静岡・沖縄を語る会

静岡・沖縄を語る会
 

学習用資料

【YouTube】馬毛島・ドキュメンタリー映画第1弾

動画★10.13院内集会「大軍拡阻止に向けて」
動画<第2期「島々シンポジウム」馬毛島ー種子島編>
YouTube 【石垣】陸上自衛隊ミサイル基地建設の現場からの訴え
石垣市国民保護計画(本編)【PDFファイル】 (PDFファイル: 3.5MB)
【YouTube】『オンライン連続講座Part2第一回/軍事要塞化される奄美・沖縄の島々 与那国島から  猪股哲さん」2022.1.18
【YouTube】2/23シンポジウム「馬毛島問題を県民目線で再検討する」(講演編
■【YouTube】島々シンポジウム第1回~第6回

「​​NO!土地規制法」資料(2021年8月12日現在)(ダウンロード)
◎まんが

『自衛隊は敵基地攻撃が可能に!!』
【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート2

『日本の武器輸出&輸入の実態!!』(約20分)

【YouTube】「日本を"死の商人"にしてはいけない!!」パート1

【YouTube】島々シンポジウム3  奄美-種子島から琉球弧の要塞化を問う!

■【YouTube】伊波洋一講演「(沖縄を)再び戦場の島とさせないために」

https://www.youtube.com/watch?v=M9fgzjuo4I4

■PDF「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book 令和2年版」

■【Youtube】【沖縄から伝えたい。米軍基地の話。】全6話(沖縄県公式チャンネル)

【第1回動画】

米軍基地の歴史及び沖縄の過重な基地負担について

 【第2回動画】
米軍関連事件・事故及び日米地位協定の問題について

【第3回動画】

米軍の訓練に伴う影響について

【第4回動画】

米軍基地の返還に伴う経済効果について

【第5回動画】

普天間飛行場と辺野古新基地建設を巡る問題について

【第6回動画】

平和で豊かに暮らせる沖縄を目指して

【Youtube】木元茂夫が語る「首都圏に広がる軍事基地」

Part「首都圏からも敵地攻撃が!

Part「首都圏に広がる軍事基地」

YouTube伊波洋一さん講演「敵基地攻撃論と沖縄」

https://youtu.be/5G8rPoDkTRY

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢アメリカのアジア戦略と日米軍の「島嶼戦争(part6・10分)

◎【YouTube】 軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(水陸機動団・陸自の南西諸島動員態勢編・13分・part5

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(沖縄本島編・10分・part4)
【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(part3、奄美大島・馬毛島編16分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢(宮古島編(part2・17分)

【YouTube】軍事ジャーナリスト・小西 誠が暴く南西シフト態勢与那国島・石垣島編(part1・10分
ビデオ「南西諸島のミサイル基地配備問題」

南西諸島ピースプロジェクト
 

静岡・沖縄を語る会

 清水区西久保300-12富田英司方
 090-5107-6348 
 ゆうちよ口座00890-1.152770静岡・沖縄を語る会
・本サイトへの連絡はこちらへ。
 
COUNTER1768623






 

連想検索

薩南諸島・トカラ列島

馬毛島・種子島
12345
2024/06/16

報告★馬毛島自衛隊基地問題/防衛省と西之表市の協議

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
馬毛島情報局facebookより転載
************
1)防衛省と西之表市の協議
 6月14日(金)午後4時から、防衛省と西之表市の14回目の協議が開かれることが明らかになりました。前回は昨年10月でしたので、ずいぶん久しぶりのことです。「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」は、防衛省の代表団を迎えて、午後3時半から市役所で基地反対のスタンディングを行います。馬毛島情報局の私も連絡会の一会員として参加します。基地反対の意思表示をしたい方は、ぜひ一緒に立ちましょう。
 ニュースの774号でお知らせしたように、馬毛島情報局主宰の三宅公人氏は、市に騒音問題での要望書を提出しています。今回の協議で、しっかりと防衛省を問いただしてほしいと思います。

