vs

《パート1
無人島に160億円もの税金が使われる!!

https://youtu.be/2-vYJ2boge0

《パート2
馬毛島自衛隊配備に市長も議会も反対!

https://youtu.be/DsTgUznQ79o

[
ツイキャス動画] 〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29 院内集会 at 衆院第一議員会館多目的ホールYouTube

宮古島パート4YouTube「軍隊は戦争の準備! "平和"""こそ宮古島の宝!!

宮古島パート3YouTube「宮古島に自衛隊が来た!脅かされる島民の命!!

宮古島パート
YouTube「宮古島にも日本軍『慰安婦』が!沖縄戦から本土復帰へ」

宮古島パート1YouTube「こんなに美しい宮古島に、いったい何が起きてるんだ?!沖縄宮古島から現地放送!全4部<パート1

・講師:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだPART3」

【YouTube 】「日米地位協定ってなんだ」パート2!!

「アメリカに尻尾を振り続ける日本! これじゃ、あんまりでしょ?

you tube】「日米地位協定ってなんだ・パート1-日本はアメリカの植民地なの?


YouTubeウーマンラッシュアワー村本大輔×ジャーナリスト堀潤×石垣島からの声

『島人〜すまぴとぅ〜と考える 大切なこと  -石垣島 全国初の住民投票義務付け訴訟から-』






◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)
◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分



ビデオ「本当にこれでいいのですか? 宮古島」

 17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!




ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」
南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER243580

新着情報

 

情報コーナー(新聞等/オスプレイ監視)

オスプレイ監視活動速報 No.22603/03 15:09
監視活動速報 No.226 3月2日(火) 監視者1名 通報者1名 15:43  CV-22Bオスプレイ2機(13-0071,14-0075)が、横田基地を離陸。 横田基地周辺を飛行。 17::05  ...
オスプレイ監視活動速報 No.22503/02 22:20
監視活動速報 No.225 2月26日~2月28日には、東富士とその周辺へのオスプレイの飛来は確認されません 3月1日(月) 監視者4名 通報者3名 9:36 CV-22Bオスプレイ1機(13-0069)が、横田基地を...

沖縄・琉球弧の動き

尖閣諸島★海保が感じた「昨年の異変」と地元漁師が語る実状03/02 23:03
◆沖縄タイムス記事(2021年2月11日)
辺野古★「南部地域からの土砂調達」抗議ハンスト報告03/02 22:22
政府・沖縄防衛局が「南部地域からの土砂調達」を開始したことに対して、沖縄の人たちは「遺骨混りの土砂を辺野古埋立に使うことは戦没者を冒瀆するものだ。」と抗議の声を上げています。 以下、北上田さんの報告を紹介します。 **********...

イベント案内

4/3静岡◎沖縄を語る会・連続講座◎第1回「米国のアジ...03/03 22:26
◎沖縄を語る会・連続講座◎ ◆第1回/4月3日(土)午後2時静岡労政会館・展示室 日本をはじめとする極東に対してアメリカや中国がどのような考えと戦略を持っているかを理解しておくことは、日本を取り巻く平和の問題を考えるうえでどうしても必...
3/14オンライン学習会★沖縄の声に耳を澄ませば ~ ...03/02 22:57
<沖縄弁護士会・加藤裕さん講演会のお知らせ> ・開催日時:2021年3月14日(日)午後2時開始 ・講演タイトル:沖縄の声に耳を澄ませば~ 辺野古新基地建設の現在(いま) ・講演主旨:今年1月24日、米海兵隊と陸上自衛隊が辺野古新基地...

ニュース

沖縄・南西諸島ニュース
12345
2021/03/02new

尖閣諸島★海保が感じた「昨年の異変」と地元漁師が語る実状

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
◆沖縄タイムス記事(2021年2月11日)

23:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/02/27

尖閣上陸強行に危害射撃も 警察権行使

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

尖閣上陸強行に危害射撃も 警察権行使

2021225 22:00日本経済新聞


政府は25日、自民党国防部会・安全保障調査会の合同会議で、外国公船が沖縄県・尖閣諸島への上陸を強行すれば、凶悪犯罪と認定して武器使用により相手の抵抗を抑える「危害射撃」が可能になる場合があるとの見解を示した。警察官職務執行法に基づく警察権の行使と位置付けた。中国海警局による領海侵入を念頭に、抑止力強化を狙ったとみられるが、尖閣を巡る日中対立がエスカレートする懸念も強まりそうだ。

 

出席議員によると、外国公船の上陸強行を阻止するための危害射撃に政府が言及するのは極めて異例という。

 

警職法は懲役・禁錮3年以上の凶悪犯罪に対する武器使用を認めており、危害射撃も含まれる。合同会議には内閣官房や海上保安庁、警察庁、防衛省の担当者らが説明役として出席。尖閣諸島への上陸を外国公船が強行しようとするケースも凶悪犯罪と認定できる場合があり、危害射撃は可能だとの認識を示した。政府はこれまで、基本的に正当防衛や緊急避難の場合に限って武器使用を可能としてきた。

