静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1553388






 

連想検索

「静岡・沖縄を語る会」サイトマップ

「静岡・沖縄を語る会」Webページへようこそ!
★このWebサイトでは、本会のお知らせや活動報告のほか、高江や辺野古をはじめとした沖縄島における反基地運動および琉球弧(南西諸島)全体における自衛隊配備への反対運動などに関して取り上げます(情報提供はs_okinawa(a)erix.comへ※ (a)は@に変換)。

トップページ(このページです) 新着情報 お知らせ

活動報告(静岡・沖縄を語る会中心)

会報バックナンバー(静岡・沖縄を語る会の会報PDF

情報コーナー(琉球新報・沖縄タイムス記事タイトル/各地メディアリンク) オスプレイ監視情報 日本の動き 世界の動き

沖縄南西諸島動き 石垣島 宮古島 沖縄島周辺 奄美大島 馬毛島・種子島 琉球弧軍事基地に反対するネットワーク記事リンク)   与那国島

住民運動サイトリンク
平和論・戦争論・文明論
資料のページ市民運動資料/政府資料/その他資料/軍事情報(政府等)/<YouTube>住民運動関係ビデオ
イベント案内
個人ブログ紹介

 

新着情報

 

情報コーナー(新聞等/オスプレイ監視)

「中国」明示し日米初演習 台湾有事の作戦計画反映へ02/09 12:59
「中国」明示し日米初演習 台湾有事の作戦計画反映へ 2024/02/04  自衛隊と米軍が実施中の最高レベルの演習で、仮想敵国を初めて「中国」と明示していることが4日、複数の政府関係者への取材で分かった。仮称を用いていた過去の演習と比...

イベント案内

2/11新潟★思想・信教の自由を守る新潟集会02/09 13:09
■思想・信教の自由を守る新潟集会 ・2024年2月11日(日)  午後2時〜4時 ・日本キリスト教団新潟教会

お知らせ

お知らせ >> 記事詳細

2023/04/14

情報公開文書/沖縄・勝連分屯地、与那国島へのミサイル部隊配備など

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
***************
<情報公開文書で明らかになった沖縄・勝連分屯地の、地対艦ミサイル部隊の配備の状況、与那国島への地対空ミサイル部隊配備など>

●情報公開文書で明らかになった沖縄・勝連分屯地の、地対艦ミサイル部隊の配備の状況
――陸自・勝連分屯地には、第7ミサイル連隊+ミサイル1個中隊170人が配備。この部隊は23/3、すでに第5ミサイル連隊(熊本)で、第304ミサイル中隊として新編されている!
●第7地対艦ミサイル連隊に次ぐ、「第6ミサイル連隊」の編成が決定され、その傘下のミサイル中隊が新編されつつある!(22/12の「防衛力整備計画」で策定。なお、第6ミサイル連隊は、宇都宮で2000年に編成され、2011年に廃止)
今後新編される、「第6ミサイル連隊」のミサイル中隊が、すでに23/3の同時期に、第3ミサイル連隊(富良野)第305ミサイル中隊、第1ミサイル連隊(北千歳)第306ミサイル中隊として新編されたが、この300番のナンバーからして、与那国島など、琉球列島に配備される可能性がある(「配備地未定・1個地対艦ミサイル連隊」「7個地対艦ミサイル連隊」として明記)
与那国島における地対空ミサイル部隊の配備が決定されたが、その基地が予定されている18万㎡(現与那国駐屯地、宮古島駐屯地と同規模)の巨大さは、地対空ミサイル部隊だけでなく、地対艦ミサイル部隊の配備も予想される! 
すでに駐留している与那国駐屯地(26万㎡)に、なぜ、このような、新たな「巨大基地」が必要なのか? 宮古島でも、石垣島でも、警備部隊と同居する形で地対艦・地対空ミサイル部隊が配備されている
●結論 今こそ、この本格的対中戦争態勢ー琉球列島の本格的ミサイル攻撃基地化に対し、沖縄と連帯した巨大な反戦のうねりを! 
安保関連3文書で策定された第2段階の、本格的ミサイル配備態勢は、第7、第6地対艦ミサイル連隊の新編、地対艦ミサイルの長射程・ミサイル弾の膨大な備蓄、そして、(極)超高速滑空弾、極超高速ミサイル、トマホークの開発配備と併せ、琉球列島を本格的な対中戦争のミサイル攻撃拠点にしようとしている。
――このおそるべき対中戦争の実戦・実動態勢づくりに対し、沖縄はもとより全国的に一大反戦運動を創らねばならない。
琉球列島のミサイル基地化を水路とした、この対中戦争態勢に、軍拡反対一般、改憲反対一般の運動は無力であり、沖縄のたたかいと連帯した反戦運動が求められている。
*情報公開文書の説明
①「勝連分屯地への地対艦誘導弾部隊の配置について」(6頁)
②「南西地域における防衛体制の強化:沖縄本島・宮古島・石垣島・与那国島」(5頁)
③「概ね10年後における各自衛隊の主要な編成定数、装備等の具体的規模」(3頁)

11:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項