2)防衛省と西之表市の協議、続報
 一昨日6月14日午後、防衛省と西之表市の協議が行われました。「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」が、緊急のスタンディング宣伝を行い、防衛省の代表団に「マゲシカを殺すな!」と訴えました。私も一会員として参加しました。
 防衛省の担当者は協議の場で、「工事範囲外から濁水が流れ出ている可能性がある」と述べたそうです。昨日の南日本新聞の記事を紹介します。周囲が濁った馬毛島の写真が掲載されています。嘘が、写真で明らかです。
 また、一昨日6月14日、防衛省との協議に先立って西之表市議会が開かれました。八板俊輔西之表市長は所信表明で基地の運用が開始された場合に触れ、「失うもの、失ったものへの国の評価は不十分だ」として、米軍再編交付金に上乗せする補償を求めて行く考えを明らかにしました。騒音被害を容認した上で、もっとお金をもらおうというのでしょうか。その一方、南日本新聞の取材には「所信表明で基地を受け入れる考えを示したわけではない」と述べたそうです。
馬毛島連絡会スタンディング宣伝写真
373ニュースドットコム6/15
https://373news.com/_news/storyid/196429/


12:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2024/06/02

写真★馬毛島の今

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
※動植物はどこで生きればいいのか!
 マゲシカを守ろう!!

**************
・馬毛島の今
 5月29日は、台風1号もそれ、久しぶりの快晴でした。お昼過ぎのJAL便の客席から撮った馬毛島の写真が手に入りました。
 残る緑地は1割ほどでしょうか。もう一つの仮設桟橋の建設も進んでいます。葉山港の南の方、かなり濁っています。竹島、硫黄島、黒島、口永良部島、屋久島が映っています。いずれも戦闘機では1分以内の距離です。

15:07 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2024/05/17

馬毛島の自衛隊基地建設工事 差し止め求める裁判始まる

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
     05月14日 NHK
 馬毛島で進む自衛隊基地の港湾施設の建設工事によって漁業権を侵害されたとして、地元の漁業者が国に工事の差し止めを求める裁判が始まりました。
(中略))
 14日、鹿児島地方裁判所で開かれた初めての裁判で、原告の濱田純男さんは「『宝の島』である馬毛島の漁場や地域のつながりを奪われ、怒りや悲しみを感じる」と訴えました。
 一方、国側は、地元の種子島漁協が22億円の漁業補償金を受け入れ、漁業権は放棄されていて、工事の差し止めに相当する違法性は確認されていないなどとして、訴えを退けるよう求めています。


12:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2024/05/17

鹿児島県知事選挙、川内原発運転に反対する樋之口里花氏が立候補へ

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
     5/17(金) 10:49読売新聞オンライン
 7月7日投開票の鹿児島県知事選に、野党共闘を推進する市民団体の共同代表を務める樋之口里花氏(52)が16日、無所属で立候補すると表明した。
 樋之口氏は県庁で開いた記者会見で、九州電力川内原子力発電所の運転や同県西之表市・馬毛島で進む自衛隊基地建設に反対する姿勢を示し、「広く県民の声を聞いた政治をしたい」と述べた。(以下略)


11:27 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2024/04/09

『馬毛島だより』第36号(2024年3月発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
『馬毛島だより』第36号(2024年3月発行)

22:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2024/03/16

馬毛島自衛隊基地整備 工事差し止め求め提訴 地元漁師

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
   3/12(火) 23:15南日本新聞
 鹿児島県西之表市馬毛島の自衛隊基地建設を巡り、馬毛島周辺で漁を営む権利が侵害されたとして、同市の漁師浜田純男さん(68)が12日、国に対し馬毛島の港湾施設工事差し止めを求める訴訟を鹿児島地裁に起こした。(以下略)


16:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
2024/03/07

自衛隊馬毛島基地建設及び薩南諸島、琉球列島の軍拡・米軍拠点化阻止へ

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
************
 去る2月25日、連帯ユニオン議員ネット第19回大会が、大阪市PLP会館で行われた。私も会員であるが、今年は残念ながら参加できなかった。参加に代えて、「自衛隊馬毛島基地建設及び薩南諸島、琉球列島の軍拡・米軍拠点化阻止への特別決議(案)」を提出し、大会にて決議された。

20:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2024/02/25

■自衛隊馬毛島基地と土地規制法  我が家が土地規制法の注視区域に

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
***************
■自衛隊馬毛島基地と土地規制法
 驚天動地である。我が家が土地規制法の注視区域に入っている!!西之表市では4カ所が注視区域に指定されたが、いずこの漁港も大規模漁港であるが、私の住む集落の近くにある立山港は、漁協組合員も数名という小さな寂れた漁港であり、周囲に自衛隊関連施設など何も無い、今後整備されるかと、市などにも当たり調べてみたが、何も無いようだ。まして馬毛島とは反対の東側にある。
 ところが、あったのである。国交省管轄の「低潮線保全区域」である。「低潮線」とは領海や排他的経済水域など限界線の基礎となる。私の家の近くに、その「低潮線保全区域」の基点となるポイントが2カ所ある。私の家は地図にある大黒瀬(釣りの好ポイントでもあるが)から西へ約数百メートルである。しかし、一体誰がこの区域で何の目的で阻害行為を行うのだろうか。
 土地規制法は2022年9月に施行されたが、「台湾戦争(有事)」を想定した琉球弧の軍事要塞化と連動しているのは言うまでもない。
 この法の狙いは、言ってしまえば調査と監視、そして市民運動の萎縮であろう。個人情報は全て収集され監視される。「自治体と『その他の関係者』に協力を求める」ことができるとあり、この調査に自治体と住民が動員され、当然情報の中には、住民や「その他の関係者」の個人情報も含まれ、密告の奨励でもあり、「隣組」の復活か。
 個人の運動歴や交友関係も調査される。その結果最悪の場合には、その地域からの立ち退きも強いられる。また、その区域内で反対運動をしている者、或いはその恐れのある者と運動を共有している「その他の関係者」の割り出しと調査も行われる。例えば辺野古の座り込みに参加している県外の人々も、当然その対象となり得る。今まで公安や自衛隊情報保全隊が「密かに」行っていた調査が、今後は白昼堂々と行われることになろう。
 この情報提供に協力しなかった場合、或いは虚偽の情報提供をした場合は30万円以下の罰金である。最初の勧告の次に来る「機能阻害行為」中止命令に違反すれば2年以下の懲役・200万円以下の重罰となる。そもそも「重要施設」や「機能阻害行為」の何たるかも明確でない以上、何が罪になるかは不明である。
 「スモールスタート」(第6回審議会)と言うように、今後更なるその区域の5年後変更拡大が懸念される。そしていつ「注視区域」が「特別注視区域」に「格上げ」されるかもしれない。ドローンの規制も当然強化、厳格化されることになる。「施設敷地内を見ることが可能な住宅への居住」は阻害行為に該当しないという、余りにも当然すぎて馬鹿々々しい条文も入っている。
 先日、八板俊輔西之表市長に、市による土地規制法の住民への説明会開催と、国へ説明会開催を求めるように、文書で要請した。おそらく西之表市民のほとんどは、この危険な土地規制法の何たるかを知らないであろう。

12:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
2024/01/14

「馬毛島基地」本体工事着工から1年/プラカード(PDF)ダウンロード

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
***************
 1月12日、「馬毛島基地」本体工事着工から1年になりました。
こんなことがまかりとおっているこの社会はほんとうにおかしいです。一刻も早く、工事をやめてほしいです。プラカード、ブログにまとめました。

**************
 1月12日、「馬毛島基地」本体工事着工から1年。陸の破壊、海の破壊、いきものたちのすみかの破壊、文化財の破壊…が進められて1年が過ぎました。
 マゲシカたちは、かつてない厳しい冬を、どのように過ごしているのでしょうか?
 馬毛島だけでなく、種子島も、大きく変わろうとしています。
 
 1月10日には、辺野古の大浦湾側で埋め立てに向けた工事…石材の投入が始まりました。
 政府の戦争推進政策を支える巨大基地を造るために、巨大利権を確保するために、あってはならないものを造るために、たくさんのかけがえのないものが失われようとしています。
 
一刻も早く工事の中止を! 馬毛島基地計画の中止を! 南西シフトの中止を!


21:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項
2024/01/11

屋久島・口永良部島の約1万2千人を本土に避難させる「実動訓練」実施へ

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ
⬛口永良部島の250番目くらいの島民だった時期に30歳代を数年過ごしました。火山の島で近年も噴火で全島避難したニュースが流れましたね。屋久島、種子島、口永良部島を繋ぐ航路だけのトカラ列島の島です。明らかに馬毛島基地の今後を見通した避難訓練を行い、住民に戦争時への心構えを強要する目的もあるのでしょう。
樹齢千年超える縄文杉のある自然遺産のある屋久島であろうと関係なく、ここまで琉球弧の極小の島々まで隈なく、軍事行動(避難訓練は軍事訓練です)を行う日米の安保防衛政策に連携して抗するしかありません❗
****************
 内閣官房は先月27日。他国からの武力攻撃予測事態で、屋久島と口永良部島の約1万2千人を本土に避難させる想定の「実動訓練」を1月21日に行うと発表。
  (↓の新聞記事参照を)
これには断固反対します。屋久島・口永良部島が戦場になることを前提にした訓練。戦争を想定した訓練なんてもってのほか。
戦争を誘発しない。戦争をしない。させない。人を殺さない。殺させない。
一度戦争になれば止むことはない。ロシアのウクライナ侵攻から2年経つのに終わりは見えない。イスラエルのガザへの攻撃は激しさを増すばかり。
罪なき人々をどれだけ殺せば気が済むのか。子どもたちの泣き声・悲痛な叫びが聞こえないのか。
日本政府に訴えます。今こそわが国がなすべきこと。それは、「私どもは武器を放棄します。だからあなたたちも放棄してください。」と。 他国の文化や歴史。言葉などを理解し合うこと。「人の交流」に武器は必要ありません。
戦争で肉親を亡くした家族は恨みと憎しみを持ちます。その憎悪の根は再び戦争を起こすことになります。
今からでも遅くありません。戦争避難のための訓練をただちに辞めさせましょう!
◇  ◇  ◇  ◇ ◇  ◇
先月23日。宮之浦公民館で「馬毛島の軍事基地化が屋久島でもたらすものは?!」をテーマにつどいを開催しました。参加者は23名でしたが、とても有意義な集まりとなりました。
呼びかけ人を代表して渡邉博之さん。熊毛地区護憲フォーラムの大石正博さんから挨拶を受けました。司会進行は、私 (田中一巳)がさせていただきました。
県護憲平和フォーラム磨島昭広事務局長のパワーポイントを使っての説明。「軍事基地化が一気に進む南西諸島」「破壊がここまで進んだ馬毛島」「肥大化する軍事予算」「馬毛島で想定される年間最大飛行回数(約3万回)」「空域半径45キロの範囲に入る屋久島」「変貌する種子島=住民生活への影響」など、とても詳細にしかも分かり易い講演をいただいた。
続いて、11月29日に屋久島沖1キロの地点でオスプレイが墜落炎上する様子を目にし、他の漁師とともに、乗組員一人の救助 (既に死亡)を行った中島正道さんに語っていただく。
機体がくるくると回転しはじめ、エンジンから火が噴出した。水柱が上がるまでわずか十数秒、あっという間だったと。機体は原形をとどめていなかった。別のオスプレイも飛んで來たが、「また落ちるのではと思い、とても怖かった」と当時の緊迫した様子が伝わってきました。
会場からは、「屋久島を戦場と想定した避難訓練計画が進んでいる」と〇〇区の具体的な事例を語る参加者も。
最後に、この会の名称は仮称をとって「馬毛島の軍事基地化と屋久島の平和を考える会」にすることを確認。 「今後の取組みは、話し合いながら進めていくこと」に。午後8時に集いを終えました。
※会場には「西之表市」と「南方新社」の許可を得て、『馬毛島のかつての様子』写真を並べました。

15:11 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ニュース
12345

米軍施設等に関する馬毛島問題の経緯


2019/12/17

米軍施設等に関する馬毛島問題の経緯03

Tweet ThisSend to Facebook | by やぽねしあ

平成291226

2回米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会臨時総会が西之表市役所において開催された。この会で田渕川町長(中種子町)が地元議会との足並みを揃える必要があることを理由に離脱し、名越町長(南種子町)も書面にて離脱をする旨表明された。FCLPに係る問題の主地域である種子島の関係自治体のほとんどが離脱した状態での協議会の存続は極めて困難であり、解散が妥当であるとの結論に達した。

平成291219

2回目となる馬毛島現地調査を実施。市長・副市長・教育長や市職員、消防署長ら19名が馬毛島へ渡航し、旧馬毛島小・中学校の清掃及び補修、建物の測量を行う。

平成291213

名越町長(南種子町)が議会の一般質問で米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会からの離脱について、12/26に開催される協議会臨時総会で対応を決める意向を示した。
 

