緑の星の緑の島
 

検索

IMAGINE

ユーザーマニュアル

◎本サイトは、ネットコモンズ2(CMS)で制作しています。本サイトの活用方法やプライベートアイランド(個人のお部屋)のデザインカスタマイズについて知りたい方は、ネットコモンズ・マニュアルのページを参照してください(管理者)。
 
COUNTER1615715

島と海関連

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

自然保護・環境問題

このサイトは、地球の自然を保全・保護し、よりよい地球環境を維持する情報を掲載します。また、環境問題に関する取り組みも取り上げます。基本的な考えは「地の人・地のもの・地の自然」であり、“Think globally Act locally”を活動指針とします。
 

情報のひろば

トピック・イベント >> 記事詳細

2017/12/17

辺野古・大浦湾のアオサンゴ、独自の遺伝系統を持つことが判明

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

http://www.nacsj.or.jp/media/2017/12/7638/

辺野古・大浦湾のアオサンゴ、独自の遺伝系統を持つことが判明

2017.12.052017.12.14 更新)日本自然保護協会

公益財団法人日本自然保護協会(会員約24千人、理事長:亀山 章)が保全を進める辺野古・大浦湾(沖縄)に生育するアオサンゴ群集が、同じく沖縄の勝連半島、石垣島の白保に分布するアオサンゴ群集とは異なる遺伝系統を持つことが判明しました。

気候変動による影響で、いずれの場所のアオサンゴ群集も白化現象が記録されており保全が必要ですが、全群体がクローンでできている大浦湾のチリビシのアオサンゴ群集は、環境の変化への耐性が弱いことから、とくに保全が重要であるといえます。

アオサンゴ(Heliopora coerulea)は地理的に離れた局所的な海域を含むインド・太平洋全域に広く分布しています(Zann/Bolton 1985)。しかしながら、 アオサンゴはIUCN(国際自然保護連合)のレッドデータリスト絶滅危惧Ⅱ類に掲載されるほどに世界的に危機的状況にあります。

2008年に行われた遺伝子解析で、沖縄島大浦湾のアオサンゴ群集と石垣島白保のアオサンゴ群集とは異なる遺伝子構成をもつことが判明していました(琉球新報2008Yasuda et al 2012, 2013)

 

今回、従来用いられていたマイクロサテライト方法とは異なるMIG-seq(Suyama et al. 2015)を用いることにより、大浦湾のアオサンゴは、同じ沖縄島の勝連半島のアオサンゴと異なる遺伝系統を有することが判明しました。今回の調査結果は宮崎大学(安田仁奈氏)の調査グループによるものです。


23:15 | コメント(0) | ニュース

情報・資料

 フォルダ
名前
サイズ
作成者
作成日
コメント