静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

お知らせ








 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER83121

「静岡・沖縄を語る会」サイトマップ

「静岡・沖縄を語る会」Webページへようこそ!

このWebサイトでは、本会のお知らせや活動報告のほか、高江や辺野古をはじめとした沖縄島における反基地運動および南西諸島全体における自衛隊配備への反対運動などに関して取り上げます(情報提供はこちらへ)。

トップページ(このページです) 新着情報 お知らせ

活動報告(静岡・沖縄を語る会中心) 2019沖縄写真展

会報バックナンバー(静岡・沖縄を語る会の会報PDF

情報コーナー(琉球新報・沖縄タイムス記事タイトル/各地メディアリンク) オスプレイ監視情報

沖縄南西諸島動き 石垣島 宮古島 沖縄島周辺 奄美大島 馬毛島・種子島 琉球弧軍事基地に反対するネットワーク記事リンク)   与那国島

住民運動サイトリンク
資料のページ市民運動資料/政府資料/その他資料/軍事情報(政府等)/<YouTube>住民運動関係ビデオ
イベント案内
個人ブログ紹介

 

新着情報

 

パブリックスペース

<ブログ紹介>「日本が武器を買うお金で、これだけのこと...05/29 23:12
川崎哲さんのブログ「日本が武器を買うお金で、これだけのことができる」を紹介します。   「川崎哲のブログとノート」2020.5.27  2020年度の日本の防衛費は、5.3兆円である。これは前年度より1.1パーセント増で、防衛費は...
「富士総合火力演習」も規模縮小 コロナで一般公開中止―陸自05/24 22:22
総合火力演習も規模縮小 コロナで一般公開中止―陸自 2020年05月23日14時42分時事通信  陸上自衛隊の国内最大規模となる実弾射撃訓練「富士総合火力演習(総火演)」が23日、静岡県の東富士演習場で報道陣に公開された。新型コロナウ...

情報コーナー(新聞等/オスプレイ監視)

オスプレイ監視活動速報 No.181 05/29 16:20
監視活動速報 No.181 5月28日(木) 監視者1名 通報者4名  10:50 CV-22Bオスプレイ1機(13-0071)が横田基地を離陸しました。     横田基地西側を2回ほど回る。あきる野市東秋留橋方向を南へ飛行す...
オスプレイ監視活動速報 No.18005/28 10:38
監視活動速報 No.180 15日~26日には東富士とその周辺への飛来が確認されませんでした。 5月27日(水) 監視者2名 通報者1名  18:39 CV-22Bオスプレイ1機(14-0074)が横田基地を離陸した。  ...
普天間基地/オスプレイ、連日午後10時すぎても飛行訓練05/23 22:47
オスプレイ、連日午後10時すぎても飛行訓練 「騒々しい工場内」レベル 2020年5月21日 21:16琉球新報  【宜野湾】米軍普天間飛行場で輸送機MV22オスプレイが18、19の両日、午後10時以降に飛行したことが確認された。県と宜...
オスプレイ監視活動速報 No.17905/16 16:10
監視活動速報 No.179 14日に東富士への飛来がありました。報告が遅くなりました。 15日には、東富士とその周辺での訓練は確認されていません。 5月14日(木) 監視者1名 通報者1名  15:45 CV-22Bオスプ...