 

この他、政府側は①外国公船が日本人を連れ去った場合に相手の船に乗り込んで奪還する対応は可能②領海周辺を飛行するドローンは領空侵犯措置と見なして自衛隊が撃墜も含めて対応することが可能―――、などと説明した。

 

出席議員から、危害射撃に関し「政府は、しっかりした対策を示した」と評価する意見が相次いだ。海警法施行を受け、自民内では新たな法整備を政府に求める意見が強まっている。政府は法整備に慎重姿勢を取る一方、現行法制上で可能な対処の精査を進めていた。〔共同〕


16:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/02/24

玉城沖縄知事 尖閣の安全確保で外相らに要請

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

玉城沖縄知事 尖閣の安全確保で外相らに要請

2021221 10:15琉球新報

 

 玉城デニー知事は19日、茂木敏充外相ら関係閣僚に対し、尖閣諸島周辺の安全確保や中国との関係改善などを求める要請文を送った。

 

 要請文ではこのほか、尖閣諸島が日本固有の領土であることを国際社会に明確に示すことを求めた。宛先は茂木外相のほか、赤羽一嘉国土交通相、岸信夫防衛相、河野太郎沖縄担当相の計4閣僚。

 

 尖閣諸島周辺では1516日に、中国海警局の船が日本漁船に接近しようとする動きを見せていた。


09:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/02/14

陸自輸送艦、24年に初導入へ 尖閣有事、部隊搬送も視野に

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

陸自輸送艦、24年に初導入へ 尖閣有事、部隊搬送も視野に

2021214 0601分東京新聞(共同通信)


 政府は、南西諸島に配備した陸上自衛隊の部隊に物資を運ぶ中型と小型の輸送艦計3隻を2024年に導入する方針を固めた。中国公船が領海侵入を繰り返す沖縄県・尖閣諸島周辺の情勢を踏まえ、離島への弾薬や燃料、食料の安定供給網を構築する。有事の際に離島奪還作戦を担う陸自の専門部隊「水陸機動団」の搬送も視野に入れる。複数の政府関係者が13日、明らかにした。陸自への輸送艦配備は初めて。

 中国の急速な軍備増強に対処するため、陸自部隊配備など近年進めてきた南西諸島防衛強化の一環。尖閣を巡っては、中国海警法により海警局船に武器使用が認められ、不測事態への懸念が高まっている。


13:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/02/14

【記者解説】沖縄が陸自輸送艦拠点になる可能性

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

【記者解説】沖縄が陸自輸送艦拠点になる可能性 「軍事要塞化」進む恐れ

2021214 13:14琉球新報


 陸上自衛隊の海上輸送部隊の創設と輸送艦導入は、2019年度から5年間の方針をまとめた「中期防衛力整備計画(中期防)」に明記されており、もともと決まっていた。一方、輸送艦の配備に伴って部隊や艦隊の拠点、弾薬などの物資を集積する補給拠点が必要になるが、中期防で場所は明示されておらず、県内も拠点整備の一つとして検討に上がっている可能性がある。(以下略)


13:37 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2021/01/10

[「赤旗」記事]南西諸島・ミサイル基地が米国の“防波堤”に

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

110日付「赤旗」の記事です。

・南西諸島・ミサイル基地が米国の防波堤に-「島を戦場にさせない」
・米空軍、1950年代に宮古島に基地建設計画



22:21 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/12/11

政府、長射程ミサイルを導入/島々が中国への攻撃基地へ変貌する

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

小西 誠さんのFacebookより転載させていただきます。

*************

12式地対艦ミサイルの射程を900キロ――これは完全に中国内陸部への攻撃用だ。宮古島・石垣島配備などの12式地対艦ミサイルのこの改良は、島々が中国への攻撃基地へ変貌することをバクロ!

「誘導弾の射程は、現行の百数十キロから900キロ程度に」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

政府、長射程ミサイルを導入 18日閣議決定の文書案判明

20201210 19:20琉球新報

 政府が18日に閣議決定するミサイル防衛に関する文書案が10日、判明した。相手の射程圏外から攻撃できる「スタンド・オフ・ミサイル」を導入、陸海空いずれからも発射できるよう運用する方針を盛り込む。具体的には陸上自衛隊の12式地対艦誘導弾を長射程化。日本を狙う弾道ミサイルを相手国領域内で阻止する「敵基地攻撃能力」保有の明記は見送ったが、同能力に転用可能な防衛装備の保持を先行させた形。

 政府関係者によると、誘導弾の射程は、現行の百数十キロから900キロ程度に大幅に延ばす。地上だけでなく、戦闘機や護衛艦から発射できるようにする方向で、来年度から5年かけて開発する。

(共同通信)

https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1239481.html


11:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/11/12

「臥蛇島への揚陸訓練」情報

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

木元茂夫さん(反戦平和のための軍事問題研究)のFacebookより

*************

「臥蛇島への揚陸訓練」

いろいろしらべているけれど、全貌が明らかになりません。

とくに、参加が発表されていたF2戦闘攻撃機が何をしていたのか、見つけることができていません。上陸作戦のためには空からの掩護は不可欠なのですが。また、臥蛇島に実弾ないし訓練弾を撃ち込んだかどうかもわかりません。

上陸した人数も陸自100名、海兵隊40人と報道されていますが、

当初の発表よりは、かなり少ないです。

陸自の本気度、今後の方向性を探るためにいろいろ調べていますが、公表されていないことが、いろいろありそうです。

12枚目 上陸した陸自水陸機動団とアメリカ海兵隊>在日アメリカ海兵隊HPより



3枚目> 大型揚陸艦「おおすみ」の艦上でCH-47ヘリに乗り込む日米兵士 統合幕僚監部HPより


4枚目> 臥蛇島から艦艇と連絡をとりあう陸自隊員

統合幕僚監部HPより


22:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2020/11/12

バイデン氏、尖閣諸島へ「日米安保」適用表明 菅首相と初の電話協議

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

バイデン氏、尖閣諸島へ「日米安保」適用表明 菅首相と初の電話協議

 毎日新聞 2020/11/12 09:20


 菅義偉首相は12日午前、米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領と約15分間、初めての電話協議を行った。

  首相はバイデン氏に祝意を伝えた。両氏は日米同盟を強化する方針を確認。対面による会談を早期に実現させることで一致した。

 

 バイデン氏は米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条が沖縄県・尖閣諸島に適用されると表明した。首相が協議後、記者団に明らかにした。【佐野格】


11:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2020/11/11

<社説>陸自大規模医療訓練 「住民を守る」は幻想だ

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

<社説>陸自大規模医療訓練 「住民を守る」は幻想だ

20201111琉球新報
 

 陸上自衛隊西部方面隊が南西諸島防衛を目的に過去最大規模の医療訓練を実施した。大分県の日出生台演習場を、住民を避難させた後の「島」と見立て、上陸してきた相手に対し自衛隊が防御する想定だ。徳之島では「野戦病院」とした場所に戦闘地からヘリで負傷隊員を受け入れる訓練をした。

 

 陸自は、島嶼地域は医療体制が弱く「負傷隊員を島外に搬送するのにも時間がかかる」と指摘した。ならば住民は具体的にどう避難させるのか。住民の安全への視点や議論を欠いたまま実戦さながらの訓練だけが先行している。

 「住民保護の一義的な責任は自治体にあり、自衛隊ではない」と打ち明ける自衛官がいるように、自衛隊の作戦はそもそも、住民保護の優先度は低い。領土・領海を守るのが主目的だ。軍隊と行動を共にした住民に、より多大な犠牲が出た沖縄戦の経験からも明らかなように、いざ有事の際に自衛隊が「住民を守る」というのは幻想だ。

 医療訓練の背景には南西諸島軍備強化がある。防衛省は「島嶼防衛」を掲げ、これまでも離島奪還訓練を繰り返してきた。島での戦闘は守るより攻める方が有利なので、侵攻されたら敵に島をいったん占領させ、その後に陸自が逆上陸して島を奪い返す作戦だ。

 そこには住民の避難や保護は視野に入っていない。いざとなれば沖縄本島と先島諸島の間の海上を封鎖できるという能力を中国に示す狙いがあるという。

 数万人規模の住民を避難させるには近くの島に海上移送するか、島内のどこかに収容するしかない。しかし海上が封鎖されれば、住民は島内に残るしかない。いったん占領された島を奪い返すための戦闘に住民が巻き込まれるのは火を見るより明らかだ。

 今回の医療訓練は住民が避難した後を想定したものだが、避難計画は示していない。負傷隊員の救護でさえ、島内ではままならず、移送に時間がかかる想定なのだから、多数の住民が負傷した場合、医療措置は困難であることを訓練自ら物語っている。

 宮古島や石垣島に配備される陸上自衛隊の地対艦ミサイルは、発射後に切り離される「ブースター」と呼ばれる推進補助装置がどこに落ちるか予測不能だ。専門家は「ミサイル部隊は移動しながら戦うので島中が戦場になる」と指摘している。にもかかわらず住民に説明はない。

 そもそも軍事施設を造れば有事の際は標的となり、住民の危険性は高まる。住民保護を抜きにした戦闘訓練を実施する前に、やるべきことは多いはずだ。偶発的衝突を避けるため、緊急時に日中の防衛当局幹部をつなぐホットラインを開設することはその一つである。その上で、尖閣問題など紛争の火種をなくすよう外交努力を尽くし、軍事施設が要らない環境をつくることが最も重要だ。


21:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
12345