平成29128

馬毛島開発問題検討対策委員会を開催し、検討メンバーから出された馬毛島活用計画(案)について内容等精査した。

平成29126

田渕川町長(中種子町)が議会の一般質問で米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会から離脱する意向を明らかにした。

平成291127

「馬毛島活用」に係る第4回検討会を開催し、検討メンバーによる馬毛島活用計画(案)がまとめられた。

平成291025

協議会担当課長会を鹿児島県市町村自治会館で開催。今後の協議会の方向性について素案をまとめる。

平成29816

「馬毛島活用」に係る第3回検討会を開催

平成2989

協議会臨時総会をホテルウェルビュー鹿児島において開催。517日に開催した通常総会での意見である防衛省との意見交換や今後の協議会活動について協議したが、防衛省訪問は9/17の屋久島町議会選挙で実施不可となり、今後の協議会活動の方向性については結論が出せなかったことから、担当課長会で素案をまとめ、次回の臨時総会で再協議することとなった。

平成29718

「馬毛島活用」に係る第2回検討会を開催

平成2977

馬毛島の現地調査を実施し、緊急避難施設である旧学校跡地を調査した。参加者は市長・教育長を含む市職員18名。

平成2965

八板市長の公約である「馬毛島活用」に係る第1回目検討会を開催。庁内の中堅職員による横断的なチームを編成し、年内の活用案作成に向け2班体制で検討していく。

平成29517

協議会総会が西之表市役所で開催される。この総会の中で、名越町長(南種子町)が離脱の意向を示し、田渕川町長(中種子町)も八板市長の考えによっては離脱も辞さない旨発言があり、八板市長は「協議会は賛成・反対を問わずニュートラルな立場で情報を収集し、郡民に正確な情報を伝えるための組織である。」と協議会の方針を示し、また、中種子町議会および南種子町議会にも協議会がニュートラルな方向となったことから、再加入するよう検討していただきたいと考えを示した。

平成29412

八板市長が防衛省とタストンエアポートを訪問した。市長就任後初訪問であり、防衛省は深山延暁地方協力局長、タストンエアポートは立石勲会長が対応された。

平成29330

西之表市議会は30日の最終本会議で、馬毛島への米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転と自衛隊施設整備に反対する意見書を賛成多数で可決した。

平成29319

西之表市長選の再選挙が19日投開票され、FCLPの受け入れに反対する無所属新人の元新聞記者八板俊輔氏(63)が初当選した。

平成29129

西之表市長及び市議会議員選挙が行われたが、市長選においては無所属6新人がいずれも法定得票数である有効投票総数の4分の125%)に達せず、公選法に基づく再選挙が決まった。

平成281216

西之表市議会は、政府が地権者から買収する方向で調整に入ったことを受け、16日の本会議で「地元を無視した」と抗議する決議書を賛成多数で可決。

平成2884

鹿児島市のホテルで熊毛13町の首長及び議長で、米軍普天間飛行場訓練移転問題協議を開催する。国の動きも見ながら対応していくこととする。

平成2882

西之表市議会は臨時議会を開催し、「馬毛島への沖縄県の米軍普天間飛行場の移設ならびに訓練移転に反対する意見書」及び「馬毛島への翁長沖縄県知事による視察に抗議する決議書」を全会一致で採択した。

平成28722

西之表市議会馬毛島対策特別委員会は22日馬毛島への米軍普天間飛行場の訓練移転に反対することを全会一致で決めた。

平成28717

沖縄県知事が馬毛島を訪問するとの報道を受け、西之表市長が遺憾の意を示した文書を送付する。

平成28613

西之表市議会が13日の本会議で米軍普天間飛行場などの訓練移転先として馬毛島の活用を提案している下地幹郎衆院議員が所属するおおさか維新の会に抗議する決議を全会一致で可決した。

平成2862

西之表市議会馬毛島対策特別委員会(小倉伸一委員長)が国会内で防衛省と面談。防衛省側は訓練計画を説明し、騒音については影響はあるとの見方を示した。

平成28517

協議会総会が西之表市役所で開催される。補正予算について協議。おおさか維新の動き、2+2から丸5年経過、防衛省の気象調査等を背景に国側と現況についての意見交換の提案あり。

平成28212

協議会総会をアクアガーデンホテル福丸で開催。平成28年度の事業計画及び予算などを協議。


23:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 連絡事項