沖縄・南西諸島の動き

宮古駐屯地のカメラ「市民監視でない」防衛省が説明05/28 23:08
宮古駐屯地のカメラ「市民監視でない」防衛省が説明 2020年5月28日 10:52琉球新報  【東京】野党国会議員でつくる「沖縄等米軍基地問題議員懇談会」は27日、国会内で開いた会合で、防衛省に対し、陸上自衛隊宮古島駐屯地(宮古島市)...
馬毛島、米軍訓練FCLP移転を名目に種子島と併せ自衛隊...05/28 10:10
「琉球弧の軍事基地化に反対するネットワーク」Webサイトからの転載です。 ◎馬毛島、米軍訓練FCLP移転を名目に種子島と併せ自衛隊の拠点化を図る。2022年度の着工・24年度末工事完了、100名規模の空自「馬毛島基地」配備、25年度...
石垣島平得大俣「陸自ミサイル基地建設工事」現地よりのレポート05/28 10:01
「琉球弧の軍事基地化に反対するネットワーク」 に石垣島からのレポートが連載されているのでほんの一部を紹介します。 詳しくは元記事をご覧ください。 ◎石垣島平得大俣「陸自ミサイル基地建設工事」現地よりのレポート(27) http:...
辺野古の移植サンゴ 、政府内で生存率に違い 05/27 21:58
辺野古の移植サンゴ、政府内で生存率に違い 防衛「大型100%」、水産庁「20%以下」 2020年5月27日 10:46琉球新報 【東京】名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴの移植に関連し、サンゴが移植後に生き残る確率を巡り政府の資料な...
石垣島/造成工事を中断 カンムリワシの営巣活動確認05/23 22:54
造成工事を中断 カンムリワシの営巣活動確認 2020年05月22日八重山毎日新聞  平得大俣での陸上自衛隊配備計画をめぐり、沖縄防衛局は21日、造成現場周辺の山林でカンムリワシの営巣活動を確認したとして20日に工事を中断したと公表し...
宮古島軍事化反対チラシ「宮古島を迷彩服に染めないで!」05/21 22:43
宮古島の新しいチラシを紹介します。(表/裏) (ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会)
原子力空母レーガン、横須賀を出港05/21 21:57
馬毛島の参考になると思うので、 以下、木元茂夫さんのfacebookから転載させていただきました。 **************************** 原子力空母レーガン、横須賀を出港 5月21日午前10時、原子力空母ロナル...
ジュゴン3月にも辺野古で鳴き声か 計23回 希少サンゴ...05/18 22:18
ジュゴン3月にも辺野古で鳴き声か 計23回 希少サンゴも見つかる 2020年5月16日 11:03琉球新報  米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に関し、辺野古の基地建設現場の海域に設置した水中録音装置で2月に引き続き3月もジュゴン...
陸自、小銃を31年ぶりに更新 安定性、耐水性向上 拳銃...05/18 22:04
陸自、小銃を31年ぶりに更新 安定性、耐水性向上 拳銃は38年ぶり 5/18(月) 15:13配信毎日新聞  陸上自衛隊は18日、隊員たちが携行する新たな小銃と拳銃を報道陣に公開した。小銃の更新は1989年度以来で31年ぶり、拳銃は8...
自衛隊で初「宇宙作戦隊」発足 不審な人工衛星など監視へ05/18 22:02
自衛隊で初「宇宙作戦隊」発足 不審な人工衛星など監視へ 2020年5月18日 17時13分NHK 自衛隊で初めての宇宙領域の専門部隊となる航空自衛隊の「宇宙作戦隊」が18日に発足し、防衛省は日本の人工衛星を守るため、不審な人工衛星や宇...

イベント案内

6/18京都★琉球人遺骨返還請求訴訟・第6回弁論05/29 16:35
■琉球人遺骨返還請求訴訟・第6回弁論 ・日時:2020年6月18日木曜日 14:00〜16:00 ・場所:京都地方裁判所 大法廷 ・主催者: 琉球遺骨返還請求訴訟支援全国連絡会 ◎報告集会・京都弁護士会館地下会議室 閉廷後の報告集会は...
6/17京都★琉球人遺骨返還請求訴訟・支援集会 シンポジウム05/29 16:34
■琉球人遺骨返還請求訴訟・支援集会 シンポジウム・日本人類学会の植民地主義に抗議する ・日時:2020年6月17日水曜日 18:30〜21:30 ・会場:キャンパスプラザ京都第4講義室 ・パネリスト/池田光穂(大阪大学)、板垣竜太(同...
5/27【石垣島】ミサイル基地いらない! ◎市長はリコ...05/26 23:06
いのちの水・カンムリワシを守ろう! ミサイル基地いらない! ◎市長はリコール 街頭アピール ・5月27日(水)午後5時~5時半 ・市役所第2駐車場前
お知らせ
お知らせ >> 記事詳細

