静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1622662






 

連想検索

「静岡・沖縄を語る会」サイトマップ

「静岡・沖縄を語る会」Webページへようこそ!
★このWebサイトでは、本会のお知らせや活動報告のほか、高江や辺野古をはじめとした沖縄島における反基地運動および琉球弧(南西諸島)全体における自衛隊配備への反対運動などに関して取り上げます(情報提供はs_okinawa(a)erix.comへ※ (a)は@に変換)。

トップページ(このページです) 新着情報 お知らせ

活動報告(静岡・沖縄を語る会中心)

会報バックナンバー(静岡・沖縄を語る会の会報PDF

情報コーナー(琉球新報・沖縄タイムス記事タイトル/各地メディアリンク) オスプレイ監視情報 日本の動き 世界の動き

沖縄南西諸島動き 石垣島 宮古島 沖縄島周辺 奄美大島 馬毛島・種子島 琉球弧軍事基地に反対するネットワーク記事リンク)   与那国島

住民運動サイトリンク
平和論・戦争論・文明論
資料のページ市民運動資料/政府資料/その他資料/軍事情報(政府等)/<YouTube>住民運動関係ビデオ
イベント案内
個人ブログ紹介

 

新着情報

 

情報コーナー(新聞等/オスプレイ監視)

新設「防衛イノベーション技術研究所」…防衛省は何をもくろむ?04/16 16:28
新設「防衛イノベーション技術研究所」の違和感…防衛省は何をもくろむ?  職員募集中「副業でもOK」    2024年4月13日 12時00分東京新聞  日米首脳会談では、防衛装備品の共同開発で連携を強化すると確認された。この軍拡方針と...

沖縄・琉球弧の動き

『馬毛島だより』第36号(2024年3月発行)04/09 22:10
『馬毛島だより』第36号(2024年3月発行)
報告◎3月23日~24日の、島々の闘い、全国と繋がれ ...04/04 12:27
※谷田部 光昭さんのfacebookより転載 *********** 遅くなりましたが、、、映像と画像などアップしました! http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1312.html ◎3...

イベント案内

4/14沖縄★オスプレイ撤去! ノーモア日中戦争!04/13 20:44
※「ノーモア沖縄戦 命どぅ宝の会」メルマガ第242号より転載 ************** *4月14日の講演会で「日米が台湾に軍事介入すれば侵略行為に」というテーマでお話しいただく田岡さんに今回寄稿していただきました。政府は戦争を前...
5/26東京★日本の軍事化と沖縄―「基地引き取り論」に立って04/12 14:46
第4回現代史研究会(ちきゅう座)討論集会 ■日本の軍事化と沖縄―「基地引き取り論」に立って 日時:5月26日(日)午後1時30分(1時開場)~5時 場所:明治大学駿河台校舎・リバティタワー1095教室 講師:高橋哲哉(東京...
札幌4/22~全6回■わたしたちは沖縄の現状にどう向き...04/11 20:33
■わたしたちは沖縄の現状にどう向き合うべきなのか  さっぽろ自由学校「遊」24年前期講座 (会場/オンライン) 「日本にとって琉球は単に軍事的な前線基地として、あるいは中国と争ってわがものとしたために19世紀日本の『顔』が立ったこ...
5/5東京★市民フォーラム「今 沖縄を見つめ、日本を考える」04/11 20:15
むさしの憲法市民フォーラム「今 沖縄を見つめ、日本を考える」 ■第26回むさしの憲法市民フォーラム「今 沖縄を見つめ、日本を考える」 ・5月5日午後6時半から ・武蔵野スイングホール2階(東京都武蔵野市のJR武蔵境駅北口) ・講演会 ...

お知らせ

お知らせ >> 記事詳細

2023/11/17

「ガザ地区・イスラエル紛争の即時停戦」と「沖縄の戦争準備中止」を

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
*****************
 今回は11月6日、当会が県庁記者クラブで発表しました「ガザ地区・イスラエル紛争の即時停戦」と「沖縄の戦争準備中止」を求める声明とその報告です。激化するガザ侵攻で増え続ける犠牲に対して当会もアクションを起こすべく今回の声明を出すこととなりました。ぜひお読みください。

「ガザ地区・イスラエル紛争の即時停戦」と「沖縄の戦争準備中止」を求める声明

ノーモア沖縄戦 命どぅ宝の会は6日、県庁記者クラブで会見し、「ガザ地区・イスラエル紛争の即時停戦」と「沖縄の戦争準備中止」を求める声明を発表しました。多数の子どもや女性が犠牲となり「無差別攻撃」「国際人道法違反」と非難されるガザ地区の戦闘の即時停戦を訴えると同時に、海に囲まれる沖縄におけるミサイル配備などの戦争準備は、ガザと同様に「国際人道法」に反し、住宅密集地の近くに攻撃目標となる軍事施設を設けることは「ジュネーブ条約追加議定書に反する」ことを強く主張しました。声明のタイトルは、国際政治学者である豊下楢彦氏のご助言により「今日のガザは明日の沖縄」と提起しました。沖縄が新たな戦場となれば、去る沖縄戦以上の壊滅的な破壊と住民の犠牲を免れません。日米政府に対し国際人道法に反する戦争準備の中止を求め、国連、国際社会に戦争回避の支援を訴えることにしています。
 メルマガをお読みの全国のみなさまにも賛同を呼びかけます。

           新垣邦雄(当会事務局長)
******************
「今日のガザは明日の沖縄」
■「ガザ地区・イスラエル紛争の即時停戦」と「沖縄の戦争準備中止」を求める声明
               ノーモア沖縄戦 命どぅ宝の会

 パレスチナ・ガザ地区のイスラム組織ハマスとイスラエルの戦闘による死者数は、ガザ地区とイスラエルを併せて1万人を超え、特にガザ地区は9千人近くに上ると報道されました(11月2日共同通信)。犠牲者の「7割近くが子供や女性」で「国際人道法違反の批判が高まる」(同)とされ、住民の4人に1人が犠牲となった沖縄戦を経験した県民は見過ごすことはできません。紛争当事者の双方、国際社会に「即時停戦」を訴えます。
 国連のグテレス事務総長は10月24日、ハマスによるイスラエル攻撃を糾弾するとともに、イスラエル軍のガザ地区攻撃で多数の民間人が犠牲になっていると指摘し、「明確な国際人道法違反」と非難しました。同事務総長は「民間人保護が最重要」と強調しました。国際人道法は民間人を巻き込む戦闘を禁じ、民間人の保護を義務付けています。
 ガザ地区は海とイスラエルに挟まれ壁で囲まれ、220万人の住民は地区外に逃げようのない「天井のない監獄」と言われています。国際人道法の研究者は「沖縄とガザは同じ状況にある」と指摘しています。147万人が住む沖縄は四方を海に囲まれ、戦時に逃げようがありません。沖縄の島々には米軍、自衛隊基地が配置され、「台湾有事」に向けたミサイル配備が急速に進んでいます。陸自基地には中国にも届く敵基地攻撃能力を有する長射程ミサイルの配備が想定されています。
 「軍事基地は戦時に攻撃目標となる」ことは国際人道法でも「軍事目標主義」として規定されています。
国際人道法や軍事問題の研究者は、次のように指摘しています。
「台湾有事に米軍が関与すれば嘉手納基地は真っ先に標的になる」
「台湾有事を想定する沖縄県の住民避難計画は宮古、石垣、与那国は<全島避難>としていますが、有事下での全住民避難は不可能である」
「沖縄島は<屋内避難>としていますが、米軍基地・自衛隊基地がある沖縄は攻撃目標となる懸念が強いため<屋内避難>の合理的根拠はない」
「在沖米軍基地と島々に配置される自衛隊ミサイル基地は戦時に攻撃目標となり、車載式のミサイル発射機は基地外に展開運用するため、島中が攻撃拠点となり攻撃目標になる」
「ミサイル弾薬庫も攻撃目標となる」。
沖縄島に一つしかない民間空港の那覇空港は自衛隊の「軍民共用空港」で、米軍による共同使用も想定され、戦時に攻撃目標となる想定で自衛隊が「破壊された滑走路の復旧訓練」を計画しています。那覇空港以外の県内離島の民間空港、港湾の軍事使用も計画され、「全島要塞化」が進む中で、県民は避難の退路を絶たれかねません。
 海に囲まれ「軍民が混在」する島々の住民は、逃げ場もなくミサイル攻撃にさらされかねません。ガザ地区に打ち込まれた何千発ものミサイル被弾地の地図が沖縄の島々に重なって見えます。ミサイル攻撃で多数の市民、子どもたちが犠牲になるガザ地区の映像は、明日の沖縄の姿かもしれません。 
 島々で戦争準備が進み、戦時に攻撃目標となることを想定しながら住民保護、避難の手立てのない沖縄のありようは「国際人道法に反する」ことを指摘します。特に、日本も批准するジュネーブ条約追加第1議定書は、第58条「攻撃の影響に対する予防措置」で「人口の集中している地域、付近に軍事目標を設けることを避けること」と規定しています。地対空、新たに地対艦ミサイル部隊が配備される陸自勝連分屯地(うるま市)周辺には、わずか160メートルの至近に高校、中学校、数百メートル内に小学校、中学校、保育園、商店、住宅地が広がっています。宮古保良地区の陸自ミサイル弾薬庫は保良集落から200メートルしか離れていません。石垣、与那国の陸自基地も同様です。
 在沖米軍基地、嘉手納、普天間など主要基地が戦時に攻撃目標となる懸念が強いことは前記しました。バイデン米大統領は「台湾有事に関与する」と三度、発言しています。町域の80%を占める米軍嘉手納基地、宜野湾市の真ん中にある普天間基地は、戦時下で攻撃目標となり、周辺に住む多数の住民が犠牲となるのは必至です。在沖米軍基地は戦後の米軍統治下で不当に強制収用され、ハーグ陸戦法規に反すると国際法の研究者が指摘し、佐藤栄作元首相も沖縄返還を巡る国会答弁で認めています。米軍世界戦略の「キーストーン」とされる在沖米軍基地の存在そのものが歴史経緯、及びイラク戦争など侵略戦争の出撃拠点となっていることなど、国際法、国際人道法、ジュネーブ条約追加議定書に反することを主張します。
 日米政府は沖縄―奄美の島々の「敵基地攻撃ミサイル基地化」を進めています。戦争準備は、自衛隊那覇基地の「滑走路復旧訓練」、「遺体処理訓練」、「戦傷者の輸送訓練」、「血液製剤の製造・備蓄」など、「戦争前夜」を思わせます。沖縄は「人間の住んでいる島」です。無人島ではありません。私たちは、人が殺し合う戦争に反対します。誰も死なせてはなりません。ガザ地区・イスラエル紛争の即時停戦と国際人道法、ジュネーブ条約追加議定書に基づき、住民の犠牲を前提とする沖縄への戦争準備をただちに中止するよう要求します。


21:11 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 報告事項