静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER129349

新着情報

 

情報コーナー(新聞等/オスプレイ監視)

「オスプレイに反対する東富士住民の会」ニュース第38号...08/10 10:25
「オスプレイに反対する東富士住民の会」がニュース第38号(2020年8月9日号)を発行しました。 「住民の会」ニュース第38号2020.8.9B.pdf

沖縄・南西諸島の動き

◎自衛隊・馬毛島基地企画資料◎08/08 23:07
◎自衛隊・馬毛島基地企画資料◎
河野防衛大臣が与那国と宮古島を視察❗緊急抗議行動‼️2...08/08 23:01
※いんしゃあ かなすさんのfacbookより ◎緊急抗議行動‼️2020/8/8 河野防衛大臣が与那国と宮古島を視察❗ 今日午後になって飛び込んだ情報に、大勢の市民に呼びかける間もなく、緊急に10名が千代田に集まった! 午後3時...
社説]馬毛島基地計画 また無理押しするのか08/08 22:55
[社説]馬毛島基地計画 また無理押しするのか    (8月8日信濃毎日新聞)  防衛省が、鹿児島県西之表市の馬毛島(まげしま)で計画する自衛隊基地の配置案を公表した。  馬毛島は、米空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP...
鹿児島・馬毛島に自衛隊基地 硫黄島の米訓練移転へ08/08 22:51
鹿児島・馬毛島に自衛隊基地 硫黄島の米訓練移転へ 2020/8/7 14:00日本経済新聞 防衛省は7日、鹿児島県の馬毛(まげ)島に整備する自衛隊基地の計画を発表した。現在硫黄島で実施する米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)を移転...
ドローンで見る宮古島・保良ミサイル弾薬庫の現在!08/07 20:31
※小西誠さんのFacebookから転載させていただきました。(8月7日) ◎ドローンで見る宮古島・保良ミサイル弾薬庫の現在!  ――今なら、まだ、保良ミサイル弾薬庫は止められる! *ミサイル弾薬庫の詳細内容は以下からー 「宮古島・...
馬毛島★8/7山本防衛副相に抗議/「馬毛島における施設...08/07 20:22
和田香穂里さんのFacebookから転載させていただきました。 8月7日 ◎山本防衛副相に抗議/「馬毛島における施設整備」説明  市長と議長に「馬毛島における施設整備」を「説明」に来た山本防衛副相への抗議行動が、西之表市役所前で行われ...

ニュース


2020/07/03

アメリカ海軍フィリピン海に集結、中国東海艦隊またも宮古海峡通過

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

木元茂夫さんのfacebookから転載させていただきます。


アメリカ海軍、原子力空母3隻をフィリピン海に集結

そして、中国東海艦隊、またも宮古海峡通過

 

アメリカ海軍は、原子力空母レーガン(CVN76)、ニミッツ(CVN68)、ルーズベルト(CVN71)3隻をフィリピン海(日本、台湾、フィリピン、ミクロネシアに囲まれた海域)に集結させた。フィリピン海は広すぎて台湾に近いところなのか、ミクロネシアに近いところなのか確認できず。そこがなんとも悔しい。

朝鮮が弾道ミサイルを次々に発射した2017年。同年11月に日本周辺に空母3隻を集結させて以来の訓練だが、あの時は主に艦隊航行訓練、写真撮影訓練だったが、今回は極めて実戦的な訓練である。

空母2隻が組んで、艦載機を次々に発艦させる訓練を行っている。夜間の離発着訓練も。空母ニミッツは24日、一度グァムに寄港したが、すぐに再出動したようである。

ニミッツ級原子力空母の艦載機は約72(戦闘爆撃機50+早期警戒機5機+電子戦機5+ヘリと輸送機12)3隻合わせれば216機という大兵力となる。しかも、原子力空母は爆弾と航空機燃料の搭載量がかつての通常動力空母の約2倍、自艦運行用の膨大な軽油搭載スペースが原子炉に置き換わったことでこれが可能になった。

さらに随伴艦が約6隻、巡洋艦2(ミサイル120発搭載×2)、駆逐艦4(90発×4)、「弾道ミサイル防衛」にイージス艦を使いだしたのはここ15年くらいの話、イージス艦の本質は「動くミサイル基地」、長距離巡航ミサイル・トマホークでの対地攻撃を主要任務としてきた。空母3隻とイージス艦6隻の集結は、軍事的な脅威を作り出している。アメリカでは新型コロナの感染者が激増している。空母の訓練に税金を使っている場合ではないだろう。

一方の中国海軍、26日にジャンカイⅡ級のフリゲート艦「浜州」(東海艦隊、2016年就役)が宮古海峡を南下し、28日に北上した。今回は1隻のみ。

南西諸島にミサイル部隊を配備する時の説明会で、陸自のえらいさんが、「備えがあれば、相手は避けて通る」と説明していたが、現実には逆のことが起きている。中国海軍の艦艇を撃沈可能な地対艦ミサイルを配備しようとするから、様子を見に来るようになったのではないか。2019年までこんな頻度で中国海軍は宮古海峡を通過してはいなかった。

香港の民主派への弾圧を許しがたい、と思いながら、緊張緩和への道を探らなければならない。

■令和2629統合幕僚監部

中国海軍艦艇の動向について

6月26日(金)午後8時頃、海上自衛隊第5航空群所属「P-3C」(那覇)が久米島の北西約300kmの海域を南東進するジャンカイⅡ級フリゲート1隻を確認した。その後、当該艦艇は沖縄本島と宮古島の間の海域を南下し、一時的に太平洋に進出したが、28日(日)に沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し、東シナ海へ向けて航行したことを確認した。

注 ジャンカイⅡ級フリゲート 全長134m 満載排水量3963トン 30隻保有

■令和2年6月22日統合幕僚監部

中国海軍艦艇の動向について

6月20日(土)午前7時半頃、海上自衛隊第46掃海隊所属「くろしま」(沖縄)及び第5航空群所属「P-3C」(那覇)が、宮古島の東約130kmの海域を北西進する中国海軍ルーヤンⅡ級ミサイル駆逐艦1隻、ジャンカイⅡ級フリゲート1隻及びフチ級補給艦1隻を確認した。その後、これら艦艇が沖縄本島と宮古島の間の海域を北上し、東シナ海へ向けて航行したことを確認した。なお、これらの艦艇は、5月29日(金)に沖縄本島と宮古島の間の海域を南下した艦艇と同一である。

注 ルーヤンⅢ級ミサイル駆逐艦 全長157m 満載排水量7500トン 12隻保有、8隻建造中

■令2623日 統合幕僚監部 これは対馬海峡

中国海軍艦艇の動向について

6月21日(日)午前3時頃、海上自衛隊第3ミサイル艇隊所属「おおたか」(佐世保)、第1航空群所属「P-1」及び「P-3C」(鹿屋)が下対馬の南西約200kmの海域を北東進するジャンカイⅡ級フリゲート1隻を確認した。

その後、当該艦艇は対馬海峡を北上し、一時的に日本海に進出したが、23日(火)に対馬海峡を南下し、東シナ海へ向けて航行したことを確認した。


22:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項