2020/04/19

「宇宙作戦隊」新設などを盛り込んだ「改悪防衛省設置法」成立

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

※杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)さんのメールを紹介します。

「宇宙作戦隊」新設などを盛り込んだ「改悪防衛省設置法」成立に抗議します

https://kosugihara.exblog.jp/240252960/ 

・東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。

[転送・転載歓迎/重複失礼]

 

「宇宙作戦隊」や無人機部隊の新設、サイバー部隊の増員を盛り込んだ改悪防衛省設置法が、417日の参議院本会議であっという間に成立しました。

 

衆参の本会議がともに起立採決だったため、詳細な賛否は不明ですが、委員会での賛否などによれば、共産党や参議院会派「沖縄の風」(伊波洋一、高良鉄美)は反対。与党に加え立憲・国民・社保、維新などの野党は賛成。

 

<衆議院審議時の賛否>

賛成会派:自由民主党・無所属の会、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム、公明党、日本維新の会・無所属の会、希望の党

反対会派:日本共産党

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DCED42.htm

 

「宇宙作戦隊」は、2020年度中に20人体制で空自府中基地に発足。宇宙状況監視システムを運用し、米宇宙軍とリアルタイムで情報共有する体制を構築しようとしています。日本版GPS(準天頂衛星)による米GPSの補完なども含めて、宇宙における日米の軍事的一体化がさらに進展します。すでに3年ほど前から、JAXA(宇宙航空研究開発機構)には自衛官が派遣されており、2018年からは米空軍宇宙コマンド主催の多国間机上演習「シュリーバー演習」に自衛隊も参加しています。また、2023年度打ち上げ予定の

準天頂衛星には、米国の宇宙監視用センサーの搭載が検討されています。

 

無人機部隊は20213月までに青森県三沢基地に70人体制で発足し、無人偵察機グローバルホーク3機が配備されます。同機は、取得時に価格が23%も上昇し1機約210億円となり、一時は購入中止に傾いたものの、外務省や国家安全保障局(NSS)の圧力で購入に至ったいわくつきの高額兵器です。

さらに、3機分の20年間の維持費は2449億円に達します。

 

陸海空の共同部隊であるサイバー防衛隊は、70人増員され290人体制になります。

 

宇宙の軍事利用を解禁した2008年成立の「宇宙基本法」は自民・公明・民主の議員立法でしたが、立憲・国民はやはり今回も賛成に回りました。危険な新防衛大綱の柱の一つである「宇宙・サイバー・電磁波軍拡」に正面から反対できないのは、旧民主党系の大きな弱点です。心ある議員には、しっかり学習し、党内で議論を仕掛けてほしいと思います。

 

ただ、武器取引反対ネットワーク(NAJAT)を含めて、市民の側はこの悪法が審議されていたことすらフォローできておらず、ふがいなく、情けない限りでした。

 

また、メディアの扱いも弱かったです。418日には東京新聞にもしんぶん赤旗にも記事はなく、19日に赤旗が報じました。宇宙・サイバー・電磁波・無人機軍拡にどのように反対していくのかは今後の重要な課題だと思います。

 

宇宙部隊新設の改正法成立 防衛省、無人偵察機も(417日、産経)

https://www.sankei.com/politics/news/200417/plt2004170008-n1.html

 

「宇宙作戦隊」年度内に発足 改正防衛省設置法が成立(417日、時事)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041700251&g=pol

 

(変わる安全保障)機密演習、宇宙が戦場 米衛星への攻撃想定

――日本初参加(20181125日、朝日)

https://www.asahi.com/articles/DA3S13784123.html

 

<グローバル・ホーク購入の問題点について>

アメリカの「ぼったくり兵器」の押し売りに、ノーと言えない防衛省

2017520日、半田滋、現代ビジネスオンライン)

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51802

 

<在庫ありますのでご注文ください!>

【紹介】パンフ『宇宙に拡がる南西諸島の軍備強化』(前田佐和子さん講演録)

https://kosugihara.exblog.jp/240159684/

 

※しばらく前の本ですが、『宇宙開発戦争』(2009年、作品社)の「日本語版解説」を私が書いています。宇宙基本法の成立を含めて、日本がどのようにして宇宙の軍事利用を解禁したのかを綴っていますのでご参照ください。

http://www.sakuhinsha.com/politics/22162.html


23:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース